HCJ動員数No.1企画 イベントステージ

東3ホール特設会場約300名

2月19日(火)

【主催】日本スペシャルティコーヒー協会(SCAJ)

ジャパン ラテアートチャンピオンシップ(JLAC)2019 決勝

当日受付
(当日先着順)

2月20日(水)

[主催]グローバルメディア

【主催】グローバルメディア

「料理人」と「企業」をつなぐ
「第2回ナチュラルフード・新レシピ発掘オーディション」
「料理」と「スイーツ」部門

※事前登録の方に試食と「グランプリ」を審査員と共に選んで頂きます(先着順100名)

[主催]グローバルメディア

【主催】グローバルメディア

「料理人」と「企業」をつなぐ
「第2回ナチュラルフード・新レシピ発掘オーディション」
「料理」部門

※事前登録の方に試食と「グランプリ」を審査員と共に選んで頂きます(先着順100名)

[主催]グローバルメディア

【主催】グローバルメディア

特別講師による講演
「ナチュラルフード:健康から環境保護へ」(仮称)

トークセッション
「日米のナチュラルフード事情」(仮称)

[主催]グローバルメディア

【主催】グローバルメディア

「料理人」と「企業」をつなぐ
「第2回ナチュラルフード・新レシピ発掘オーディション」
「スイーツ」部門

※事前登録の方に試食と「グランプリ」を審査員と共に選んで頂きます(先着順100名)

2月21日(木)

【主催】日本ホテル・レストランサービス技能協会(HRS)

厚生労働省・東京都後援
厚生労働大臣賞第13回 HRSサービスコンクール2019

当日受付
(当日先着順)

2月22日(金)

【主催】グローバルメディア

「訪日外国人に向けた“おもてなし和食”の新レシピ提案」

当日受付
(当日先着順)

ジャパン ラテアートチャンピオンシップ(JLAC)2019 決勝

ラテ

【主催】日本スペシャルティコーヒー協会(SCAJ)

JLAC競技は、コーヒーカップの表面に描かれるデザインの芸術性・独創性・再現性・複雑さなどの「外観」と、プロフェッショナルとしての「サービス」「衛生管理」が審査のポイントです。提供されたデザインがシンメトリーであることやコントラストも高得点の要因です。JLAC2019優勝者はワールド ラテアート チャンピオンシップ(WLAC)2019ベルリン大会に日本代表として出場いたします。

 

開催日

2月19日(火)開催

 

会場

東京ビッグサイト 東3ホール 特設会場

 

プログラム

時間 内容
9:20〜11:40

JLACアートバー競技&公開リハーサル
9:20〜9:40 (予定) 第1〜第2競技者
10:20〜11:40 (予定) 第3〜第8競技者

10:30〜15:10

ジャパンラテアート
チャンピオンシップ決勝

10:50〜14:30

ジャパン コーヒー イン グッド スピリッツ
チャンピオンシップ決勝

15:10

審査

16:00〜16:30

表彰式・閉会

申込方法

先着順、当日会場にて受付をいたします。

定員:200名程度(先着順)

 


「料理人」と「企業」をつなぐ
「第2回ナチュラルフード・新レシピ発掘オーディション」
「料理」と「スイーツ」部門

ナチュラルフード

【主催】グローバルメディア

日本国内で活躍している料理人から、オーガニックやグルテンフリー、べジー・ヴィーガン、ハラルなどナチュラル素材を用いた新メニュー・レシピを広く募集し、事前審査を突破したファイナリストによる新レシピ発掘オーディションを開催します。料理とスイーツの2部門で新レシピのコンセプト紹介や調理デモを行い、試食を経て「ナチュラルフード・レシピ・グランプリ」を決定します。今回は「特別審査員賞」が加わり、選ばれたレシピは商品化・メニュー化されることとなります。審査員はこの業界を牽引するナチュラルハウス、ビオセボン・ジャパン、薬糧開発、横浜ロイヤルパークホテル、LONGINGHOUSE、ニッコクトラスト、雑誌「veggy」、ミス日本(2019グランプリ受賞者)、Clio Goodman (米人シェフ) の皆様です。

 

開催日

2月20日(水)開催

 

会場

東京ビッグサイト 東3ホール 特設会場

 

プログラム

時間 内容
10:30-10:45

オープニング (午前の部)
ご挨拶/ 概要説明/ 審査員紹介

10:45-11:00 

「料理部門」 ファイナリスト紹介

11:00-11:45 

調理デモ4名同時

11:45-12:00

試食

12:00-12:10

審査/ 投票時間

12:10-12:30 

ファイナリストらによるパネルディスカッション

12:30-12:55 

料理部門「グランプリ」「特別審査員賞」発表/ 表彰式

12:55-13:00 

閉会式

   
13:10 – 13:30

講演 「官公庁とミートフリーマンデー」 (仮称)

13:30 – 13:50

トークセッション 「日米のナチュラルフード事情」(仮称)

   
14:00-14:15 

オープニング(午後の部)
ご挨拶/ 概要説明/ 審査員紹介

14:15-14:30 

「スイーツ部門」 ファイナリスト紹介

14:30-15:15

調理デモ4名同時

15:15-15:30 

試食

15:30-15:40 

審査/ 投票時間

15:40-16:00 

ファイナリストらによるパネルディスカッション

16:00-16:25 

スイーツ部門「グランプリ」「特別審査員賞」発表/ 表彰式

16:25-16:30 

閉会式

 

申込方法

定員:200名程度(事前登録制)
※事前登録による一般審査員募集中!(先着100名様まで)

事前登録はこちら

 


厚生労働省・東京都後援
厚生労働大臣賞第13回 HRSサービスコンクール2019

HRS

【主催】日本ホテル・レストランサービス技能協会(HRS)

レストランサービス技能士の資格を持つサービスパーソンと専門学校生による、日頃研鑽した技能を競い合う活気あふれるコンクールです。優勝者(金賞)には、厚生労働大臣賞が授与されます。

 

開催日

2月21日(木)開催

 

会場

東京ビッグサイト 東3ホール 特設会場

 

プログラム

時間 内容
10:05

開会の挨拶

10:25~11:25

カレッジ部門予選

※競技課題 オレンジとキウイのカービング

11:25~12:35

ヤングプロフェッショナル部門予選

※競技課題 リンゴのカービング

13:20~14:00

ヤングプロフェッショナル部門準決勝

※競技課題
・カクテルの作成とサービス
・シーザーサラダの作成とサービス
・Tボーンステーキのデクパージュとサービス

14:00~14:40

カレッジ部門決勝

※競技課題
・ノンアルコールカクテルの作成とサービス
・トスサラダの作成とサービス
・Tボーンステーキのデクパージュとサービス

14:50~16:10

ヤングプロフェッショナル部門決勝

※競技課題 
・スパークリングワインの抜栓とサービス
・スモークサーモンのトランシェとサービス
・若鳥のローストのデクパージュとサービス

16:35

結果発表・表彰式

16:55

閉会の挨拶

申込方法

先着順、当日会場にて受付をいたします。

定員:200名程度(先着順)

 


「訪日外国人に向けた“おもてなし和食”の新レシピ提案」

和食

【主催】グローバルメディア

国内のレストランなどで活躍する3名のトップシェフによる「おもてなし和食」の自前レシピを披露いただく新企画です。増加する訪日客を迎え入れるホテルやレストランなどの皆さんに、「外国人が食べたいと思う和食、外国人に食べて欲しい和食」を手がける上で参考にしていただくためのテーマイベントです。食材の選択や味付け、素材の組み合わせなど、従来の和食にこだわることなく、シェフの自由奔放な発想による「自前のおもてなし和食レシピ」こそ、よりニーズの多様化が進む訪日客の「胃袋」を鷲掴みすることになるのではないでしょうか。インバウンド振興、訪日外国人対応に向け、貴重な気づきや発見を得ていただくための新レシピ提案として開催します。各回数量限定で試食を予定。

 

開催日

2月22日(金)開催

 

会場

東京ビッグサイト 東3ホール 特設会場

 

プログラム

時間 内容
11:00-12:00

『意外な発見、イタリア食材』

講師: 在伊フードジャーナリスト 池田匡克、イタリア料理シェフ 小池 教之
提案食材: ケイパー、パルミジャーノ・レッジャーノ、アンチョビ&コラトゥーラ
内容:イタリアでトレンディなイタリア食材やあるいは伝統的なイタリア食材でも、日本でまだまだ使い方が浸透していないものを取り上げ、日本の料理人にもっともっとイタリア食材を使ってもらうためのヒントを提案。

12:30-14:00

『お箸で楽しむイタリア ~南イタリアのワインがおすすめ』

講師: 日本料理神谷オーナーシェフ 神谷昌孝、ソムリエ&トータル飲料コンサルタント 友田晶子
提案メニュー:
一、水茄子含ませ 生ハム ゴマあんかけ
二、鰆の塩焼き ホールトマトとアンチョビのソースがけ
三、鯛の塩焼き パルミジャーノ・レッジャーノと白味噌ソース 野菜の花畑盛
内容:イタリア食材を使った和食メニューの提案とその実演、また、それらの料理にあう南イタリアワインの紹介。

14:30-15:30

『イタリアの温故知新 ~新食習慣アペリティーヴォと伝統食品DOP/IGP製品とのユニークなコラボレーション』

講師: 在伊フードジャーナリスト 池田愛美、イタリア料理シェフ 小池 教之
提案メニュー: ポルペッテ、ピッツェッタ、インサラータ
内容: イタリアのお洒落な新習慣、アペリティーヴォにからめて、アペリティーヴォにぴったりな軽食メニューをDOP、IGP製品を使って提案。

申込方法

定員:200名程度
当日先着順に受付します。
※事前登録の方には試食あり(先着100名)

事前登録はこちら