参加者の声

企業ご担当者の声

朝日ウッドテック株式会社様【後編】

朝日ウッドテック株式会社 谷口氏

木質建材の総合メーカーである 朝日ウッドテック株式会社では、役職毎に研修をおこなう「階層別研修」を継続して実施しています。

JMAの研修を継続してご活用いただいているその理由について、研修を担当されている朝日ウッドテック株式会社 谷口氏にお話を伺いました。

後編は研修後の課題について伺いました。

日常での実践を継続させることが課題

JMA「実務に役立った」という感想はございますか?

谷口氏そこが課題であると受け止めています。外部の研修に派遣するのは良いんです。
本人も意思を持って参加して、「熱い気持ち」で帰ってきます。

しかし、それを社内で「いかに実践するか」あるいは「どのように実践させるか」。これが課題なんですね。どうしても日常の仕事に埋没してしまうので、「学んだこと」や「気づき」がその後に発揮できなくなってしまう。
モチベーションを継続し、研修で学んだことを生かすようにしていくことが課題です。

JMAなるほど。継続させていくことが課題ということですね。

谷口氏もちろん、受講後はレポートを書いてもらうようにしています。しっかりとレポートを書いてくれるのですが、日常で実践できているかのチェックが、なかなかできないんですね。

JMA「振り返り」のしくみを作っていく必要があるということですか?

谷口氏それが重要な課題なのですが、難しい。他社さんがどんな工夫をされているのかが、知りたいところですね。 今年度は、外部研修のフォローをおこなう場を社内で設けることを検討しています。

セミナーに参加された方達に集まっていただき、ディスカッションをして意見交換をするのはいかがでしょうか?

JMA私どもの研修は全国で開催していますが、ほぼ同じテキスト・講師でおこなっています。同じセミナーに参加された方同士であれば、同じ内容を理解していますので、ディスカッションしやすいと思います。振り返りがしやすいんですね。小会のセミナーをコミュニケーションツールとして活用いただけると良いのかなと思います。

谷口氏なるほど、それは実施したいと思います。自らが振り返りをしてもらうのは、やっていきたいですね。

JMA私どもJMA 関西オフィスに期待することはございますか?

谷口氏メールやDMでいろんなご案内をいただいて、社内で取り込むべきことがないか検討しています。 社内での教育のニーズを捉えて、それにマッチするものを探すことができればと思っていますが、当面の課題は貴会に派遣させていただいている研修を受けてきて、それを自分の職場で継続的に実践する、そのしくみを作ることですね。そのことでノウハウを頂ければ助かります。

JMA私どもでお手伝いできることを考えさせていただきます。
研修に当たり、心がけていることはありますか?

谷口氏私たち社内の人間が勘違いしたらいけないなと思っているのは、3日間の研修に行って飛躍的に能力が伸びるかというと、そうではないということです。
やっぱりOJTが中心だと思うんですよ。研修は動機づけの役割があります。
「外部に行って、気づいてきてください」ということですね。
それに気づいてくれる人材になって欲しい。同じ情報でも受け取る人の意識によって違いますが、感度を保って研修を受け止めてもらいたいと願っています。

JMA本日は貴重なお時間をいただき、ありがとうございました。 今後も、御社の人材教育に貢献できればと思います。

研修・セミナー情報「階層別研修」

効果的な研修・セミナーをお求めの企業の皆様へ
JMA関西オフィスにお任せください。

TEL
06-4797-2050
FAX
06-4797-2051
資料請求・お問い合せ