幕張メッセアクセス
※下記プログラムは2015年3月9日現在のプログラムです。
 プログラム内容(スピーカ、コーディネータ、発表テーマ、内容等)が変更になる事がありますので予めご了承ください。
5月20日(水) 10:00 - 12:45 D1 未来を拓く新しい電源技術
14:15 - 17:00 D2 電源の総合力を高めるソフトスイッチング技術
5月21日(木) 10:00 - 12:45 D3 電源システムの進化を支える受動部品
13:05 - 13:55 L2 最新の大電力ワイヤレス電力伝送技術(スポンサー:株式会社ダイヘン)
14:15 - 17:00 D4 次世代自動車用電源の最前線
5月22日(金) 10:00 - 12:45 D5 新エネルギーに挑む先端パワエレ電源技術
13:05 - 13:55 L3 SiCパワーデバイスの最新技術動向(スポンサー:ローム株式会社)
14:15 - 17:00 D6 SiC・GaNパワーデバイスの最前線
※当日会場での録音、写真、ビデオ撮影などは一切ご遠慮ください。
 コーディネータ   スピーカ  (敬称略)
5月20日(水)
10:00~12:45
D1
未来を拓く新しい電源技術
前山 繁隆
TDK(株) 技術本部 エネルギーデバイス開発センター センター長
1
超電導技術と電源システム
  • 超電導技術の動向と電源システム
  • 超電導技術と鉄道
  • 超電導技術と畜エネルギー
長谷川 均
(公財)鉄道総合技術研究所 低温システム研究室 室長
2
普及が始まる新世代直流給電システム ~民生機器向けUSBパワーデリバリ~
  • 直流給電、そのメリットと普及への鍵
  • USBパワーデリバリとは? その規格と動向
  • 適用事例と今後の展望
山本 勲
ローム(株) LSI商品開発本部 パワーマネジメントLSI商品開発部 統括課長
3
大容量UPSの開発動向と小型化技術
  • 大容量UPSの開発動向
  • 両面冷却パワーモジュールによる小型化技術
松元 大輔
(株)日立製作所 研究開発グループ 制御イノベーションセンタ
パワーエレクトロニクスシステム研究部
 ここ数年、新パワーデバイスであるSiC・GaNや新たな無線電力伝送技術が注目を集めています。また、新エネルギー関連のメガソーラや大型蓄電システム(ESS)において、従来なかった大容量電源のニーズが高まっています。このような新たな市場動向を踏まえ、本セッションでは未来の電源技術に焦点をあてたテーマを取り上げます。今話題のリニア中央新幹線のキーテクノロジーである超電導と電源システム、新たな直流給電として期待のかかるUSBパワーデリバリ、データセンタをささえる大容量無停電電源(UPS)についてご講演いただきます。聴講される皆様には、新しい電源市場や電源技術の理解を深める上で参考になるものと考えます。
【前山 繁隆/TDK】
14:15~17:00
D2
電源の総合力を高めるソフトスイッチング技術
田中 哲郎
鹿児島大学 大学院 理工学研究科 電気電子工学専攻 准教授
1
電流共振型コンバータの同期整流技術と双方向化
  • 電流共振型コンバータの動作特性
  • 同期整流技術と双方向化
安部 征哉
九州工業大学 大学院 生命体工学研究科 准教授
2
GaN HEMT搭載13.56MHz/27MHz駆動のスイッチング電源
  • 電力変換回路の概要
  • GaN HEMT駆動方法
  • DC-DCコンバータの紹介
狩野 知義
田淵電機(株) 技術開発本部 R&Dセンター 新規開発グループ チーフ
3
SiCパワーデバイスを用いた高効率・小型電源の実装技術
  • SiCの可能性
  • SiCパワーデバイス応用と付加価値
  • SiCの応用例
佐藤 伸二
技術研究組合次世代パワーエレクトロニクス研究開発機構 新材料パワー半導体研究開発センター
 ソフトスイッチング技術は、近年のLLCコンバータに代表されるように、電源の高効率化・小型化に必須の技術として、着実に普及・定着してきました。今後も、電源の性能を引き上げる回路的方策としては、ソフトスイッチング技術が主流であり続けるでしょう。また新しいパワーデバイスの出現により、今より一段高い性能も視野に入ってきましたが、これらのデバイスを使いこなすにもソフトスイッチング技術が不可欠です。
 以上の観点から、本セッションでは、電流共振型コンバータの話題1件、新パワーデバイス関連2件の講演を企画しました。聴講される皆様にとって、今後の開発に大いに参考になるものと考えます。
【田中 哲郎/鹿児島大学】
5月21日(木)
10:00~12:45
D3
電源システムの進化を支える受動部品
鍋島 隆
大分大学 工学部 電気電子工学科 教授
1
電源システムを支える磁性材料および巻線技術
  • スイッチング電源用磁心材料
  • フェライトコア形状
  • トランス巻線構造と銅損
渡邊 雅彦
TDK(株) マグネティクスビジネスグループ トランス&フェライトビジネスユニット
フェライト技術部 主査
2
高信頼度電源に貢献するフィルムコンデンサ技術
  • 高信頼度電源におけるフィルムコンデンサの取り巻く環境
  • フィルムコンデンサの基礎技術
  • フィルムコンデンサの今後の技術取り組み
安立 智哉
ニチコン草津(株) フィルム装置グループ フィルム技術課 課長代理
3
今なお進化するアルミ電解コンデンサの技術動向
  • アルミ電解コンデンサの基礎
  • 技術的課題と開発状況について
  • 活用事例と今後の展望
長谷部 朝一
日本ケミコン(株) 技術本部 製品開発センター 第一製品開発部 一グループ グループ長
 電源システムの主要な電力用受動素子である磁気デバイスならびにコンデンサは、半導体素子と共に電源システムのパフォーマンス、サイズ、重量、信頼性等に大きな影響を与える重要な素子であり、その使いこなしの奥義には深いものがあります。
 本セッションは、これらの受動素子について電源システム設計の立場から今一度基本に立ち帰り、スイッチング周波数、信頼性、電力容量等、用途に応じた適切な活用法と最新の技術動向について知見を深めて頂くことを目的としています。
【鍋島 隆/大分大学】
13:05~13:55
L2
ランチセッション
最新の大電力ワイヤレス電力伝送技術        スポンサー:  ダイヘンロゴ  株式会社ダイヘン別ウィンドウ
鶴田 義範
(株)ダイヘン 技術開発本部 高周波応用技術開発部 部長
1
AGV向け大電力ワイヤレス充電システム(85kHz)の紹介
2
13.56MHz帯における大電力ワイヤレス電源と伝送に関する基本技術
3
走行中給電技術(平行2線方式による)
4
ワイヤレス給電状態のリアルタイム計測器(Viφ)とその活用方法についての紹介
大電力ワイヤレス伝送に関する基本技術から走行中給電への応用について解説いたします。また、給電中のインピーダンスと電力をリアルタイムに測定可能にしたViφセンサについても、ご紹介させていただきます。
14:15~17:00
D4
次世代自動車用電源の最前線
上野 政則
(株)本田技術研究所 汎用R&Dセンター 第3開発室 PG電装ブロック マネージャ 主任研究員
1
自動車におけるCO2排出削減のトレンドとxEVシステムの今後の動向
  • 各国におけるCO2削減のトレンド
  • 走行中のCO2排出量削減への取り組みと電動化による貢献
  • 各種xEVシステムの比較と将来動向
杵築 弘隆
インフィニオン テクノロジーズ ジャパン(株) オートモーティブ事業本部
パワートレイン&エレクトリックヴィークルセグメント 部長
2
次世代自動車に向けたマルチポート電源システム
  • 電気駆動車の電気システム概要
  • 絶縁型マルチポート電源回路の構成と原理
  • 実験結果、有効性
梅野 孝治
(株)豊田中央研究所 システム・エレクトロニクス2部 部長
3
自動車用ワイヤレス給電の動向と技術開発
  • 動向と普及に向けての実証評価
  • 技術課題
  • 将来の方向性
髙橋 俊輔
早稲田大学 環境総合研究センター 参与・客員上級研究員
 近年、自動車のパワートレインの電動化が進み、 EV/PHEV/FCVなどの次世代自動車が注目されています。次世代自動車は環境性向上だけでなく充電インフラやコミュニティーと協調し、V2H(Vehicle to Home)や太陽光発電、蓄電池などと連携し新たな活用方法も期待されています。
 このような背景の中、本講演では、次世代自動車のCO2排出削減のトレンドや今後の動向について紹介します。続いて、モータや蓄電池などの多入力を電源として持つ次世代自動車に要求される電力変換機として注目を集めている、マルチポート電源について詳しく解説します。最後に、間もなく実用化が始まる、自動車用ワイヤレス給電に関して実証評価、技術課題、そして将来展望について報告します。
【上野 政則/本田技術研究所】
※カーエレクトロニクス技術シンポジウムD4セッションと同じものです。
5月22日(金)
10:00~12:45
D5
新エネルギーに挑む先端パワエレ電源技術
恩田 謙一
日本ケミコン(株) 技術本部 技術本部長付フェロー
1
太陽光発電システム用パワーコンディショナの系統連系関連技術と高効率化技術
  • パワーコンディショナの基本機能
  • 系統連系関連技術
  • 高効率化技術
西尾 直樹
三菱電機(株) 京都製作所 スマートエネルギー製造部 開発グループ 専任
2
風力発電用超長寿命・高効率10kWオールSiCマトリックスコンバータ
  • 長寿命・高効率を達成するためのマトリックスコンバータ
  • オールSiCによるメリット
  • 交流蓄電池を実現する取り組み
大沼 喜也
長岡パワーエレクトロニクス(株) 代表取締役
3
風力・バイオマス発電等におけるマトリックスコンバータを用いた系統連系技術
  • マトリックスコンバータを用いた系統連系概要
  • 風力・バイオマス発電における事例紹介
  • フライホイールによる蓄電システム事例紹介
加藤 康司
サンケン電気(株) パワーシステム本部 パワーマーケティング統括部 PS技術部 技術2グループ
 化石燃料の枯渇や地球温暖化の問題に対応すべく、再生可能エネルギーを高い信頼性で効率良く利用するシステムの早期普及が重要な課題となっています。一般に、再生可能エネルギー源からの電気エネルギーは、電力変換器を介して系統に供給します。この時、接続する系統の特性や、再生可能エネルギー源の種類によって電力変換器に要求する性能は変わってきます。本セッションでは、太陽光、風力、バイオマスを例に、系統を含むシステム全体の俯瞰から、電力変換器の高効率、高信頼化技術を中心にご講演いただきます。
 聴講される皆様には、新たな付加価値を持つ電源開発の参考にもなると考えます。
【恩田 謙一/日立製作所】
13:05~13:55
L3
ランチセッション
SiCパワーデバイスの最新技術動向        スポンサー:  ロームロゴ  ローム株式会社別ウィンドウ
SiC MOSFETアレイによる高電圧半導体スイッチモジュール、およびSiC高電圧パルス発生器の回路動作原理・応用事例についてご講演いただきます。
また、高耐圧・大電流化が進むロームの最新SiC製品・開発動向もご紹介します。
1
採用が進む ロームの最新SiCデバイス
中村 孝
ローム(株) 研究開発部 部長
2
SiC高電圧パルス発生器の原理と応用
古久保 雄二
福島SiC応用技研(株) 代表取締役社長
14:15~17:00
D6
SiC・GaNパワーデバイスの最前線
岡本 光央
国立研究開発法人産業技術総合研究所 先進パワーエレクトロニクス研究センター 主任研究員
1
ノーマリオフGaNトランジスタのパワーエレクトロニクス応用
  • ノーマリオフGaNトランジスタの最新技術動向
  • GaNの高速スイッチング性能およびその駆動技術
  • GaNトランジスタの電源およびインバータ応用事例
高橋 理
パナソニックセミコンダクターソリューションズ(株) 半導体ビジネスユニット 第一事業開発センター 第三事業開発部 担当部長
2
SiC・GaNパワーデバイス実装の観点からのノイズ解析と抑制
  • 配線構造設計
  • 寄生インダクタンス
  • サージ電圧と短絡電流
和田 圭二
首都大学東京 理工学研究科 電気電子工学専攻 准教授
3
GaNパワーデバイス、既に実用段階
  • GaNパワートランジスタの動かし方、レイアウト例
  • 高速スイッチングで小型化の実例
  • 6インチGaN on Siの信頼性とコラプス
小林 由布子
トランスフォーム・ジャパン(株) セールス・マーケティング部
シニアフィールドアプリケーションエンジニア
 SiCやGaNなどのワイドバンドギャップ半導体による新パワーデバイスは、従来のシリコン(Si)デバイスでは不可能な省エネや機器の小型化が可能であるため大いに注目されています。様々な問題を乗り越えてデバイス特性は向上を続けており、実用化への道を進んでいます。一方、高周波動作特性などの魅力を十分に活かすには従来デバイスをただ置き換えるだけの使い方では不十分であり、どのような周辺回路設計をするかが重要となってきます。本セッションではデバイス開発の最新動向とともに、その実力を引き出すための新しい駆動回路技術や実装技術、さらに実際の応用例などといった、新パワーデバイスの最前線をご紹介いたします。
【岡本 光央/産業技術総合研究所】

このページの先頭へ