展示会レポート
展示会.COM

学生が“社会に思いを伝え、社会とつながる場”『北海道農業の未来コンテスト』『道産食材使用コロッケアイデアコンテスト』11月に札幌で開催するイベントで公開審査!8月末まで応募受付。

  • 今年初の注目企画となる道内学生を対象としたコンテストを実施します。
    イベントの2大テーマにあわせ、「農業」と「食」の2つのコンテストで学生の斬新なアイデアを披露してもらいます。
チラシ「北海道農業の未来コンテスト開催!」 チラシ「コロッケアイデアコンテスト」

↑クリックするとPDFをご覧いただけます。↑

コンテストの流れ 
flow

書類による一次審査と、11月のイベント内での公開審査を経て、大賞ならびに特別賞を選定し、大賞受賞作品は業界誌での記事掲載や商品化を検討します。学生のチャレンジ精神を醸成すると同時に、社会に対して自身の思いや企画を発信し、社会とつながるまたとない機会となります。

コンテストの流れ

本審査 examination

本審査では、未来志向で斬新な発想を持つ、チャレンジ精神旺盛な学生らによるプレゼンと、「農」と「食」に関わる各業界を代表する審査員の講評を行い、大賞ならびに特別賞を選定します。

「北海道農業の未来コンテスト」本審査概要

テーマ
北海道農業の未来を語ろう「自分が輝く未来の北海道農業」
開催日時
11月28日(水)12:30~14:15
審査方法
・北海道農業における未来に思い描いている夢を10分以内で発表
・審査員による質疑応答を行い、採点
一次審査通過チーム
①八紘学園 北海道農業専門学校「人と牛を笑顔に」
②八紘学園 北海道農業専門学校「未来の自分」
③八紘学園 北海道農業専門学校「私の夢」
④北海道士幌高等学校「陸別町からの挑戦!パティシエとしてチャレンジする北海道農業」
本審査 審査員 ※敬称略
・北海道農業協同組合中央会 営農指導支援センター センター長 平田 靖
・北海道指導農業士協会 監事 伊藤 まち子
・株式会社北洋銀行 常務執行役員 地域産業支援部 審議役 塚見 孝成
・一般社団法人日本能率協会 KAIKA研究所 所長 近田 高志
表彰
本審査で最も優れた点数を獲得したチームに大賞を授与し、次点に特別賞を授与

「道産食材使用コロッケアイデアコンテスト」本審査概要

テーマ
「家族の笑顔があふれる!北海道の食材を使ったコロッケ」
開催日時
11月29日(木)12:30~13:45
審査方法
・各自のアイデアを5分程度で発表
・審査員による試食(学生のレシピに基づきサンマルコ食品にて作成)、質疑応答、採点
一次審査通過チーム ※( )内はチーム名
①経専調理製菓専門学校(ころころ)「長芋とサンマの道東ぎっしりコロッケ」
②札幌聖心女子学院高等学校(道産子girl)「十勝の恵み!キーマカレーコロッケ」
③天使大学(※個人)「甘酸っぱい恋の味 ハーティカップコロッケ」
④北海道旭川農業高等学校(食品科学科微生物班)「クロッケちゃん」
⑤北海道美幌高等学校(カルボ)「カルボごはんコロッケ」
本審査 審査員 ※敬称略
・サンマルコ食品株式会社 取締役 マーケティング本部長 藤井 幸大
・滝本食品株式会社 常務取締役 中居 香織
・北海道どさんこプラザ札幌店 店長 吉岡 史世
・北海道経済連合会 専務理事 瀬尾 英生
表彰
本審査で最も優れた点数を獲得したチームに大賞を授与し、次点に特別賞を授与

「北海道農業の未来コンテスト」「道産食材使用コロッケアイデアコンテスト」の本審査の聴講ならびにイベントへの入場には、事前の来場登録(無料)が必要です。

本審査の聴講・事前来場登録はこちらから

コンテスト概要 outline

名 称 北海道アグリ・フードプロジェクト イベント&カンファレンス 2018内企画
①『北海道農業の未来コンテスト』
②『道産食材使用コロッケアイデアコンテスト』
主 催 北海道経済連合会、一般社団法人日本能率協会
協賛 サンマルコ食品株式会社(②)
企業協力 株式会社北洋銀行
後援 北海道教育委員会
事務局 北海道経済連合会 食クラスターグループ(担当 加藤)
札幌市中央区北1条西3丁目3札幌MNビル8階
TEL:011-221-6117
(受付時間:平日9:00~17:00)