開催概要

「農(アグリ)」と「食(フード)」が集結する年に一度のビッグイベント
“北海道アグリ・フードプロジェクト イベント&カンファレンス”

“アグリとフードからはじまるビジネスイノベーション”が、農業所得と新たな担い手を増大させ、北海道の活性と発展に寄与する「力強い農業」を実現します。

3つの特徴
1.JAグループ北海道や北海道大学などで組織された実行委員会が企画主体!
2.農業生産者から消費者に至る全工程の関係者が一堂に集う!
3.商談・販売を目的とした「イベント」と、情報収集・学習の機会となる「カンファレンス」を同時開催!

「農業」「食」と言えば“北海道”。 その経済規模、従事者数、世界からの注目度は国内最大と言われています。

多くの課題を抱えながら、しかし、計り知れないチャンスの芽を持つ 一次産業が、今、IT分野との融合や6次産業化といった異業種との連携で 大きく変わろうとしています。

その最新の情報が集まるイベントが、今年11月、札幌で初開催されます。 更に!2018年以降も継続して毎年秋に開催することも決定しました!

■ イベント概要

名 称 北海道アグリ・フードプロジェクト イベント&カンファレンス
会場構成 展示商談ブース、産品販売ブース、ステージイベント、カンファレンス
会 期 2017年11月22日(水)・23日(木・祝)
会 場 アクセスサッポロ(札幌市・白石区)
主 催 一般社団法人日本能率協会(JMA)
企画主体 北海道アグリ・フードプロジェクト実行委員会
(JAグループ北海道/北海道大学/株式会社北海道二十一世紀総合研究所/
 株式会社日本能率協会コンサルティング/一般社団法人日本能率協会 ※順不同 2017年7月現在
企業協賛
メディアパートナー
後 援 帯広畜産大学/経済産業省 北海道経済産業局/札幌市/JAグループ北海道/
総務省 北海道総合通信局/東京農業大学生物産業学部/農林水産省 北海道農政事務所/北海道大学/
北海道/北海道農業公社/酪農学園大学 (組織名五十音順)
出展規模 112社/138ブース
出展者一覧(WEBガイド)はこちら
来場者数(予定) 10,000名

■ 来場対象

●農業生産関係者
農業経営者・農業従事者、農業団体、農業関連メーカー、農業関連商社・卸、農業参入企業 ほか
●畜産・酪農関係者
畜産家・畜産農家、酪農業者、関係メーカー
●流通関係者
青果物商社・卸、物流業者、小売業者(バイヤー、仕入れ担当、売場・流通担当) ほか
●食品関係者
食品メーカー、フードサービス、出荷団体、厨房機器メーカー ほか
●飲食・小売店経営者、ホテル・旅館・レジャー
●官公庁、関連研究所、教育機関、学生
●一般来場者(消費者)ほか

JAグループや大学が関わり、出展者と来場者のビジネスマッチング・商談のほか、即売も可能なイベントは国内でもかなり珍しい取組みです。
会期中は、来場者の動員を促進し、よりマッチングの成約率を上げるための企画を多数予定しています。
新聞各紙、テレビやラジオなど、多くのメディアからも注目を集める本イベントは貴社製品PRにも最適な機会となるでしょう!

●「会場内セミナー」
 話題の講演者による最新情報を参加無料で聴講できるセミナーを複数ご用意。

●「食育・農業体験企画」
 乳搾り体験やバターづくり、スポーツ選手のトークショーイベントを開催。

●「最新機器体験・試飲試食コーナー」
 注目のスマートアグリ機器の体験や、食べ・飲み比べといった参加型の企画。

●「カンファレンス」
 意識の高い若手農業経営者のための学習と交流の機会を創出。

引き続き、当イベント&カンファレンスを支える実行委員会で 企画を検討して参ります。詳細は随時、当WEBサイトで公開して参ります。

■ 『北海道アグリ・フードプロジェクト』とは

北海道の農業経営力を高めるには、経営管理手法の獲得や、生産から販売の全工程(バリューチェーン)におけるコスト削減を可能とする技術の導入、北海道の道産資源を加工・製造した“食の付加価値向上”のためのマーケティングとイノベーションの取り組みが有効です。
「北海道アグリ・プロジェクト」では、有識者による実行委員会のもと(右図@)、人材育成とノウハウの共有による農業経営者の経営力向上をはかり(同A)、食の生産・流通に関わる全ての関係者と市場との交流の機会を創出し(同B)、さらには地域の活性化と観光産業の発展に寄与する活動を展開します。

北海道アグリ・フードプロジェクトアカデミー

目 的
北海道の
●新たなる食ブランドの確立
●儲かる農業を実現する仕組みづくり
●新たな担い手確保・雇用の創出
そのための
●農業従事者の育成
●ノウハウの共有と最新技術の導入
●多種多様な領域によるオープンイノベーションの促進

これをもって、日本全国および世界に発信する新たな北海道ブランドを確立し、長期的な視点に立つ「儲かる農業」の実現とこれに伴う「農業参入者・就農者の増加」による、持続的な「力強い農業」の実現をはかります。

実行委員会(順不同・2017年7月現在)
JAグループ北海道
北海道大学
株式会社北海道二十一世紀総合研究所
株式会社日本能率協会コンサルティング
一般社団法人日本能率協会