TECHNO-FRONTIER 2017 技術シンポジウム 幕張メッセ・国際会議場
第32回電源システム技術シンポジウム
※プログラム内容(スピーカ、コーディネータ、発表テーマ、内容等)が変更になる事がありますので予めご了承ください。
4月19日(水) 10:00 - 12:45 D1 革新に挑むMHz高周波スイッチング電源技術
14:15 - 17:00 D2 次世代自動車に求められる最新電源技術
4月20日(木) 10:00 - 12:45 D3 次世代パワエレ発展の鍵を握る受動部品の課題と今後の展開
14:15 - 17:00 D4 SiC/GaNパワーデバイスの適用拡大に向けた最新状況と課題
4月21日(金) 10:00 - 12:45 D5 チュートリアル:ステップアップ!
スイッチング電源システム設計技術の基礎
14:15 - 17:00 D6 最先端手法を駆使したパワエレ実践設計技術
 コーディネータ  (敬称略)
4月19日(水)
10:00〜12:45
D1
革新に挑むMHz高周波スイッチング電源技術
細谷 達也
村田製作所
1
低電圧大電流時代のMHzアナログ/デジタル制御POLコンバータの実現と展望
鈴木 正太郎
ベルニクス
2
IoT・ウエアラブル機器の小型化・低電力化に向けたMHz集積電源回路システム
高宮 真
東京大学
3
数10MHz級Power-SoC電源の現状と課題
安部 征哉
九州工業大学
 
14:15〜17:00
D2
次世代自動車に求められる最新電源技術
上野 政則
本田技術研究所
1
次世代自動車(EV)の市場動向と電源システムへの影響
大橋 譲
ローランド・ベルガー
2
電気自動車向けワイヤレス給電システム技術の最新動向
渡辺 一史
TDK
3
48Vテクノロジーによるマイルドハイブリッドソリューション
橋 明博
ヴァレオジャパン
※カーエレクトロニクス技術シンポジウムD2セッションとの共通プログラムです。
 
4月20日(木)
10:00〜12:45
D3
次世代パワエレ発展の鍵を握る受動部品の課題と今後の展開
安原 克志
TDK
1
パワエレ機器における受動デバイスの重要性
清水 敏久
首都大学東京
2
高周波大容量を見据えたトランス・リアクトルについて
長井 真一郎
ポニー電機
3
(テーマ検討中)
(発表者調整中)
ニチコン
 
14:15〜17:00
D4
SiC/GaNパワーデバイスの適用拡大に向けた最新状況と課題
臼井 浩
サンケン電気
1
Powering the future - SiC opens up new horizons for power electronics
Peter Friedrichs
Infineon Technologies ※同時通訳有
2
GaNパワーデバイスの完成度とその応用例
森田 竜夫
パナソニック
3
SiCパワーデバイスの普及拡大への課題と今後
伊東 淳一
長岡技術科学大学
 
4月21日(金)
10:00〜12:45
D5
チュートリアル:ステップアップ! スイッチング電源システム設計技術の基礎
鍋島 隆
大分大学
1
数式から発見! 見えないものが見えてくるパワーステージ設計
西嶋 仁浩
大分大学
2
デジタル制御技術と応用設計法
田本 貞治
パワエレ技術研究所
 
14:15〜17:00
D6
最先端手法を駆使したパワエレ実践設計技術
伊東 淳一
長岡技術科学大学
1
パワエレ機器の設計期間短縮に向けたシミュレーション技術
加藤 久賀
パナソニック
2
変換効率99%を実現した5kW級SiCインバータ開発の実際
大嶽 浩隆
ローム
3
SiC・GaNパワーデバイスを用いた高効率電源の実装と冷却技術の実践
宮脇 慧
長岡パワーエレクトロニクス