特別講演会・併催企画

特別講演会(1)(文化財保存・復元技術展/ミュージアム設備機器展)

  • 会  場東5ホール 主催者事務室
  • 定  員150名
  • 参 加 料無料
  • 参加方法事前登録制
来場者事前登録はこちら
7月19日(水)
10:30〜11:15 博物館における文化財の保存と公開

東京国立博物館 館長 銭谷 眞美

詳細を見る

【講演詳細】
閉じる

11:45〜12:30 文化財活用・理解促進戦略プログラム
2020について

文化庁 文化財部 伝統文化課 企画係長 大村 祐大

詳細を見る

【講演詳細】
閉じる

14:00〜14:45 「駿府城坤櫓の復元工事」の事例発表

清水建設株式会社 東京支店 社寺建築・住宅部 高山 和弘

詳細を見る

【講演詳細】
閉じる

15:15〜16:00 伝統建築におけるBIMの活用について

株式会社竹中工務店 設計本部 アドバンストデザイン部 伝統建築グループ
博士(工学) 上田 忠司

詳細を見る

【講演詳細】
閉じる

7月20日(木)
10:30〜11:15 「歴史的建造物」の何が「地域再生」の機動力となり得るか

博物館明治村 館長 早稲田大学 名誉教授 中川 武

詳細を見る

【講演詳細】
閉じる

11:45〜12:30 国立西洋美術館の歩み

国立西洋美術館 総務課 専門職員 福田 京

詳細を見る

【講演詳細】
閉じる

14:00〜14:45 京都国立博物館 明治古都館と平成知新館のコンセプトについて

京都国立博物館 館長 佐々木 丞平

詳細を見る

【講演詳細】
閉じる

15:15〜16:00 可能性としてのミュージアム

森美術館 館長 南條 史生

詳細を見る

【講演詳細】
閉じる

7月21日(金)
10:30〜11:15 国宝正倉院正倉の平成修理について

公益財団法人文化財建造物保存技術協会 事業部 史跡整備課長 春日井 道彦

詳細を見る

【講演詳細】
閉じる

11:45〜12:30 建造物における修理技術の現状と課題
―伝統技術を継承・保存するための技術開発―

公益財団法人文化財建造物保存技術協会 常務理事 安田 一男

詳細を見る

【講演詳細】
閉じる

14:00〜14:45 文化財資源を活用した観光需要創出の可能性

株式会社JTB総合研究所 コンサルティング事業部 主任研究員 河野 まゆ子

詳細を見る

【講演詳細】
地域に点在する文化資源を保存・修復したのち、それらをどのように集客につなげてゆくことができるか。市場のニーズや先進事例を踏まえながら観光という産業が地域への収益還元のためにどのように寄与できるかを探る。 閉じる

15:15〜16:00 観光の視点からみた文化財

公益財団法人日本交通公社 観光地域研究部 研究員 門脇 茉海

詳細を見る

【講演詳細】
公益財団法人日本交通公社が長年取り組んでいる「観光資源研究」「全国観光資源台帳」を紹介し、文化財を観光資源として捉える視点について考える。 閉じる

※2017年5月15日現在
※発表者の都合により、セミナーの中止、または講演者・テーマ・講演時間が変更になる場合がございますので、あらかじめご了承ください。
※空席及び立ち見スペースがある場合は当日聴講可能
来場者事前登録はこちら

特別講演会(2)(教育施設リニューアル展)

  • 会  場東5ホール 主催者事務室
  • 定  員150名
  • 参 加 料無料
  • 参加方法事前登録制
  • 参加対象

    全国の幼稚園・小中高大学・専門学校などの教育関係者
    (教育委員会、学校の経営者、管理職、事務職員、教職員、建築設計デザイン・ゼネコン・内外装など施工関係者、その他教育機関関係者)

来場者事前登録はこちら
7月19日(水)
11:00〜12:00 新しい学校観に立つ学校施設づくり

東洋大学 名誉教授 長澤 悟

詳細を見る

【講演詳細】
閉じる

13:00〜14:00 日立市における学校施設の防災機能強化について

日立市教育委員会 参事補(兼)学校施設課長 大平 利彦

詳細を見る

【講演詳細】
東日本大震災の経験を踏まえ、「避難所としての防災機能強化」について、日立市の取組事例を紹介する。 閉じる

15:00〜16:00 快適さの持続するトイレとデザイン

設計事務所ゴンドラ 所長 小林 純子

詳細を見る

【講演詳細】
閉じる

7月20日(木)
11:00〜12:00 これからの教育と教室空間・学校施設の在り方

千葉大学 大学院工学研究科・教授 柳澤 要

詳細を見る

【講演詳細】
閉じる

13:00〜14:00 学校運営における危機管理( 防犯・セキュリティ)の在り方

国立大学法人大阪教育大学
学校危機メンタルサポートセンター長 藤田 大輔

詳細を見る

【講演詳細】
閉じる

15:00〜16:00 最新設備を備えた「〜学び・交流・防災の拠点〜」
豊島区立池袋中学校・池袋本町小学校の事例

東京都 豊島区教育委員会 教育長 三田 一則

詳細を見る

【講演詳細】
池袋本町小中連携校の改築事例の紹介 閉じる

7月21日(金)
11:00〜12:00 文教公共施設の再編

千葉工業大学 創造工学部 デザイン科学科 准教授 倉斗 綾子

詳細を見る

【講演詳細】
公共施設の老朽化による公共施設マネジメントの時代となった今、文教公共施設に期待される役割とは。事例を見ながら文教公共施設のこれからを考える。 閉じる

13:00〜14:00 文部科学省認定 “スーパーエコスクール” 守山中学校 改築事例の紹介

守山市 教育委員会事務局 教育総務課 藤井 征司

詳細を見る

【講演詳細】
閉じる

15:00〜16:00 学校施設の複合化について 〜京都市立京都御池中学校の事例紹介〜

京都市教育委員会教育環境整備室長 森田 育孝

詳細を見る

【講演詳細】
閉じる

※2017年5月15日現在
※発表者の都合により、セミナーの中止、または講演者・テーマ・講演時間が変更になる場合がございますので、あらかじめご了承ください。
※空席及び立ち見スペースがある場合は当日聴講可能
来場者事前登録はこちら

併設企画 文化財建造物保存修理ワークショップ ー建造物における修理技術の現状と課題ー

歴史的建造物の修理は、厳密に言えば、建造物が建立された際の技術がそのまま継承されるのではなく、修理時点で可能となる技術と、その時々の状況に応じた資材が用いられてきており、それは人間環境をとりまくあらゆる事象の影響を受けて今日に建造物が存在していることを示しています。
歴史的建造物の通常の改修や維持修理にみる、いわゆる今日にいう伝統技術は、後世の修理の経験による蓄積や、その際に発見された技術などから学び得た知見によって成り立ってきており、現代の保存修理においても、それら伝統技術とともに当代の最新技術が応用されています。
今回は、伝統技術を継承もしくは保存するための、現代における修理技術を取り上げ、その考え方と方法について広く討論の場とすることを目的に開催します。

ワークショップ参加事前登録はこちら
  • 主  催文化財建造物保存修理研究会
  • 会  場東京ビッグサイト東5ホール及び東京ビッグサイト会議棟6F 605号室
  • 参 加 料資料代 1,000円(予定)※特別・基調講演は第3回文化財保存・復元技術展ホームページより事前登録制で無料
  • 参加対象文化財建造物保存修理研究会会員及び文化財保存・復元技術展のご来場者
  • 参加予定者数約100名
  7月21日(金)10:30〜16:00
午前
聴 講無 料
東京ビッグサイト東5ホール 特別講演会会場 ※聴講には、展示会への入場が必要となります。
[特別講演]
10:30 - 11:15
国宝正倉院正倉の平成修理について

公益財団法人文化財建造物保存技術協会 事業部 史跡整備課長 春日井 道彦

[基調講演]
11:45 - 12:30
建造物における修理技術の現状と課題 −伝統技術を継承・保存するための技術開発−

公益財団法人文化財建造物保存技術協会 常務理事 安田 一男

午後
事例報告1,000円(予定)
東京ビッグサイト会議棟6F 605号室
13:30 - 16:00
  • 瑞巌寺本堂−軸部に施す耐震対策−
  • 諸戸家住宅−名勝における基礎工事−
  • 下関領事館−漆喰塗(中心飾・蛇腹等)の保存−
討 論
※2017年5月15日現在(敬称略)
※発表者の都合により、セミナーの中止、または講演者・テーマ・講演時間が変更になる場合がございますので、あらかじめご了承ください。
ワークショップ参加事前登録はこちら