病院情報通信インフラ展

病院情報通信インフラ展とはAbout

〜院内の情報通信インフラを整える!〜

  • 病院情報通信インフラ展とはどんな展示会ですか?
    病院内には様々なネットワークがあり、基盤となる情報通信インフラは整備された環境下での安定稼働が必須です。さらに今後の日本社会では地域包括ケアにおけるネットワーク構築も必要になってきます。HOSPEX Japanでは、今後ますます需要増加が予想される医療情報システムを安定的に提供するための設備・製品・サービスの出展を募集します。

PAGE TOP

開催概要outline

名 称
病院情報通信インフラ展
会 期
2020年11月11日(水)〜13日(金)の3日間 10:00〜17:00
会 場
東京ビッグサイト 西1・2ホール
(東京国際展示場)
主 催
一般社団法人日本医療福祉設備協会
一般社団法人日本能率協会
展示予定規模
300社/500ブース

※同時開催展含む

来場予定者数
15,000名

※同時開催展含む

入場登録料
3,000円(税込)

※招待状持参者、事前登録者、官庁・地方公共団体、学生は登録無料

PAGE TOP

出展対象・来場対象Target

出展対象

    • 電子カルテ、オーダリング、ナースコール、院内表示、 検査システム、検査機器などの院内ネットワークインフラ構築
    • 院内電波管理、無線LAN
    • 院内音声設備
    • 入退室管理、人的管理
    • 病院向けサーバ室設備
    • サイバーセキュリティ対策
    • 地域連携
    • 5G・次世代通信技術(医療と介護の連携、遠隔医療など)

来場対象

  • 病院・福祉・介護施設の経営者
  • 医療情報関係者
  • 施設管理部門責任者
  • 建築・設計士 など

PAGE TOP

PAGE TOP