会場内セミナー

主催者セミナー

定員:100名

事前登録制

聴講無料

(敬称略)
  11月22日(水) 11月23日(木)
10:30

11:30

産学連携

北海道大学が目指す、
これからの「食資源」教育・研究のあり方

北海道大学 大学院農学研究院長
横田 篤

就農

農家になっての10年と、これから

のみやまファーム
野見山 絵美
(北海道若手女性農業者集団Links)

12:00

13:00

グローバル

事例に学ぶ海外展開の取り組み
〜誰もが抱える課題の解決方法〜

JETRO北海道 北海道貿易情報センター所長
白石 薫
ほか事例発表企業

6次元産業化

人と自然の調和する思いを込めたチーズを世界へ
〜誰もが抱える課題の解決方法〜

共働学舎 代表
宮嶋 望

13:30

14:30

アグリテック

ファームノートの挑戦
Internet of Animalsで切り拓くこれからの農業

ファームノート ホールディングス 代表取締役
小林 晋也

植物工場

北海道におけるスマートアグリ事業

Jファーム 顧問
木村 康一

15:00

16:00

農業経営

農業競争力強化に向けた
農業界と経済界の連携

北海道大学 大学院農学研究院 教授
柳村 俊介

食の安全・安心

食の課題をオール北海道で解決する

スイーツ王国さっぽろ推進協議会
吉田 聡子

 

※発表者の都合により、セミナーの中止またはテーマが変更になる 場合がありますのでご了承ください。

出展者セミナー

定員:●名

事前登録制

聴講無料

(敬称略)
  11月22日(水) 11月23日(木)
11:00

11:40

施設園芸 強靭化時代の幕開け

佐藤産業株式会社
●●●●

施設園芸 強靭化時代の幕開け

佐藤産業株式会社
●●●●

13:00

13:40

企画中

●●●●
●●●●

「No Maps」が目指す北海道の食・農の未来像(仮称)

No Maps 事務局
●●●●

14:00

14:40

農福連携の最前線〜障害者就労支援施設としての野菜工場の取組

株式会社成電工業 代表取締役社長
滝沢 啓

企画中

●●●●
●●●●

15:00

15:40

農業を見える化して『儲かる企業的農業経営』を推進する

株式会社日本能率協会コンサルティング シニア・コンサルタント
今井 一義

企画中

●●●●
●●●●

※発表者の都合により、セミナーの中止またはテーマが変更になる 場合がありますのでご了承ください。


主催者セミナー

  • 11月22日(水)

    10:30〜11:30

    産学連携

    北海道大学が目指す、
    これからの「食資源」教育・研究のあり方

    北海道大学 大学院農学研究院長
    横田 篤

・北海道大学農学部の教育研究の理念と概要(歴史的な話も含む)
・国も主導する『スマート農業』に貢献する自動走行トラクタについて
・4月より新たに開設された『国際食資源学院』の設置に至る経緯と教育の特長
 事例)北海道経済部と連携したワインの取組み
・北海道大学新総長名和教授のもとでの北海道大学の地域創成への貢献
  『ロバスト農林水産国際連携研究教育拠点構想』

  • 11月22日(水)

    12:00〜13:00

    グローバル

    事例に学ぶ海外展開の取り組み
    〜誰もが抱える課題の解決方法〜

    JETRO北海道 北海道貿易情報センター所長
    白石 薫 ほか事例発表企業

  • 11月22日(水)

    13:30〜14:30

    アグリテック

    ファームノートの挑戦
    Internet of Animalsで切り拓くこれからの農業

    ファームノート ホールディングス 代表取締役
    小林 晋也

ファームノートは世界の農業の頭脳を目指す、帯広発の農業ITベンチャーです。 人工知能を活用して牛の最適管理ができるウェアラブルデバイス「Farmnote Color」を開発し、北海道の基幹産業である農業を支えています。 Farmnote がどのようにクラウドを活用してユーザーを拡大したのか、そして今取り組んでいる「Internet of Animals」事業についてもご紹介します。

<プロフィール>
株式会社ファームノートホールディングス 代表取締役
1979年生まれ。北海道帯広市出身。旭川工業高等専門学校卒、機械工学専攻。
機械部品商社に入社し、FA(ファクトリーオートメーション)分野で精密機械の拡販を担当。
2004年帯広市に有限会社スカイアークシステム(現 株式会社スカイアーク)を創業。
大手企業へのCMS・ブログシステム・社内SNSの普及に貢献。
2013年に「世界の農業の頭脳を創る」という想いから株式会社ファームノートを創業。
2016年日経ビジネス「次代を創る100人」に選出。

  • 11月22日(水)

    15:00〜16:00

    農業経営

    農業競争力強化に向けた
    農業界と経済界の連携

    北海道大学 大学院農学研究院 教授
    柳村 俊介

  • 11月23日(木)

    10:30〜11:30

    就農

    農家になっての10年と、これから

    のみやまファーム
    野見山 絵美
    (北海道若手女性農業者集団Links)

就農に至った背景、農業を始めての苦労話、とその解決方法、農業の楽しさ、地域との関わり、などの自身の経験を交えながら、波乱万丈な10年間を振り返ります。農家で生きていく、と腹をくくれば、どうにもならないことは意外とない、ということがようやくわかったこの10年と、これからを、楽しくお話していきます。

<プロフィール>
昭和55年生まれ
小中高を普通に過ごし、大学で夫と出会う。
大学中退後、結婚。その後、通信制短大で保育士・幼稚園教諭の免許取得。
出産と夫の転勤を機に、2006年4月北海道へ移住。
1年間の研修の後に、三笠市にて新規就農。
二男と、今春長女に恵まれ、毎日必死に暮らしています。

  • 11月23日(木)

    12:00〜13:00

    6次産業化

    人と自然の調和する思いを込めたチーズを世界へ
    〜誰もが抱える課題の解決方法〜

    共働学舎 代表
    宮嶋 望

  • 11月23日(木)

    13:30〜14:30

    植物工場

    北海道におけるスマートアグリ事業

    Jファーム 顧問
    木村 康一

  • 11月23日(木)

    15:00〜16:00

    食の安全・安心

    食の課題をオール北海道で解決する/p>

    スイーツ王国さっぽろ推進協議会
    吉田 聡子

北海道が育む「食」の背景にある真の価値とストーリーを、今こそ私たち一人ひとりが誇りを持って伝える時です。その「伝えるべき価値」を見つける視点とは。心動かす「共感型の伝え方」とは。豊富な事例を交えながら、考えていきます。