農女マップ

輝く農女新聞内で特集された情報を紹介しています。

二期生インタビュー(その1/愛知のみなさん)

2015.08.06

『私をたとえるなら○○』をテーマに自己紹介

6月30日にスタートした「第二期 女性農業次世代リーダー育成塾」。今回、受講するみなさんはどんな方々なのか? 初日に行われた自己紹介の模様を今後6回に分けてレポートします!

二期生は全部で34名。そのうち31名が受講する「事業経営者・リーダー育成コース」では講師の高橋澄子さんから「私をた喩えるなら○○」というお題が出されました。お題が与えられることで、それぞれの個性が印象に残り易いですよね。

それではさっそく…第二期生の自己紹介レポート第一弾! 愛知県から参加の6名をご紹介します!


『私は、外の世界を知りたいメダカ』

加藤久美子 (愛知県田原市 キューサン農園)
生産品目:一輪マム・ブルーベリー

2年後にブルーベリー摘み取り園をオープン予定でその準備を進めている加藤さん。温室の有効利用とお客様の顔が見える農業がしたいという思いから、事業の変更を決めたんだそうです。そんな加藤さんの「私をたとえるなら○○」は・・・『メダカかな』とのこと。いったい、どういう意味でしょう?

加藤
私は渥美半島というちょっと閉鎖的なところに住んでおりますが、そこから出て、外の流れを感じられるようになりたいと思ったのがメダカにした理由です。20歳で結婚して以来、ずっと渥美半島に住んでおりまして、外のことをあまり知らないものですから、いろんな情報や技術をみなさんから学びたいと思っています。よろしくお願いします。


『私は、シマシマのネコ。爪は隠しています!』

野田留美 (愛知県名古屋市 野田農場)
生産品目:米、トマト、ミニトマト
http://noda.orenest.net

野田さんは、農業大学校で農業に必要な資格をいくつか取得。その後、約3年間の農協での勤務を経て実家の野田農場に就農。野田さんで11代目になるそうですが、名古屋市内で農業を続けていくのは、とても苦労があるそうです。しかし、そのぶん、消費者が近くにいることを励みに「地産地消」を掲げ頑張っています。そんな野田さんの「私をたとえるなら○○」は・・・『シマシマのネコです!』 さて、そのココロは?

野田
我が家は、犬と猫を飼っているんですけど、私はずっと猫派で、特にシマシマの鯖(サバ)柄の猫が好きなんです。今も一匹買ってるんですが、その猫の周りには子どもも大人も寄ってくるんですね。そんな感じで、私のところにも子どもたちが寄ってくるのでシマシマの猫なのかなと思っています。あと、私はゴロンとしてるようで実はコツコツ動くのが好きで、負けず嫌いなところもすごくあって、ちゃんと爪も隠しています。

会場
おおー!

野田
なんでかっていうと、結局農業の世界はやっぱり男社会なんですね。なかなか女性が発言する機会が少ないというのは皆さんも感じてる通りだと思います。その中でどうやっていくのか考えると、やっぱり自立して、意見を持つことも大事なんですけど、嫌われても舐められるなってことだと思うんですね。でも、みなさんにはニコニコママ風に感じてもらえたらと思っています。よろしくお願いします。


『私は、ネコ。名前は・・・』

住珠紀 (愛知県瀬戸市 すみ農園)
生産品目:トマト
https://www.facebook.com/Suminouen

住さんは長年勤めた旅行会社を2011年に退職。2012年から農業大学校に通いながら瀬戸市内に土地を借りて就農。さらに、一昨年から豊橋技術科学大学に通い、これまでの露地野菜に加えて、今年からビニールハウスでトマトの養液栽培もスタート。今月からは短時間パートさんも5人になるんだとか…そんな住さんの「私をたとえるなら○○」は・・・「猫」。


トマトのハウスの2軒隣の家の猫が「タマ」って言うんですけど、いつもご飯の時間に「タマ、御飯よ!」と言われると、私も一緒に振り返ります。

会場
(笑)


で、やっぱり猫的性格というか、どうしても人に甘えてしまうところがありまして、何か壁にぶち当たるたびに、周りのみんなにアドバイスを求める感じで、この講座でも皆様の知恵を拝借したいと思っていますので…ぜひよろしくお願いします。


『私は、回遊魚。出世魚のカツオになりたい!』

服部都史子 (愛知県丹羽郡大口町 服部農園有限会社)
生産品目:米

服部さんは3年前、水稲を中心に麦、露地野菜、野菜苗を生産している実家に戻り就農。ご主人が婿養子として跡を継いでくれたそうです。子供の頃から絵を描いたり、洋裁をしたりと細かい事が好きだったということで…就農前は婦人服の型紙を引く仕事をしていました。今は、経理の他、会社勤めの経験を生かして働きやすい職場づくりに頑張っているそうです。そんな服部さんの「私をたとえるなら○○」は・・・『回遊魚』。

服部(都)
それは脳よりも先に体の方が動いちゃうからです。多分、私の血液の中にラテンの血が少なからず混ざっているようで…その分たくさん失敗もしますが、いい出会いや、いいことも今までたくさんありました。皆さんにはサザエさんのような人だと思って暖かく見守って欲しいと思います。そのうち回遊魚の中でも出世魚のカツオくんになれるように頑張りたいです。

会場
(笑)


『私は、ミラーボール』

彦坂由美 (愛知県豊橋市 有限会社州田園)
生産品目:ブロッコリー、青じそ

ご主人と結婚して就農された彦坂さん。イヤイヤ農作業を続けながら生産部会の役員や行政組織の委員を経験するうちに、何かモヤモヤしたものが沸き上がって来たんだとか…そんな中、SNSで知り合った友人達と先日、青じその加工品を生産販売する会社を立ち上げ、社長に就任されたそうです。そんな彦坂さんの「私をたとえるなら○○」は・・・『ミラーボール』。

彦坂
好奇心がすごく旺盛なものですから、いろんな刺激という光を受けてきらきら光っていたいなと。でも、農業社会、男社会の中に出たりとか、日々のきつい仕事の中で疲れちゃう時もあり、そうすると回転が鈍くなっちゃうので、そんな時に皆さんに潤滑油になって頂けたらなと…。キラキラキラキラと回り続けたいと思っております。よろしくお願いします。


『私は、チワワ。いつかは救助犬や警察犬に…』

松本舞 (愛知県稲沢市 株式会社松山農産)
生産品目:あいちのかおり、コシヒカリ

「稲沢市の皆様、日本の皆様に美味しいお米を、届けたい!」「この先の日本のお米を、守って行きたい!」「日本人はお米だ!」と…とにかくお米が大好きな松本さん。そんな松本さんの「私をたとえるなら○○」は・・・『チワワ』。

松本
今は、臆病で何も知らずに、人に言われたことをただこなすだけ。だけど本当は、救助犬や警察犬みたいにかっこいい、人のためになれる立派な大きな犬になりたいと思っています。なので皆さん、ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い致します。


次回は『中国・四国地方』から参加されている受講生のみなさんをご紹介します!