• トップページ
  • 展示会構成
  • 先端材料展 イノベーション・プロダクツ
先端材料展 イノベーション・プロダクツ

INCHEM TOKYOとは

INCHEM TOKYOは、アジア最大級の1966年から続く
化学産業を中心としたプロセス産業およびプラント設備、
エンジニアリングの総合展示会です。

イベントイメージ

INCHEM TOKYO 2015は、今回で30回目を迎えるアジア最大級・日本唯一の化学プロセス産業用プラントの展示会“プラントショー”を中核に、化学産業および関連産業の振興と、化学技術を機軸とした新技術と新産業の創生を目的に展示内容を充実させるとともに、製造業の省エネ・省コスト対策、革新的な水循環システムの構築にも焦点を当て、各分野の専門性を高めるとともに幅広い分野の最先端技術を紹介する場として産業発展の一翼を担ってまいりました。
本展示会はアジアをはじめ世界各国から関係者が出展・来場者として参画するため、産業界からはトレンド発信と交流の場としても高い評価を頂いております。

INCHEM TOKYOは以下の4つの展示会により構成されます。

先端材料展 イノベーション・プロダクツとは

今回で8回目を迎える最先端の高機能材料・素材の専門展示会です。新素材の用途開発にも最適です。
エネルギー、環境、エレクトロニクス、情報通信、自動車、ライフサイエンスなど各種産業向け高機能材料・部材・部品といった製品が出展します。
各分野の材料利用技術者をはじめとした製品設計者、加工技術者、販売担当者が来場します。これら来場者との商談を通じご出展いただく材料・素材の販売・PRができる他、新たな用途開発ができる場としてお喜びいただいています。

今回の展示の中で特にご興味・ご関心のあった出展分野は以下のどれですか?
(2013年 来場者アンケート結果)

Graph

来場者の声

来場者×参加企業マッチングシステムに登録された来場者からのご要望

  • 数十カ国の海外政府との契約を締結し、大量に消火剤を生産・出荷しているため、コスト削減を検討している。
    現在、高額なフッ素系界面活性剤をしようしているため、コストを削減するため、低コストなフッ素系界面活性剤を探しています。
    海水にも耐性のある水に溶解する高分子ポリマー。
    耐火性に優れ、人体にも環境にも負荷のない水溶性薬剤。
    また、新製品の開発のため軽量かつ、耐熱性に優れ、耐圧性にも優れたプラスティック材料と、それを使用した製造ライン・装置を探しています。
    その他、現在の製造ラインを効率良く低コストで生産できるシステム構築のための装置等を探している。

    Voice of Visitors 東京都 化学(石油化学・ファインケミカル) F社/開発/経営者・役員クラス
    従業員数:100人以下

開催概要

会 期 2015年11月25日(水)〜11月27日(金) 10:00〜17:00
会 場 東京ビッグサイト(東京国際展示場)東ホール
主 催
  • 公益社団法人 化学工学会
  • 一般社団法人 日本能率協会
企画協力 国際連合工業開発機関 投資・技術移転促進事務所(東京)
後 援
(予定)
  • 文部科学省
  • 厚生労働省
  • 経済産業省
  • 国土交通省
  • 環境省
(以上申請予定)
展示予定規模 450社/1,100小間(前回432社/1,100小間)
※同時開催展含む
来場予定者 22,000名(前回27,924名)
※同時開催展含む
入場料 ¥3,000円(税込)
※ただし、招待状持参者、事前登録者ならびに学生は無料

出展対象

エネルギー、環境、エレクトロニクス、情報通信、自動車、
ライフサイエンスなど各種産業向け各種高機能材料・部材・部品
  • 高分子材料
  • 有機材料
  • 無機材料
  • 金属材料
  • セラミックス材料
  • 炭素製品
  • ハイブリッド材料
  • ナノテク関連材料
  • インテリジェント素材
  • コーティング材料
  • セパレートマテリアル
  • ウレタン材料
  • 電池関連材料
  • 液晶材料
  • 有機EL材料
  • 光触媒関連素材
  • 耐熱性素材
  • 導電性材料
  • 発光材料
  • 機能性色素
  • 表示部材
  • プラスチック成型品
  • 膜関連材料
  • 化学繊維
  • 不織布
  • 無機繊維
  • 高機能樹脂
  • 工業用薬品
  • フィルム材
  • シート材
  • 合成ゴム
  • 添加剤
  • 界面活性剤
  • 土木建築材料
  • レアメタル代替材料
  • レアアース代替材料
  • バイオミメティック(生体模倣技術)関連材料
  • その他

来場対象

環境、エネルギー、エレクトロニクス、情報通信、自動車・部品、ライフサイエンスなど 各分野の材料利用技術者をはじめとした製品設計者、加工技術者、購買担当者など

講演会・セミナー

各プログラムの詳細はこちら