18歳人口急減期に対応する生徒募集とは?

~合理的かつ地道な生徒募集方法を解説します。~

18歳人口の急減期2018年まで時間がなくなってきました。経験したことのない18歳人口の急減に対応していくためには、これまでの生徒募集戦略や前年踏襲型の計画から大きく変革することが求められています。貴校におかれましても2016年度募集に向けて、戦略や計画策定を行われている時期かと存じます。
2018年問題に対応し、今後も学校経営を安定させるためには、これまでの発想や経験だけでは成果を上げることは難しくなります。新しい募集環境に対応可能な、また個々の学校に必ず適した生徒募集の形があります。貴校の生徒募集の課題の発見、募集戦略の構築ならびに改革にぜひお役立てください。

  パンフレットはこちら

会 期 【東京開催】2015年3月2日(月) 13:30~16:45
会 場 【東京開催】日本能率協会・研修室
対 象 ■理事長・校長(理事) 上級管理職の方
定 員 30名様 一校から複数名の参加が可能です。。
参加料 無 料
プログラム ( 13:30~16:45)

【1】生徒募集成功の鍵とは

新学科を設置しても、施設をリニューアルしても、出願者が増えたのは単年度のみ、広告予算を増額しても効果が出ない。なぜ多くの専門学校が成果を上げられないのか、成功している専門学校とは何が違うのかを、豊富な事例を交えて解説いたします。

【2】新しい生徒募集計画の構築手法

新しい環境に対応可能な生徒募集、合理的な予算編成、成果を上げる募集戦略について解説します。募集戦略の構築手法、競合校分析、リサーチ手法などについて、来期計画にもすぐに役立つ実践的な手法をご紹介します。

【3】募集活動の各フェーズにおけるノウハウ

学校案内書、体験入学、DMやフォローツール、高校訪問、ガイダンス参画、広告など生徒募集の各フェーズにおける効果的な手法やポイントについて、成功事例に基づき、具体的に解説します。

【4】JMA生徒募集ソリューション・導入事例のご紹介

【5】個別相談コーナー

各学校の募集上の課題や問題について、経験豊富な研究員がお答えいたします。 またソリューションの導入方法についてもご説明させていただきます。

ページトップへ