一隅会

第518回「一隅会」(経営哲学懇話会)のご案内

「一隅会」は、日本能率協会が1970年7月から、経営者・役員クラスの皆様を参加対象に『経営哲学』の確立及び人間形成を目的として開催しています。本会では「世界で通用する経営者」の素養として必要と思われる①歴史観(事象・人物・教訓の把握)②世界観(海外で通用する経営者に必要な『日本文化・芸術、東洋・西洋哲学思想・文化・宗教等』への理解)③人間観(経営思想、信念、人間理解力・教育力など)の涵養をはかるため経営者、研究者、その道の達人、高僧などの先達にご講話をいただいています
グローバル化が進展している現在、日本人が持っている礼儀、品性、美意識などを今一度見直す機会を持つため、5月度の「一隅会」は、日本史専攻の武光誠氏をお招きし、『歴史からみた和の心・粋』と題してお話願います。日本文化の底には、「誰もが共有する一定の型に従って行動する」という発想が受け嗣がれてきたことを説明されます。「正直」、「恥を知る」、「名を重んじる」といった型の上に、日本のさまざまなものがつくられてきました。このような生き方としての型を形に表わすと、礼儀作法などの所作の型となります。「江戸しぐさ」の上にできた粋とは、日本の最も洗練された型と評価できます。その内容を分かり易く解説していただきます。
是非この機会に関係各位の積極的なご参加を賜り、世界で活躍されるリーダーを目指す方々のご参考としていただきたく、ご案内申しあげる次第です。



お申し込みはこちらから

テーマ『歴史からみた和の心・粋』
日時2017年5月15日(月) 15:00~17:00 (受付14:30~)
会場一般社団法人日本能率協会 研修室 16階(1605研修室)
<東京都千代田区一ツ橋1-2-2  住友商事竹橋ビル16階>
参加対象法人会員の経営者・役員・幹部他 本テーマに関心をお持ちの方々
(定員40名 会場の都合により、定員に達し次第、締め切らせていただきます)
参加料小会法人会員の方は無料です。
(会員外の方は、これを機会に法人会員にご入会下さい)
プログラム(テーマは都合により変更される場合もございますので、予めご承知おきください)
15:00~16:30 講   話
16:30~17:00 質疑応答・意見交流
講師紹介武光 誠 (たけみつ まこと)氏   明治学院大学 教養教育センター 教授

1950年 山口県生まれ。
東京大学文学部国史学科卒業、
東京大学大学院国史学科博士課程修了。文学博士。
明治学院大学一般教育部専任講師、助教授を経て
現在、明治学院大学 教養教育センター 教授

主要著書:『国境の日本史』(2013年、文藝春秋)、
『「宗教」で読み解く世界史の謎』(2016年、PHP文庫)、
『日本人なら知っておきたい!所作の型』(2014年、青春出版社)、
『型と日本人 品性ある国の作法と美意識』(2008年、PHP新書)、
『知っておきたい日本のしきたり』(2008年、角川ソフィア文庫)、
『大和朝廷と天皇家』(2003年、平凡社新書)、
『古事記・日本書紀を知る事典』(1999年、東京堂出版)、
『律令太政官制の研究』(1999年、吉川弘文館)、など多数。

お申し込みはこちらから

ページのトップへ戻る