出展者セミナー

講演会・セミナーの聴講登録Registration

出展者セミナー A会場Seminar

出展者セミナー B会場はこちら
  • 聴講無料
  • 事前登録制
  • 会場A:5ホール
  • 定員150名

※[冊子マーク]のセミナー参加者には、「世界のEMC規格・規制(2019年版)」を会場にて無料配布いたします
(会期後は公式ホームページにて有料販売/定価1,080円税込)
※空席があれば当日受付も可能です。
※プログラムは変更になる場合がございます。

出展者セミナー A会場 4月17日(水)
11:00

11:50
世界のEMC規格・規制(2019年版)』の注目ポイント
東京都市大学 名誉教授
徳田正満 氏
冊子
12:10

13:00
(1)ANSYS が提案するEMC対策で生かせるシミュレーションの勘所
(2)電子機器向け熱解析流体解析ソフトウェア入門と次数低減モデル(ROM)生成
アンシス・ジャパン
詳細を見る

(1)近年、身の回りで電子機器が多数使用されるようになり、製品やシステムにおいてのEMC問題は日増しに複雑になり、その対策は困難になっています。モジュールやコンポーネントレベルで問題無かったものが、これをサブシステム、システムとした時に問題が顕著となるケースも多々有ります。このような問題の分析、評価をフロントローディングできるANSYSのシミュレーションによるEMC評価を、事例とポイントを交えてご紹介致します。
(2)熱は言うまでもなく電子機器の品質・信頼性を左右する重要なポイントである。熱流体解析はその検討・検証のための重要な道具であるが、まず何を入れたら何が出るのか、どんなことができるのかといったことを説明する。さらに、電気回路シミュレーションと熱解析の連携で必須となる次数低減モデル(ROM)の生成や、電子機器向け熱流体解析ソフトウェアANSYS Icepakの最新情報について紹介する。

13:20

14:10
車載機器のEMC測定と対策・設計技術
トーキンEMCエンジニアリング
冊子
14:30

15:20
より小さく、より軽く、より低コストを目指す新しいスイッチング電源設計手法
キーサイト・テクノロジー
冊子
15:40

16:30
市場トラブルを
考慮したノイズ試験
ノイズ研究所
冊子
詳細を見る

現在、イミュニティの試験方法はIEC規格等で規定されているが、実際に製品を納入した現場では、これら規格に基づいた試験要求を満足しただけでは市場トラブルが解消されない問題点が多くある。
今回、様々なノイズの現象を想定し、それらのノイズ試験に対して有効となる試験方法を解説する。

PAGE TOP

出展者セミナー A会場 4月18日(木)
11:00

11:50
PCBシステムにおけるノイズの課題と対策事例
サイバネットシステム
冊子
12:10

13:00
熱設計・熱対策における「逆解析」技術の紹介
アドバンスドナレッジ研究所
13:20

14:10
文系卒エンジニアが語る初学者のためのノイズ入門
【50/60Hzからトラブル対策事例まで】
電研精機研究所
冊子
詳細を見る

「ノイズで困っているがどこから手をつけたらいいかわからない」「ノイズについて学びたいが電気の知識がないから不安」、そのような悩みはありませんか。本セミナーでは、ノイズ対策をするうえで押さえておきたいポイントと、その理解に必要な電気の知識を、的を絞って解説します。
ノイズについて学んでいくと電気の知識を避けては通れません。講師の木村も入社当時、電圧と電流、周波数の違いがわからず苦労しました。似たような背景をお持ちの方が聴講されることを想定しつつ、半世紀以上にわたりノイズトラブルのコンサルティングを行ってきた当社だからこそ話せる内容をお届けします。ノイズと対峙する入り口として、またノイズに対する理解を深める一助としても、ぜひ本セミナーをご活用ください。

14:30

15:20
キーサイト 新EMIレシーバー N9048B で実現するEMC試験の革新、
高感度、高速だけではなく新しいブレイクスルーをお届けします
キーサイト・テクノロジー
冊子
15:40

16:30
(1)電動化新時代の設計開発に必要とされるCAEのシミュレーション技術とはなにか?
(2)ANSYSのデジタルツインでモータシステムをInnovation
〜開発からIoTを活用した運用まで〜
アンシス・ジャパン
詳細を見る

(1)近年、電子機器が多数使用されるようになり、製品やシステムにおいてEMC問題は日増しに複雑になり、その対策は困難になっています。モジュールやコンポーネントレベルで問題無かったものが、サブシステム、システムとした時に問題が顕著となるケースも有ります。このような問題の分析、評価をフロントローディングできるANSYSのシミュレーションによるEMC評価を事例とポイントを交えてご紹介致します。
(2)熱は言うまでもなく電子機器の品質・信頼性を左右する重要なポイントです。熱流体解析はその検討・検証のための重要な道具ですが、まず何を入れたら何が出るのか、どんなことができるのかといったことを説明します。さらに、電気回路シミュレーションと熱解析の連携で必須となる次数低減モデル(ROM)の生成や、電子機器向け熱流体解析ソフトウェアANSYS Icepakの最新情報についてご紹介致します

PAGE TOP

出展者セミナー A会場 4月19日(金)
11:00

11:50
ノイズ放射原理を直感的に理解する方法
サイバネットシステム
冊子
12:10

13:00
熱設計・熱対策における「逆解析」技術の紹介
アドバンスドナレッジ研究所
13:20

14:10
「ノイズトラブルを
改善するための、接地(アース)とグランド」
  • 接地を理解することが失敗の少ないノイズ対策の第1歩です。
  • 接地にまつわる様々な接地伝説の謎を解きます。
  • 重要なのは「グランド」対策です。
電研精機研究所
冊子
詳細を見る

EMC規格をクリアしているのに、フィールドでノイズ障害に見舞われる事はありませんか?この要因の一つとして、EMC規格試験と客先での「接地環境の違い」があります。具体的に何が違うのでしょうか?ノイズトラブルに見舞われた際に「接地の変更」を行う事がありますが、 接地すれば「ノイズは大地に逃げる!」と考えていませんか?接地抵抗を下げたり、一点接地、専用接地などを行う事で、トラブルが改善した事例もありますが、かえって障害が悪化したり、まったく変化しない事もあります。何故でしょうか?海外製品を我が国で使用すると漏れ電流が増加し漏電ブレーカがトリップした事はありませんか?これらのトラブルは、我が国の「TT接地方式」が関わっている場合があります。TT接地とは?今回のセミナーでは、接地に関する様々な情報を提供し、接地伝説の謎を解きながら、ノイズ対策で最も重要な「グランド」について解説致します。

14:30

15:20
ローデ・シュワルツの
ノイズ対策向け測定手法のご紹介
ローデ・シュワルツ・ジャパン
冊子
詳細を見る

ものづくりの現場におけるノイズ対策においては、対象となるノイズを確実に測定する事はもちろんのこと、その発生に至るさまざまな要因を探索する必要があります。測定機器の進化に伴い、従来のスペクトラム・アナライザによる周波数軸の切り口からみたノイズ解析と合わせて、各種パラメータの同時解析が可能となっている。本セミナーでは、ノイズ対策に測定器に求められる要件と、それを活用した効率的な測定手法とについて提案致します。

15:40

16:30
広帯域タイムドメイン
スキャンを用いた革新的測定手法のご紹介
東陽テクニカ
冊子
詳細を見る

キーサイト・テクノロジー社製 新型EMIレシーバ「PXE」は、最大350MHzのFFT帯域幅を持つワイドバンド・タイムドメインスキャン機能を持っており、これにより短時間でノイズの見逃しのないEMI測定が可能である。新EMI測定ソフトウェア「EPX」はこの機能を最大限に活用し、測定の効率化、測定結果の信頼性向上に大きく貢献する。
自動運転、IoTなど留まることのない技術の進歩により、ますます重要になるEMC測定において、評価すべきノイズもますます複雑化している。
このような状況の中で測定方法だけが旧態依然としたままではいつまでもEMC測定の効率化は望めず、対策時間の増加など後退の懸念すらある。
ここで紹介するワイドバンド・タイムドメインスキャン機能は測定の効率化だけでなく、新測定法を創造する可能性さえ秘めている。

PAGE TOP

出展者セミナー B会場Seminar

出展者セミナー A会場はこちら
  • 聴講無料
  • 事前登録制
  • 会場B:4ホール
  • 定員100名

※[冊子マーク]のセミナー参加者には、「世界のEMC規格・規制(2019年版)」を会場にて無料配布いたします
(会期後は公式ホームページにて有料販売/定価1,080円税込)
※空席があれば当日受付も可能です。
※プログラムは変更になる場合がございます。

出展者セミナー B会場 4月17日(水)
11:00

11:50
高効率化に向けた最新SiCパワー半導体と制御回路技術
STマイクロエレクトロニクス
詳細を見る

近年、省エネ化の切り札として注目される次世代パワー半導体のSiC(炭化ケイ素)。従来のシリコンに比べて、低損失、高速スイッチングである上、高温での動作が可能になる。本講演では、STの最新SiCパワー半導体の特徴に触れながら、その特性を最大限引き出す機能や回路を実際の実験結果を用いて解説する。またSiCベースのスイッチング電源で求められる高速フィードバック処理や異常保護停止、スイッチング・ノイズの課題解決を実現するための高性能デジタル制御を提案する。

12:10

13:00
EtherCATの基本技術と最新動向
EtherCAT Technology Group
13:20

14:10
産業機器分野における製品安全規格の動向について
〜FA/ロボット関連規格、AGV、モーターコントローラ規格のご案内〜
UL Japan
14:30

15:20
“ものづくりトラブル対策用カメラシステムの最新情報
〜失敗しないチョコ停カメラの導入方法〜”
イマジオム
詳細を見る

5年前にはほとんど知られていなかった「トラブル対策用カメラシステム」というソリューションですが、最近では「チョコ停カメラ」などと呼ばれ、広く知られるようになってきました。
本セミナーでは、国内で販売されているトラブル対策用カメラシステム11製品を類型化して比較し、ご導入のヒントにしていただきます。また当社製品のトラブル対策用カメラシステム「TargetWatcher」の新機能や、高度な使い方についても紹介いたします。

15:40

16:30
国際規格の重要性と活用ツールのご紹介
BSIグループジャパン

PAGE TOP

出展者セミナー B会場 4月18日(木)
11:00

11:50
ノイズ・サージ対策について
岡谷電機産業
冊子
12:10

13:00
ワイヤレス給電の未来とオムロンの技術
オムロン
13:20

14:10
モータ技術における粒子法活用
プロメテック・ソフトウェア
14:30

15:20
“ものづくり分野におけるソフトウェア発注のポイント
〜ソフトウェア導入で失敗しないために〜”
イマジオム
詳細を見る

価格競争の激化、高齢化や採用難といった背景を受け、ものづくり現場ではパソコンやソフトウェアを活用した自動化・省力化が急務となっています。対象業務に合致するソフトウェアが入手できない場合、たいていは社外に発注することになります。しかしソフトウェアの発注は、特別なノウハウが必要で、誰にでも簡単にできる仕事ではありません。経験を持たない人がソフトウェアを発注すると、不具合が見つかった場合に責任の所在が不明確になったり、本来必要のない費用がかかったり、変更や追加ができなかったり、まったく役に立たないものができてきたり、最悪の場合、訴訟問題に発展したりします。本セミナーでは、初めてソフトウェアの発注に向き合うものづくり現場の方々を対象に、押さえておくべきポイントをわかりやすく解説します。併せて当社のソフトウェア活用支援サービスも簡単に紹介します。

15:40

16:30
POCO

PAGE TOP

出展者セミナー B会場 4月19日(金)
11:00

11:50
SiC/GaNパワー半導体の高速動作に適した高周波対応アルミ電解コンデンサ
〜電力変換器の小型化と高性能化を実現するコンデンサソリューション提案〜
日本ケミコン
12:10

13:00
最高45,000回転−高精度トルク計測のHBMが提供する車載用高速バス
CAN-FDを使った電動モータ/インバータ効率評価手法
スペクトリス HBM
13:20

14:10
オシロスコープを使用したモータ駆動回路、
インバータの三相パワー解析事例
テレダイン・レクロイ・ジャパン
14:30

15:20
“ものづくりトラブル対策用カメラシステムの最新情報
〜失敗しないチョコ停カメラの導入方法〜”
イマジオム
詳細を見る

5年前にはほとんど知られていなかった「トラブル対策用カメラシステム」というソリューションですが、最近では「チョコ停カメラ」などと呼ばれ、広く知られるようになってきました。
本セミナーでは、国内で販売されているトラブル対策用カメラシステム11製品を類型化して比較し、ご導入のヒントにしていただきます。また当社製品のトラブル対策用カメラシステム「TargetWatcher」の新機能や、高度な使い方についても紹介いたします。

15:40

16:30
モータ技術における粒子法活用
プロメテック・ソフトウェア

他にも主催者による特別講演会や同時開催展の特別講演会がございます。

講演会・セミナーを聴講するには該当枠の事前登録が必要です。

PAGE TOP

PAGE TOP