道路、橋梁、トンネルなどの点検・診断、修繕・更新に関する専門展示会 工作機械の予知保全・メンテナンス特集

工作機械の予知保全・メンテナンス特集とはAbout

  • 特別企画「工作機械の予知保全・メンテナンス特集」とはどんな展示会ですか?
    本催しは、製造業・建設業の生産性向上、持続可能な社会資本整備、レジリエンス向上を目指し、「プラントメンテナンスショー」「インフラ検査・維持管理展」「非破壊評価総合展」「建設資材展」「事前防災・減災対策推進展」「労働安全衛生展」「i-Construction推進展」そして新設された「建設副産物・リサイクル技術展」「再資源化・産業廃棄物処理展」「工作機械の予知保全・メンテナンス特集」の10の専門展示会を同時開催することで、相互の関連性を最大限に引き出し、業界の枠を超えた技術・情報交流と商談を促進する場を提供いたします。

    持続可能な社会の為に
  • どのような製品・サービスが出展しますか?
    工作機械の予知保全・異常検知、既存設備機械のネットワーク対応、定期的な工作機械の保守・点検・メンテナンス、メンテナンス性に優れた工作機械・産業機械、潤滑管理に関連する製品・技術、経年劣化に伴う工作機械の改造・修理サービスに関する製品などのサービスが出展されます。
    • 出展対象イメージ
    • 出展対象イメージ
    • 出展対象イメージ
    出展対象の詳細はこちら
  • 出展のメリットは何ですか?
    ものづくりプロセスの安定稼働を支える「工作機械の保全・メンテナンス」に関する製品やサービスの導入を考える質の高い方々が多数来場します。
    貴社ならではの品質と技術・サービスを求める企業と中身の濃い商談ができます。

PAGE TOP

開催概要Outline

名 称
特別企画「工作機械の予知保全・メンテナンス特集」
会 期
2019年7月24日(水)〜26日(金)の3日間 10:00〜17:00
会 場
東京ビッグサイト 西展示棟、南展示棟(予定)
(東京国際展示場)
主 催
一般社団法人日本能率協会
展示予定規模
500社/900ブース

※メンテナンス・レジリエンスTOKYO 2019 全体

来場登録予定者数
40,000名

※同時開催展含む

入場登録料
(予定)
3,000円(税込)

※招待状持参者、事前登録者、官庁・地方公共団体、学生は登録無料

PAGE TOP

出展対象・来場対象Target

出展対象

  • 工作機械の予知保全、異常検知
    • 稼働状況モニタリング
    • 修理履歴管理システム など
  • 既存設備機械のネットワーク対応
    • 生産現場の通信ソリューション
    • 工場内ワイヤレス化 など
  • 定期的な工作機械の保守・点検・メンテナンス
  • メンテナンス性に優れた工作機械、産業機械
  • 潤滑管理に関連する製品、技術
  • 経年劣化に伴う工作機械の改造、修理サービス
  • 工作機械の移設に伴う技術サービス(工事、精度修正など)

来場対象

  • 製造業において、生産技術、設備保全、生産現場の課題解決に従事する方々
  • 機械設備の維持管理・保全・高寿命化、および工場の安全安定操業に関する製品や技術の導入を考えている方々

PAGE TOP

PAGE TOP