管理者・教員・経営陣が知っておくべき
自学の学生募集の課題

◆募集部署課長以上・教員・経営陣対象セミナー◆

現在、多くの大学がIRの部署を設置して、大学の意思決定にとって重要な情報を分析する部門として不可欠な存在になっています。ただ、このIRで扱われている学生募集に関するデータは、正しく構築できているとは言えない状況です。自学の学生募集の課題を、どのように発見するのか、データはどのように見るのか、募集部署はどうあるべきなのか、これらの解決なくして募集数値の向上はありえません。
本セミナーでは、今さら聞けない「経営陣が知っておくべき自学の学生募集の課題」について、事例をあげながら、わかりやすく解説します。各大学の個々の状況に合わせたご相談の時間も確保したセミナーです。

  パンフレットはこちら

会 期 【東京開催】2014年 2月28日(金) 13:30~16:45
【大阪開催】2014年 3月 4日(火) 13:30~16:45
会 場 【東京開催】日本能率協会・研修室
【大阪開催】日本能率協会・研修室(ハービスENTオフィスタワー 19階)
対 象 ■私立大学経営陣、事務局長およびそれに準じる管理職の方
■入試・広報、学生募集を担当される教員の先生方
■学長室、学生募集部署の管理者の方
定 員 各日・各会場40名様
※定員になり次第、受付を締め切らせていただきます。
参加料 無 料
プログラム ( 13:30~16:45)

【1】成功している大学の学生募集部署は、どう構築されているのか?

ここでは、正しい学生募集の考え方とノウハウを提示した上で、学生募集部署の本来の役割、スタッフの適性、スキルアップ手法など、正しい学生募集部署の構築手法を解説します。

【2】学生募集の課題の発見手法~データの正しい見方~

経営陣に必要な、データの正しい見方、学生募集課題の発見手法について、課題解決の手法も含め、わかりやすく解説します。さらにリスクヘッジについても解説します。

【3】学生募集を成功に導くポイント

学生募集には、常識的な手法が存在します。でもその手法も時代とともに変化しています。ここでは、いまさら聞けない「こんなことはやってはいけない」「必ず実施するべき手法」について、わかりやすく解説します。

【4】JMA学生募集ソリューション 導入事例のご紹介

【5】個別ソリューション相談コーナー

各大学それぞれの悩みにすべてお答えする時間です。
ソリューションの導入方法についても個別にお時間を確保しております。

ページトップへ