温室効果ガス排出量検証

HOME > 温室効果ガス排出量検証|東京都排出量取引制度・埼玉県排出量取引制度

東京都排出量取引制度・埼玉県排出量取引制度

東京都と埼玉県の排出量取引制度

東京都

埼玉県

対象事業者

  • 前年度の燃料、熱、電気の使用量が、原油換算で1500kl以上の事業所
  • 3年連続して原油換算で1500kl以上使用量の事業所は、削減義務が生じる。
  • 前年度の燃料、熱、電気の使用量が、原油換算で1500kl以上の事業所
  • 3年連続して原油換算で1500kl以上使用量の事業所は、削減目標を達成するように努める。

排出量取引
対象ガス

エネルギー起源のCO2
その他5.5ガスは削減義務には利用可能(取引不可)

エネルギー起源のCO2
その他5.5ガスは削減義務には利用可能(取引不可)

削減期間

第一計画期間:2010〜2014年度
第二計画期間:2015〜2019年度

第一計画期間:2011〜2014年度
第二計画期間:2015〜2019年度

削減義務率・
目標削減率
(第一計画期間)

  • オフィスビル等と地域冷暖房施設…8%
  • オフィスビル等のうち、地域冷暖房等を多く利用している事業所…6%
  • 上記以外の事業所(工場等)…6%
  • オフィスビル等と地域冷暖房施設…8%
  • オフィスビル等のうち、地域冷暖房等を2割利用している事業所…6%
  • 上記以外の事業所(工場等)…6%

検証制度

  1. 基準排出量の申請時
  2. 排出量の報告時(毎年度)
  3. その他制度(トップレベル、都外クレジット等)認定を希望する場合
  1. 排出量取引を行うとき(取引を行う時点で、基準年排出量、平成23年度以降の排出量)
  2. 目標達成状況報告時(実施状況報告書を提出する際に、基準年度排出量、平成23年度以降の排出量)
  3. その他制度(トップレベル、県外クレジット、森林等)認定を希望する場合

目標未達成の
場合

措置命令:義務不足量×1.3倍の削減量
命令違反:罰金上限50万、違反事実の公表、知事が命令不足量を調達しその費用を請求

事業者名を公表し、次の計画期間の削減量に加算する

リンク先


日本能率協会の登録区分

東京都・埼玉県の登録区分に関しては、東京都、埼玉県のホームページをご参照ください。



検証の流れ

お問い合わせ/事業所の概要確認 事業所の概要、設備・伝票等の状況を伺います。
こちらにお問い合わせください。
 
見積書作成 見積内容で不明な点がございましたらご連絡ください。※見積書作成までは費用は発生しません。
ご契約 契約締結いたします。その後、現地検証のスケジュール等を決めさせていただきます。
 
検証審査チームの選定 専門性が高く、経験豊かな検証人を選定いたします。
 
算定報告書の入手 事前に算定報告書を提出していただきます。
 
現地検証(文書審査/現地審査) 算定報告書等を確認し(文書審査)、チェックリストに基づき現地審査を行います。
 
検証報告書等の提出 算定報告書の修正等の確認後、内部の品質管理手続きの後、検証報告書を提出します。
 
東京都への報告書提出 当会から検証報告書一式を受領された後、地球温暖化対策計画書等の書類と合わせて東京都へ提出してください。

なぜ、企業は温室効果ガス情報を開示?

検証のお問い合わせ・お見積りはこちら

検証審査員募集

PAGETOP