学内講師派遣研修のご案内

実施プログラム例

 

研修開催実績の中から一部のプログラムをご紹介します。
※実施に当たっては、ご相談の上、貴学に合わせたプログラムをご提案いたします。

 
  • ■階層別
  • 1.新人職員研修(新卒者対象)プログラム例
  • 2.中堅職員向けプログラム例
  • 3.主任・係長向けプログラム例
  • 4.課長向けプログラム例

 
  • ■テーマ別
  • 1.「目標管理基本研修」プログラム例
  • 2.「女性リーダー研修」プログラム例
  • 3.大学協働ワークショップ プログラム例
  • 4.JMA学内研修 費用概算目安(一日研修の場合)
  • 5.JMA学内研修 費用概算目安(半日研修の場合)

新人職員研修(新卒者対象)プログラム例

対象
ねらい

・学生からの意識・考え方を脱却し、社会人としての心構えを持つ(意識の転換・マインドセットを図る)

・社会人としてのエチケット・マナーを身につける

・仕事を進める基本を学ぶ

プログラム

1. 社会人としての仕事への理解と心がけ(講義)

  • ・学生と社会人の違い
  • ・社会人としての心構え
  • ・社会人・組織人に求められる能力・態度・行動とは

2. ビジネスマナーと職場のコミュニケーション(講義+ロールプレイ)

  • ・ビジネスマナーとは
  • ・出社から退社までのビジネスマナー
  • ・服装と身だしなみ
  • ・挨拶とお辞儀
  • ・言葉づかい
  • ・話し方と聞き方

3. 電話応対(講義+ロールプレイ)

  • ・電話応対の基本
  • ・受け方・取り次ぎ方
  • ・電話のかけ方
  • ・伝言メモの残し方

4. 来客応対と他社訪問(講義+ロールプレイ)

  • ・来客応対の基本マナー
  • ・受付、取り次ぎ、ご案内、お見送り
  • ・名刺交換

5. 仕事の基本(講義)

  • ・仕事の進め方
  • ・指示命令の受け方
  • ・報連相の仕方

中堅職員向けプログラム例

対象
ねらい

・チーム体験(ゲーム・コミュニケーション実習)の中でトライ&エラーを重ね、成果を上げる。

・体験を振り返る中で、自分自身の思考・行動パターンに気づく。チームで成果を出すポイントを自覚する。

・体験から「真の学び」を抽出し、実践場面に応用可能な行動原則として刷り込む。

プログラム

1. チームの成果に主体的にかかわる・コミュニケーションゲーム

  • ・目標認識と共有の重要性
  • ・全員が「G-PDCA」を意識する
  • ・良いチームは報連相で仕事を動かす
  • ・チームにおける自身の立ち位置・存在意義を振り返る

2. 仕事に向けるモチベーションの維持

  • ・モチベーショングラフで振り返る「やる気」の源泉
  • ・人は何によって動機付けられるか
  • ・モチベーション維持の最大の秘訣とは
  • ・モチベーターとしての「周囲・後輩への関わり方」

3. 山積みの仕事を主体的に切り回す

  • ・自身の仕事の回し方総点検
  • ・ゴール確認・段取り・優先順位・報連相・コミュニケーション状況対応力・納期意識等 ズレ・ブレ・ムラはないか
  • ・ベテランだからこそ基本力が問われる

4. 意見が会うまで徹底会議

  • ・チーム内での合意形成をどう図るか
  • ・合意を得るための5つのポイント
  • ・合和なくして合意なし

5. まとめ:現場リーダーとしての目標設定

  • ・新しい価値の提供者として、どんなチームを作るか
  • ・明日から行動原則に取り入れる3つの『改革』

主任・係長向けプログラム例

対象
ねらい

・大学、所属部署の現状を捉えるとともに将来を見据え、主任・係長として業務遂行力、チームワークの基本を学ぶ。

・実務で必要な問題発見、課題設定、施策立案の基本プロセスをを研究する。

プログラム

1. 大学改革時代に求められるリーダーの役割

  • ・大学を取り巻く環境変化と政策動向
  • ・大学改革時代のリーダー像

2. 業務改革・改善の視点と取組み方

  • ・業務改善とは
  • ・業務改善のための実態把握・分析の全体像

3. 問題解決の進め方

  • ・問題解決の前提となる問題意識
  • ・問題・課題のレベルによる2つのアプローチ
  • ・現状把握と原因分析

4. チームビィルディングによる部下、後輩の育成と巻き込み

  • ・コミュニケーションの基本と応用
  • ・コーチングマインドとスキル

5. 研修のまとめ

課長向けプログラム例

対象
ねらい

リーダーは、部下に対して理想の職場の環境はどのようなもので、
そのために、チームはどのように行動すべきか(行動指針)を示し、 さらにリーダーとして課長が部下に示すべき模範的行動を考える。

プログラム

1. 管理職に求められるコト

2. 理想の職場づくりに向けての 自己点検の視点

3. ビジョンと行動・運営指針の設定

4. リーダーとしての振る舞い (模範的行動)

5. 組織化・動機づけ力の向上 (職場環境づくり)

「目標管理基本研修」プログラム例

対象 課題強化テーマ別研修
ねらい

人事評価の基本とプロセスごとの留意点を再認識するとともに、部下の育成を意図した指導法等を研究する。

プログラム

1. 大学における人事評価・目標管理制度の現状

2. 人事評価・目標管理制度の基本

3. 管理者・評価者の役割  【演習】期初…部下を見る

4. 目標設定の留意点

  • ・経営計画との連動
  • ・目標選択の適切性
  • ・目標の階層化
  • ・評価できる目標表現<グループ討議>

5. 人材育成に資するためには…コミュニケーションが重要

  • ・面談の活用
  • ・【演習】目標設定面談
  • ・【演習】フィードバック面談

「女性リーダー研修」プログラム例

対象 女性職員・課題強化テーマ別研修
ねらい

・リーダーの役割や必要な能力を再確認する

・女性リーダーを取り巻く環境や問題点を考える

・自己の特性を認識し、自らが目指すリーダー像を明確にする

・職場に戻り、自信をもち前向きにリーダーとしての仕事に臨む

プログラム

1. 【講義・演習】

  • ・オリエンテーション
  • ・リーダーの役割~リーダーのすべきことを、討議を通し明確にする
  • ・女性リーダーを取り巻く環境と課題
  • ・サーバントリーダー(解説) ~今、求められているリーダー像について知る
  • ・女性リーダーに出来ること~リーダーの役割、女性リーダーを取り巻く環境・課題等を踏まえ、女性リーダーだからこそ出来ることを考える

2. 【グループワーク】

  • ・「自身の理想のキャリア(人生)実現のために取り組みたいことと組織に支援してほしいこと」

女子大学協働ワークショップ プログラム例

対象 2大学による共同研修 事務職員 20名×2校 合計40名
ねらい

背景にある様々な問題点を考察し、大学職員として取り組むべき視点を共有しグループワークでは、 上記テーマを基に両大学の現状と課題 を中心にディスカッションを行う。

プログラム

1. 「大学は何が問題なのか?うまくいかない理由 
   ~大学組織における合意形成の問題点について考えてみる。~」

  • ・大学外部からの厳しい提言
  • ・現場からみた大学改革の現状
  • ・評価が改善につながらない理由ー組織の要因・人の要因
  • ・合意形成とコミュニケーション

2. グループワーク

  • ・両大学の現状と課題について
  • ・これから大学職員として取り組むべきこと など

JMA学内研修 費用概算目安(一日研修の場合)

項目 単価 単位 税区分
1 講師派遣費 ¥300,000 一日 外税
2 研修企画費 ¥50,000 一式 外税
3 教材テキスト費 ¥2,000 ×人数分 外税
消費税(10%)
合計
  • ○ 講師交通費・宿泊費については、発生時に実費を別途ご請求します。
  • ○ 費用概算については、プログラム内容によって変動する場合もございます。
      企画内容に応じて御相談させていただきます。

JMA学内研修 費用概算目安(半日研修の場合)

項目 単価 単位 税区分
1 講師派遣費 ¥200,000 半日 外税
2 研修企画費 ¥50,000 一式 外税
3 教材テキスト費 ¥2,000 ×人数分 外税
消費税(10%)
合計
  • ○ 講師交通費・宿泊費については、発生時に実費を別途ご請求します。
  • ○ 費用概算については、プログラム内容によって変動する場合もございます。
      企画内容に応じて御相談させていただきます。

お問い合わせ

大学・専門学校の経営向上を実践的に支援します

学校経営支援センター

page top