11月20日(月) 16:40-17:40

地域包括ケアにおける医療職の働き方

iCARE 代表取締役 CEO 山田 洋太

地域包括ケアシステムの構成要素である医療と介護。地域には、様々な専門職や立場、働く場所があり、その多様性からコンフリクトや人間関係による悩み、ハラスメント、メンタル不調が発生しやすい環境といえます。地域包括ケア関連事業者は、地域包括ケアを推進する上で、どのような働き方を提供したら良いのか今後の解決策のヒントをお話します。

プロフィール

沖縄県立中部病院研修後、総合内科医として離島医療に従事。慶應ビジネス・スクールで医療介護政策を田中滋先生から学ぶ。
大学院と並行して心療内科と産業医を始め2万名以上メンタル不調者と関わる。卒業後、東京ベイ・浦安市川医療センターの経営企画室長として病院経営・戦略を立案、単月黒字化を2年で達成。同時に、病院の産業医として看護師のメンタル不調者対応と仕組みを構築。現在は、働くひとの健康のプロとして法人向けストレスチェックとチャット健康相談サービスを提供するiCAREの代表取締役CEO。

ページトップ