HOSPEX Japanとは

HOSPEX JapanとはAbout

病院/ 福祉設備機器が一堂に集う専門展示会

本年で47回目を迎える「日本医療福祉設備学会」という歴史のある学会の併設展示会です。 そのため、”学術振興を目的”とした出展として、薬事未承認の機器、設備も出展できます。薬事未承認に製品をご出展の方はコチラをご覧ください。

今回は、HOSPEX Japanの総称のもと、「病院設備機器展」「病院・福祉給食展」「医療・福祉機器開発テクノロジー展」そして「介護・福祉設備機器展」という4つの展示会にリニューアルし、医療・福祉関係者の幅広い分野の方々に更に貴社製品を訴求しやすい構成となりました。

本展示会は来場対象を商談目的の方としているため、商談、マーケティングなど、より専門性の高いビジネスの場としてご活用頂けます。また学会に加えて、特別協賛団体による各種セミナーも開催されているため、医療・福祉現場の最前線にいる方々にも多数ご来場いただいております。

HOSPEX Japan 会場の様子 HOSPEX Japan 入場受付

PAGE TOP

構成展示会Constitution

これら4つの展示会と集中展示企画で構成されることにより、HOSPEX Japanは医療・福祉分野の総合展示会として確立されています。

PAGE TOP

会長挨拶Message

HOSPEX Japanは毎年、「日本医療福祉設備学会」の併設展示会として開催されている医療・福祉分野の展示会です。本年、日本医療福祉設備学会は開催47回目、HOSPEX Japanは43回目を迎える歴史と伝統のある展示会です。ご出展いただく出展企業様、ご来場者様、ご協力いただいている関係団体様のご協力のもと、長年にわたり引き継がれてきたこの歴史と伝統に支えられ、今では日本を代表する医療福祉分野の展示会として、高い評価をいただいております。

当初、本学会は日本病院設備学会という名称のもと、病院設備をテーマとしていたため、HOSPEX Japanの出展製品も病院の設備、機器が中心でございました。しかし現在では、学会の名称は「日本医療福祉設備学会」に変わり、医療福祉分野全般を対象とし、HOSPEX Japanに出展される製品も福祉機器や厨房機器など、時代のニーズに合わせて対象領域が拡がっております。また、来場される方も医療・福祉施設に関わる幅広い専門領域の人達(例えば、医療従事者、コンサルタント、設計者、施工者、施設管理者、医療機器メーカーから大学・研究機関において研究・教育に携わっている関係者まで)から構成され、医療・福祉に関わる皆様に幅広くご来場いただいております。

是非、HOSPEX Japan 2018にご出展いただき、皆様の製品、サービスの訴求の場としてご活用いただければと存じます。

一般社団法人日本医療福祉設備協会 会長
株式会社森村設計 代表取締役社長
森村 潔氏 サイン
森村 潔氏 イメージ画像

PAGE TOP

学会長挨拶Message

日本医療福祉設備学会は医療・福祉施設の設備設計や設備機器の使用法をメインテーマとした学会です。発表される演題は医療・福祉施設の建て替えやそこに付随する業務運営の効率化など、医療・福祉施設の経営に大きく関わるものばかりです。そのため、医療・福祉施設への設備・機器の導入を検討されている方々も学会に多く参加されております。

つきましては、学会併設の展示会というHOSPEX Japanの特徴を最大限に生かすべく、学会長としてこれまで以上に日本医療福祉設備学会とHOSPEX Japanの連携を高め、より多くの方々がHOSPEX Japanに訪れるよう、最大限に協力していきたいと考えております。

皆様と共に、第47回日本医療福祉設備学会およびHOSPEX Japan 2018を盛会に導くことが出来れば幸いでございます。

一般社団法人日本医療福祉設備協会 副会長
東京大学医学部附属病院手術部 部長・教授
安原 洋氏 サイン
安原 洋氏 イメージ画像

学会併設の展示会Collaboration

同時開催 第47回日本医療福祉設備学会

“ヘルスケア・サステナビリティ”に貢献する医療福祉設備

会 期
2018年11月20日(火)・21日(水)
会 場
東京ビッグサイト 会議棟
主 催
一般社団法人日本医療福祉設備協会
学会長
安原 洋 東京大学医学部附属病院
副学会長
増田 順 株式会社セントラルユニ
室殿 一哉 株式会社佐藤総合計画

PAGE TOP

PAGE TOP