テクニカル・ナレッジ(業務知識・遂行力)

学生募集広報基礎セミナー
セミナー概要・特徴

●教育成果や学生支援の状況などを分析し、教育・学生支援等の改善に役立てようとするIR(Institutional Research)が注目を集めています。自己点検・評価やFD・SDの基盤情報として、学内外のデータや指標をどう収集し、活用していくか。

●IRの基礎と活用事例を研究いただきます。

ねらい

●IR(Institutional Research)の基本を学ぶ。

●データ収集/指標による現状把握と分析を研究する。

●大学における活用事例を学ぶ。

会 期
【東京】 2013年10月16日(水)13:30〜16:30
【大阪】 2013年9月30日(月)13:30〜16:30
会 場
対 象(参加の目安)
若手職員(入職10年以内) 中堅職員(入職10年〜) 管理者層
企画・評価・教務・学生支援部署など
講 師

山形大学 エンロールメント・マネジメント部 教授 福島 真司

一般社団法人日本能率協会 学校経営支援センター長 船橋正美

プログラム
1.IR(Institutional Research)の基礎と事例

1)米国におけるIRの歴史とトレンド
2)米国大学の事例
3)日本におけるIRの現状と課題
4)山形大学におけるIRの基本思想と取り組み
5)今後の課題
<山形大学 福島 真司>

2.大学経営におけるデータ収集・指標設定の必要性と活用

1)PDCAの前提となる現状把握
2)定性的な事象をいかに定量化するか
3)大学経営評価指標を活用した現状把握と活用事例
<日本能率協会 船橋正美>

3.総合質疑
ページトップ