生産システム見える化展

生産システム見える化展とは

生産システム見える化展とはどんな展示会ですか?
生産システム見える化展は、ものづくりにおける品質(Q)、コスト(C)、納期(D)の革新・改善を対象にした専門展示会です。経営と現場の一体化、多品種変量(個別)生産が求められている昨今、企画・開発・設計・生産技術・調達・製造・物流・販売におけるエンジニアリングチェーン、サプライチェーンの更なる連携を促進し、ものづくりの革新・改善を実現するための最新技術・製品・サービスの出展を募集します。
どのような製品・サービスが出展しますか?
製品と設備の見える化、設計と生産の見える化、品質の見える化、ヒトと技術・技能の見える化、経営の見える化に関する製品やサービスが出展します。
今年の出展者一覧・出展予定製品を知りたいのですが?
出展者一覧、製品検索Webガイドは下記のリンク先からご確認いただけます。

開催概要

会 期 2017年7月19日(水)〜7月21日(金) 10:00〜17:00
会 場 東京ビッグサイト 東ホール(東京国際展示場) 交通アクセス
主 催 一般社団法人日本能率協会
共 催 一般財団法人製造科学技術センター
展示規模 40社/58ブース
来場登録予定者数 32,000名
※同時開催展含む
入場登録料 3,000円(税込)
※招待状持参者、事前登録者、官庁・地方公共団体、学生は登録無料

出展対象

製品と設備の見える化
MES/MRP/BOM/生産管理/スケジューラー/工程管理/在庫管理/購買管理/製造実績管理/ビジュアルサイン/運転・稼働状態監視/SCADA/FA/DCS/計測・制御機器/各種自動監視装置 など
設計と生産の見える化
CAD/PLM/図面・文書管理/クレーム情報管理システム/デジタルモックアップ(DMU)/2D−3D CAD連携/CAD・CAM・CAE連携/製造シミュレータ/工程シミュレータ/組立シミュレータ/設備導入シミュレータ/ロボットシミュレータ/MR/VR立体カメラ など
品質の見える化
品質管理/製品情報管理/検査機器・システム/測定・分析機器/画像処理/センシング/刻印機/レーザーマーカー/RFID/バーコード/トレーサビリティ など
ヒトと技術・技能の見える化
技術・技能管理/知識管理/ドキュメント管理/動画マニュアル/文書マニュアル/作業分析/人員計画/技術・技能教育/eラーニング/ヒューマンエラー管理/安全制御/製造業向け アウトソーシング など
経営の見える化
ERP/CRM/SCM/コーポレートガバナンス/財務管理/業績管理/需要予測/BI分析 など

来場対象

組立加工からプロセス産業まであらゆる製造業の情報システム、生産管理、生産技術、製造、保全・工務・設備管理、品質管理、購買・調達、経営企画部門関係者

今年の主催者企画

特別セミナー「IoT時代のものづくり革新とは」

  • 会  場東3ホール内
  • 定  員200名
  • 参加料無料
  • 参加方法事前登録制
来場者事前登録はこちら
7月19日(水)
11:00

12:00
"Connected Industries"推進に向けた我が国製造業の課題と取組み

経済産業省 製造産業局 デジタル化・産業システム担当
参事官 徳増 伸二

詳細を見る

【講演詳細】
様々なつながりにより新たな付加価値が創出される産業社会の実現に向け、我が国産業の目指すべき姿(コンセプト)として“Connected Industries”を提唱。この“Connected Industries”の推進に向けて、我が国製造業における現在の課題や取組の方向性ついて、2017年版「ものづくり白書」における調査結果の紹介等も交え、考えを述べる。 閉じる

13:00

14:00
製造業のデジタルトランスフォーメーション
−コネクテッド ファクトリーのその先へ−

シスコシステムズ合同会社 専務執行役員
戦略ソリューション・事業開発 兼
東京2020オリンピック・パラリンピック推進本部担当 鈴木 和洋

詳細を見る

【講演詳細】
閉じる

15:00

16:00
生産現場における人とロボットのコラボレーション

ABB株式会社 ロボティクス事業部
中島 秀一郎

詳細を見る

【講演詳細】
閉じる

7月20日(木)
11:00

12:00
高度解析技術を利用したプラントの保全支援
〜エンジ会社としての取り組みと今後の展望〜

千代田化工建設株式会社 ChAS・ライフサイエンス事業本部
プロセス解析統括マネジャー 味村 健一

詳細を見る

【講演詳細】
弊社は総合エンジニアリング会社としてプラントのライフサイクル全体に対しサービスを行っているが、本講演では、特にプラントの保全に対して行っている高度解析技術の利用を中心としたソリューションサービスを紹介する。また、これまでの経験を踏まえ、今後の保全の高度化について課題等共有したい。 閉じる

13:00

14:00
インバリアント分析技術とビックデータを活用したプラント監視装置の開発

中国電力株式会社
執行役員 電源事業本部部長(原子力安全技術) 林 司

詳細を見る

【講演詳細】
新しいデータ分析技術とビッグデータを用いた原子力プラント監視技術の開発と実プラントへの適用 閉じる

15:00

16:00
GIS(地理情報システム)を活用する化学工場広域の設備管理への取り組み

宇部興産株式会社 宇部ケミカル工場 設備管理部 土建グループ
土木チームリーダー
中山 拓

詳細を見る

【講演詳細】
GIS(地理情報システム)を用いて位置に関する情報を持った空間データを総合的に管理・加工し、化学工場全域に広がる土建施設等を視覚的に捉え設備管理に活用している。
また、遠隔地の設備管理や法的要求事項や敷地境界の情報、ストリートビューなど工場の総合的な管理にも展開している。これらの取り組みの概要を紹介する。 閉じる

7月21日(金)
11:00

12:00
日本機械学会セッション
共催:日本機械学会 生産システム部門
アデティブマニュファクチュアリングによる新生産システムの展開
  • 日本機械学会 理事・フェロー 塩谷 景一(主査)
  • ものつくり大学 松本 宏行(幹事)
  • 東京工業大学 田中 智久
  • 愛知産業 金安力
  • 産業技術総合研究所 芦田 極
  • 明治大学 舘野 寿丈
詳細を見る

【講演詳細】
閉じる

13:00

14:00
3Dプリンタを活用した価値共創による次世代スマートものづくり
〜SIP革新的設計生産技術分野における取組み事例〜

神戸大学 貝原 俊也

詳細を見る

【講演詳細】
閉じる

15:00

16:00
つながるサイバー工場CPPS研究分科会
〜IoT, AI, シミュレーションがもたらす2040年のものづくり像〜 (*CPPS : Cyber Physical Production System)
  • 東京理科大学 日比野 浩典(主査)
  • 豊田中央研究所 則竹 茂年(幹事)
  • レクサー・リサーチ 中村 昌弘(幹事)
詳細を見る

【講演詳細】
閉じる

※2017年5月15日現在(敬称略)
※発表者の都合により、セミナーの中止、または講演者・テーマ・講演時間が変更になる場合がございますので、予めご了承ください。
※空席及び立見スペースがある場合は当日聴講可能

特別企画 状態監視技術プラザ

企画協力:一般社団法人日本トライボロジー学会/一般社団法人日本機械学会 生産設備を支える重要技術である「状態監視技術」にフォーカス。
振動やトライボロジー・潤滑管理に関する関連製品・サービス等を集中展示します。

「設備管理と生産保全」コーナー/日本プラントメンテナンス協会

保全員・オペレーター育成の教育プログラムの紹介や、最新の研究成果・事例など、設備管理や生産保全、また関連する人材育成について詳しく紹介します。
「設備管理」「生産保全」「人材育成」などに関心のある方、必見です。