11月21日(火) 11:00-12:00

看護職が働き続けたい職場の実現と課題

日本航空 コーポレートブランド推進部 マネジャー
小森 裕子

日本航空客室乗務員が、お客さまをおもてなしする際に大切にしているポイント「JALならではのおもてなし」をお伝えしながら、相手に与える印象の大切さやホスピタリティの表現方法を医療とは異なる業種の視点からお話しいたします。
障害があるお客さまへの機内での対応や、コミュニケーションについても、機内での経験をもとにお伝えします。

プロフィール

39年に渡り、日本航空客室乗務員として世界各国を巡り、多様なお客さまと接する中で、JALのおもてなしを提供し続けてきた。長年「サービスアドバイザー」として、客室乗務員の教育と客室サービスの品質向上に携わり、国土交通大臣より「空の功労賞」を受賞。
現在は社会貢献の一環として、大学、企業にて各種セミナー、おもてなし講座等を実施している。

ページトップ