幕張メッセアクセス
※下記プログラムは2015年3月9日現在のプログラムです。
 プログラム内容(スピーカ、コーディネータ、発表テーマ、内容等)が変更になる事がありますので予めご了承ください。
5月20日(水) 14:15 - 17:00 H2 エネルギー・ハーベスティング市場・技術の動向・展望
5月21日(木) 10:00 - 12:45 H3 自動車関連のエネルギー・ハーベスティング
13:05 - 13:55 L2 最新の大電力ワイヤレス電力伝送技術(スポンサー:株式会社ダイヘン)
14:15 - 17:00 H4 インフラ関連のエネルギー・ハーベスティング
5月22日(金) 10:00 - 12:45 H5 エネルギー・ハーベスティングの設計・技術
13:05 - 13:55 L3 SiCパワーデバイスの最新技術動向(スポンサー:ローム株式会社)
14:15 - 17:00 A6 センサ・ネットワークのための磁気エネルギー・ハーベスティング
※当日会場での録音、写真、ビデオ撮影などは一切ご遠慮ください。
 コーディネータ   スピーカ  (敬称略)
5月20日(水)
14:15~17:00
H2
エネルギー・ハーベスティング市場・技術の動向・展望
鈴木 雄二
東京大学 大学院 工学系研究科 機械工学専攻 教授
1
トリリオン・センサとエネルギー・ハーベスティング
  • 地球規模の課題解決へ向けてのトリリオン・センサ
  • 中心的役割を果たすMEMSセンサ
  • 日本の課題
神永 晉
SPPテクノロジーズ(株) エグゼキュティブシニアアドバイザー 戦略会議 議長
2
ワイヤレス給電、電波によるエネルギー・ハーベスティングの特許出願からみた技術動向
  • ワイヤレス給電の特許出願動向
  • 電波によるエネルギー・ハーベスティングの特許出願動向
  • 電波によるエネルギー・ハーベスティングの研究開発動向
宮本 秀一
特許庁 審査第四部 電話通信 審査官
3
一般住宅・次世代スマートハウスへのエネルギー・ハーベスティングの応用
  • 一般住宅・住設器への採用事例
  • 次世代スマートハウスへの応用と課題
  • 研究住宅U2-Home(ユースクウェアホーム)での取り組み
高田 巌
(株)LIXIL 総合研究所 情報社会研究グループ グループリーダー
 近年、エネルギー・ハーベスティング(EH)技術が着実に進化してきていますが、現時点での市場規模は必ずしも大きいとは言えません。本セッションでは、一兆個のセンサを環境にちりばめることによってさまざまな社会課題の解決に貢献する「トリリオン・センサ」から見たEHへの期待、特許出願からみたワイヤレス給電・無線EHの最新動向、一般住宅・次世代スマートハウスでのEHの活用状況と展望などの紹介により、EHを用いたシステム開発やEHの研究開発に取り組まれている方々が、EHソリューションの将来を俯瞰できる絶好の機会です。
【鈴木 雄二/東京大学】
5月21日(木)
10:00~12:45
H3
自動車関連のエネルギー・ハーベスティング
板垣 一美
EnOceanアライアンス アジア担当 副会長
1
Energy Harvesting TPMS stably working from low to high speed
  • Requirements for energy harvesting TPMS solution
  • Approach/concept for stable working solution
  • Vehicle installation and test results
Frank Schmidt
EnOcean GmbH CTO ※同時通訳有
2
電波ホースが創るハーネスの無い自動車の未来
  • 電波を用いた無線電力伝送技術
  • 電波ホースを用いたワイヤレス化技術
  • 電波ホースの車載応用
石野 祥太郎
古野電気(株) システム機器事業部 ITSビジネスユニット開発部
3
Energy Harvesting solution for automotive production line: Wireless Clip Detection
Introduction of energy harvesting wireless system for harness production/inspection used in Europe.
  • Improvement in quality through user guideline
  • Flexibility
  • Reducing of cost
Dirk Selbach
SEMD CEO ※同時通訳有
 近年、エネルギー・ハーベスティング技術は軽量化や作業工程の効率化などを目的に車載あるいは自動車の製造ライン用途に向けた開発や応用が活発になり、すでに採用も始まっております。本セッションでは、エネルギー・ハーベスティング技術がどのような自動車部品製造に採用され、そのメリットはどこにあるか?また、エネルギー・ハーベスティング技術の車載用途として注目されている電波から電力を回収・通信を行う無線電力伝送システム(電波ホース)のハーネスへの応用などの紹介により、現在直面している課題と今後の方策が理解できます。今後の自動車産業の行く末に、エネルギー・ハーベスティングの関わり・重要性を把握できる機会です。
【板垣 一美/EnOceanアライアンス】
※カーエレクトロニクス技術シンポジウムH3セッションと同じものです。

13:05~13:55
L2
ランチセッション
最新の大電力ワイヤレス電力伝送技術        スポンサー:  ダイヘンロゴ  株式会社ダイヘン別ウィンドウ
鶴田 義範
(株)ダイヘン 技術開発本部 高周波応用技術開発部 部長
1
AGV向け大電力ワイヤレス充電システム(85kHz)の紹介
2
13.56MHz帯における大電力ワイヤレス電源と伝送に関する基本技術
3
走行中給電技術(平行2線方式による)
4
ワイヤレス給電状態のリアルタイム計測器(Viφ)とその活用方法についての紹介
大電力ワイヤレス伝送に関する基本技術から走行中給電への応用について解説いたします。また、給電中のインピーダンスと電力をリアルタイムに測定可能にしたViφセンサについても、ご紹介させていただきます。
14:15~17:00
H4
インフラ関連のエネルギー・ハーベスティング
大場 正利
オムロン(株) 技術・知財本部 価値創新推進室 室長
1
ネットワーク型センサを利用したインフラモニタリング
  • 無線センサネットワーク
  • 移動型モニタリング
  • 性能評価
長山 智則
東京大学 大学院 工学系研究科 社会基盤学専攻 准教授
2
建築設備におけるセンサ活用とエネルギー・ハーベスティング
  • 建築設備
  • 無線センサネットワークによる省エネ
  • 振動センサモニタリング
清水 昭浩
高砂熱学工業(株) 技術本部 新技術開発部 担当部長
3
鉄道、道路におけるエネルギー・ハーベスティング活用
  • 社会インフラ(鉄道、道路)
  • エネルギー・ハーベスティング
  • M2Mソリューション
木下 泰三
(株)日立製作所 情報・通信システム社 ITプラットフォーム事業本部 IoTビジネス推進統括本部
事業主管 新世代M2Mコンソーシアム 理事
 道路や鉄道などの橋梁やトンネルを含む構造物は、その老朽化の度合いや地震、台風等の自然災害を受けた後の状況を把握する構造物モニタリングの必要性が高まっています。一般的には、構造物の状態を把握するために、加速度や振動、傾きを検知するセンサが用いられ、検出した信号を定期的に無線で送信する無線ネットワークの構築が求められています。これらのインフラの構造物は比較的に取り付け場所が安易な箇所ではないため、無線ネットワークの電源として、バッテリー交換が不要となるメンテナンスフリーのエネルギー・ハーベスティングが注目されています。
 インフラ関連の問題や将来に対する取り組みと合わせて、エネルギー・ハーベスティングの活用を、この分野で先端的に取り組んでおられる方々の見識や知見が得られる機会をご提供できるセッションと考えております。
【大場 正利/オムロン】
5月22日(金)
10:00~12:45
H5
エネルギー・ハーベスティングの設計・技術
藤田 孝之
兵庫県立大学 大学院 工学研究科 電気系工学専攻 准教授
1
エネルギー・ハーベスティング電源技術と無線センサへの適応例
  • エネルギー・ハーベスティング技術のご紹介
  • バッテリーレス無線センサの実証
堀口 睦弘
(株)村田製作所 技術・事業開発本部 デバイス開発センター デバイス開発部 開発2課 マネージャー
2
Nonlinear circuits and bistable oscillators for vibration energy harvesters
  • Nonlinear energy harvesting circuits to enhance the power density
  • Bistable oscillators to enhance vibration harvesters’ bandwidth
  • Bistable piezoelectric generators combined with nonlinear circuits
Adrien Badel
Universite de Savoie Mont Blanc Dr. ※同時通訳有
3
熱電発電の最新技術と製品設計のポイント
  • 産業廃熱回収への応用例
  • 自立型電源への応用例
  • エネルギー・ハーベスティングへの応用例
八馬 弘邦
(株)KELK 取締役 熱電発電事業推進室長
 エネルギー・ハーベスティングの普及には、素子と周辺回路・システムの実用性に優れた設計・技術が必須です。本セッションでは、エネルギー・ハーベスティング技術による無線センサの実証研究結果や、熱電発電の最新技術動向とその製品設計のポイントを紹介頂きます。また振動型発電におけるユニークな設計・技術として、バイ-ステーブル(双安定)振動による広帯域化、高効率電力抽出のための非線形回路などについてもご紹介頂きます。デバイス技術者のみならず回路技術者にも有用な内容です。英語での講演には同時通訳がつきますので、安心してご参加ください。
【藤田 孝之/兵庫県立大学】
13:05~13:55
L3
ランチセッション
SiCパワーデバイスの最新技術動向        スポンサー:  ロームロゴ  ローム株式会社別ウィンドウ
SiC MOSFETアレイによる高電圧半導体スイッチモジュール、およびSiC高電圧パルス発生器の回路動作原理・応用事例についてご講演いただきます。
また、高耐圧・大電流化が進むロームの最新SiC製品・開発動向もご紹介します。
1
採用が進む ロームの最新SiCデバイス
中村 孝
ローム(株) 研究開発部 部長
2
SiC高電圧パルス発生器の原理と応用
古久保 雄二
福島SiC応用技研(株) 代表取締役社長
14:15~17:00
A6
センサ・ネットワークのための磁気エネルギー・ハーベスティング
脇若 弘之
信州大学 名誉教授
1
磁歪材料を用いた振動発電技術の実用化展開
  • 磁歪材料を用いた振動発電の概要
  • 応用例:電池のいらない無線センサシステム・リモコンなど
  • 磁歪材料の量産化技術
上野 敏幸
金沢大学 理工研究域 電子情報学系 准教授
2
磁界からエネルギーをもらう
  • 環境磁界発電とは
  • 環境発電と非接触給電
  • 磁束収束技術
田代 晋久
信州大学 工学部 電気電子工学科 准教授
3
電磁誘導型エネルギー・ハーベスティングの実用展開
  • 電磁誘導方式の特徴
  • ハーベスターと回路の課題と対策
  • 具体的に想定される用途
杉山 茂
スター精密(株) R&Dセンター 開発部 部長
 センサネットワークを構成するセンサや無線通信デバイスのため、エネルギー・ハーベスティング技術の有用性が注目されています。エネルギー・ハーベスティングの発電原理としてコイルを用いたデバイスは小形化が困難と言われますが、出力インピーダンスを小さくできる等の利点があり実用化に適していると言えます。今回は、中でも小形化に有利な磁歪を利用した振動発電、環境磁界を電気エネルギーに変換する技術、さらに、電磁誘導方式発電の実用化例を紹介していただきます。これらの発電コイルは適切な電力変換回路との組み合わせによって、センサネットワークの実用展開が一層進展することと期待されます。
【脇若 弘之/信州大学】
※磁気応用技術シンポジウムA6セッションと同じものです。

このページの先頭へ