非破壊評価総合展

非破壊評価総合展とは

非破壊評価総合展とはどんな展示会ですか?
非破壊評価総合展は、製造業(工業製品・材料)の検査・評価から社会インフラ(工場、プラント発電所、道路、橋梁)などに欠かすことのできない非破壊検査・モニター・評価・診断技術に焦点を当てた展示会です。
どのような製品・サービスが出展しますか?
超音波探傷検査(UT)、放射線探傷検査(RT)、磁粉探傷検査(MT)、浸透探傷検査(PT)、渦流探傷検査(ET)、赤外線サーモグラフィ検査、アコースティック・エミッション検査(AET)など、非破壊検査に関する全ての製品やサービスが出展します。
出展のメリットは何ですか?
非破壊検査・モニター・評価・診断に関する製品やサービスの導入を考える質の高い方々が多数来場します。貴社ならではの品質と技術・サービスを求める企業と中身の濃い商談ができます。

開催概要

会 期 2017年7月19日(水)〜7月21日(金) 10:00〜17:00
会 場 東京ビッグサイト 東ホール(東京国際展示場) 交通アクセス
主 催 一般社団法人日本非破壊検査工業会 一般社団法人日本能率協会
特別協賛 一般社団法人日本非破壊検査協会
展示予定規模 500社/750ブース
※メンテナンス・レジリエンスTOKYO 2017 全体
来場登録予定者数 32,000名
※同時開催展含む
入場登録料(予定) 3,000円(税込)
※招待状持参者、事前登録者、官庁・地方公共団体、学生は登録無料

出展対象

【製造業】から【社会インフラ】に向けた2年に1度の「非破壊評価」の情報が一堂に集います!
非破壊検査による「信頼性の確保」、「コスト低減」、「製造技術の改良」を提案する場!
表面欠陥検出のための非破壊検査
目視検査 VT(Visual Testing)/磁粉探傷検査 MT(Magnetic Particle Testing)/浸透探傷検査 PT(Liquid Penetrant Testing)/渦電流探傷検査 ET(Eddy Current Testing)
内部欠陥検出のための非破壊検査
放射線透過検査 RT(Radiographic Testing)/超音波探傷検査 UT(Ultrasonic Testing)
その他の非破壊検査
超音波厚さ測定 UM(Ultrasonic Thickness Measurement)/ひずみゲージ検査 ST(Strain Gauge Testing)/アコースティック・エミッション検査 AET(Acoustic Emission Testing)/赤外線サーモグラフィ検査 TT(Infrared Thermographic Testing)/鉄筋探査/打音法検査/弾性波法検査/レーダ関係/画像処理/各種試験片・アクセサリー/周辺機器・ロボット・装置/各種検査ソフト・サービスなど

来場対象

  • 化学
  • 電力
  • ガス
  • 石油
  • 鉄鋼
  • 非鉄・金属製品
  • 食品・医薬品
  • 繊維・製紙・パルプ・ゴム・窯業
  • 機械・精密機器
  • 電気・電子機器
  • 自動車・輸送用機器
  • 情報通信・IT
  • 商社
  • エンジニアリング
  • 不動産
  • 官庁
  • 地方自治体
  • 鉄道
  • 建設コンサルタント
  • 建設
  • 独立行政法人
  • 大学
  • 研究機関 など

前回来場者

前回(2015年)の来場者分析・アンケート集計結果の一部をご紹介いたします。

今回、特にご興味・ご関心のあった出展分野は何ですか?(複数回答)

特に興味・関心のあった出展分野 グラフ

(前回の来場者アンケート結果より)

出展される方
  • 資料請求・お問い合せフォームへ
同時開催展
  • プラントメンテナンスショー
  • インフラ検査・維持管理展
  • 非破壊評価総合展
  • 建設資材展
  • 事前防災・減災対策推進展
  • 労働安全衛生展
  • 防犯・セキュリティ対策展
  • i-Construction 特集
  • “空”の建機展
  • 生産と設備TOKYO
  • 猛暑対策展
  • ミュージアム設備機器展
  • 文化財保存・復元技術展
  • 無電柱化推進展
  • 教育施設リニューアル展
  • 気象・環境テクノロジー展
JMA技術英語翻訳 スマートエンジニアリングTOKYO ドイツと海外関連展示会のご案内 産業振興センター