幕張メッセアクセス
※下記プログラムは2015年3月9日現在のプログラムです。
プログラム内容(スピーカ、コーディネータ、発表テーマ、内容等)が変更になる事がありますので予めご了承ください。
5月20日(水) 10:00 - 12:45 G1 カーエレクトロニクスのEMC ①
14:15 - 17:00 G2 カーエレクトロニクスのEMC ②
5月21日(木) 10:00 - 12:45 H3 自動車関連のエネルギー・ハーベスティング
13:05 - 13:55 L2 最新の大電力ワイヤレス電力伝送技術(スポンサー:株式会社ダイヘン)
14:15 - 17:00 D4 次世代自動車用電源の最前線
F4 カーエレクトロニクス
5月22日(金) 10:00 - 12:45 A5 最新の車載用磁気センサの利用技術
E5 xEVシステムの最前線
13:05 - 13:55 L3 SiCパワーデバイスの最新技術動向(スポンサー:ローム株式会社)
14:15 - 17:00 E6 車輌用蓄電池システムの新展開
※当日会場での録音、写真、ビデオ撮影などは一切ご遠慮ください。
 コーディネータ   スピーカ  (敬称略)
5月20日(水)
10:00~12:45
G1
カーエレクトロニクスのEMC ①
前野 剛
(株)クオルテック 信頼性試験センター 所長
1
EV/HEVの規格動向とEMC対応技術
  • CISPRとISOの自動車EMC規格動向
  • 充電時のEMC要件
  • 自動車のEMC性能確保
塚原 仁
日産自動車(株) 電子技術開発本部 電子信頼性技術開発部 電子信頼性評価グループ 主査
2
EV/HEVの電動パワープラントEMCへの取り組み
  • EV/HEV等電動車におけるEMC課題
  • EMC対策事例
  • 電動車EMCへの取り組み
細田 正晴
(株)本田技術研究所 四輪R&Dセンター 第5技術開発室 第2ブロック 主任研究員
3
EV/HEV用部品のEMC性能向上技術
  • EMC性能向上の考え方
  • EV/HEV用部品のノイズ発生機構
  • ノイズ伝導経路と評価の課題
瀧 浩志
(株)デンソー 研究開発2部 電力変換開発室 課長
4
パネルディスカッション ~EV/HEV車における自動車レベルと部品レベルのEMC性能確保
塚原  仁
日産自動車(株) 電子技術開発本部 電子信頼性技術開発部 電子信頼性評価グループ 主査
細田 正晴
(株)本田技術研究所 四輪R&Dセンター 第5技術開発室 第2ブロック 主任研究員
瀧  浩志
(株)デンソー 研究開発2部 電力変換開発室 課長
前野  剛
(株)クオルテック 信頼性試験センター 所長
 現在の自動車は高度に電子化されて、電気・電子機器の対雑音設計が難しくなる一方であることに加えて、更に、この10年で高電圧・大電流を必要とする電動車両が増えてきており、機器類のEMC性能の確保はますます難しくなってきております。
 本セッションでは、EV/HEVの最新規格動向をご紹介してから、EMC性能を確保するための技術について、自動車メーカと部品メーカよりそれぞれ事例を含めて紹介いたします。更に、全員でEV/HEVのEMC性能確保についてパネルディスカッションを行い、この領域でのEMC対応技術やマネージメントのポイントに迫りたいと考えております。
【前野 剛/クオルテック】
※EMC・ノイズ対策技術シンポジウムG1セッションと同じものです。

14:15~17:00
G2
カーエレクトロニクスのEMC ②
瀧 浩志
(株)デンソー 研究開発2部 電力変換開発室 課長
1
自動車部品の垂直統合的なEMC設計
  • 自動車部品(製品)のEMC課題と従来の設計手法
  • 製品・基板・デバイスの垂直的レベルとEMC要件
  • 垂直統合的なEMC設計に向けた取り組み
瀧 浩志
(株)デンソー 研究開発2部 電力変換開発室 課長
2
アンテナにならない、ハーネスを励振しない、基板設計
  • アンテナのように共振してしまうベタGND
  • 基板フルサイズ解析でみるベタGNDの電圧
  • パスコンで抑える電圧と抑えられない電圧
中村 篤
アルティメイトテクノロジィズ(株) CTO
3
ルネサスマイコンにおけるEMC設計への取り組み
  • EMC設計への基本的な考え方
  • EMC設計の具体例の紹介
  • EMC設計の効果確認方法
久保 輝訓
ルネサス エレクトロニクス(株) 車載制御第二事業部 ボディ事業推進部 課長
 本セッションでは、ECUなどマイコンを用いた自動車用部品のEMC設計に関する諸問題とそれに対する取り組みをご紹介いたします。自動車用部品は求められる性能・信頼性・コストを満足しなければなりませんが、EMC性能を確保するためのコストアップや設計工数増加が問題となります。近年はEMCの要となるデバイス設計・基板設計・回路筐体設計が垂直的に分業化し、設計がより難しくなることを痛感します。そこで垂直レベル各間のEMC設計を理解して効率的な設計を目指すため、専門の方にご講演をいただきます。
【瀧 浩志/デンソー】
※EMC・ノイズ対策技術シンポジウムG2セッションと同じものです。

5月21日(木)
10:00~12:45
H3
自動車関連のエネルギー・ハーベスティング
板垣 一美
EnOceanアライアンス アジア担当 副会長
1
Energy Harvesting TPMS stably working from low to high speed
  • Requirements for energy harvesting TPMS solution
  • Approach/concept for stable working solution
  • Vehicle installation and test results
Frank Schmidt
EnOcean GmbH CTO ※同時通訳有
2
電波ホースが創るハーネスの無い自動車の未来
  • 電波を用いた無線電力伝送技術
  • 電波ホースを用いたワイヤレス化技術
  • 電波ホースの車載応用
石野 祥太郎
古野電気(株) システム機器事業部 ITSビジネスユニット開発部
3
Energy Harvesting solution for automotive production line: Wireless Clip Detection
Introduction of energy harvesting wireless system for harness production/inspection used in Europe.
  • Improvement in quality through user guideline
  • Flexibility
  • Reducing of cost
Dirk Selbach
SEMD CEO ※同時通訳有
 近年、エネルギー・ハーベスティング技術は軽量化や作業工程の効率化などを目的に車載あるいは自動車の製造ライン用途に向けた開発や応用が活発になり、すでに採用も始まっております。本セッションでは、エネルギー・ハーベスティング技術がどのような自動車部品製造に採用され、そのメリットはどこにあるか?また、エネルギー・ハーベスティング技術の車載用途として注目されている電波から電力を回収・通信を行う無線電力伝送システム(電波ホース)のハーネスへの応用などの紹介により、現在直面している課題と今後の方策が理解できます。今後の自動車産業の行く末に、エネルギー・ハーベスティングの関わり・重要性を把握できる機会です。
【板垣 一美/EnOceanアライアンス】
※エネルギー・ハーベスティング技術シンポジウムH3セッションと同じものです。

13:05~13:55
L2
ランチセッション
最新の大電力ワイヤレス電力伝送技術        スポンサー:  ダイヘンロゴ  株式会社ダイヘン別ウィンドウ
鶴田 義範
(株)ダイヘン 技術開発本部 高周波応用技術開発部 部長
1
AGV向け大電力ワイヤレス充電システム(85kHz)の紹介
2
13.56MHz帯における大電力ワイヤレス電源と伝送に関する基本技術
3
走行中給電技術(平行2線方式による)
4
ワイヤレス給電状態のリアルタイム計測器(Viφ)とその活用方法についての紹介
大電力ワイヤレス伝送に関する基本技術から走行中給電への応用について解説いたします。また、給電中のインピーダンスと電力をリアルタイムに測定可能にしたViφセンサについても、ご紹介させていただきます。
14:15~17:00
D4
次世代自動車用電源の最前線
上野 政則
(株)本田技術研究所 汎用R&Dセンター 第8開発室 電装機能システムブロック 主任研究員
1
自動車におけるCO2排出削減のトレンドとxEVシステムの今後の動向
  • 各国におけるCO2削減のトレンド
  • 走行中のCO2排出量削減への取り組みと電動化による貢献
  • 各種xEVシステムの比較と将来動向
杵築 弘隆
インフィニオン テクノロジーズ ジャパン(株) オートモーティブ事業本部
パワートレイン&エレクトリックヴィークルセグメント 部長
2
次世代自動車に向けたマルチポート電源システム
  • 電気駆動車の電気システム概要
  • 絶縁型マルチポート電源回路の構成と原理
  • 実験結果、有効性
梅野 孝治
(株)豊田中央研究所 システム・エレクトロニクス2部 部長
3
自動車用ワイヤレス給電の動向と技術開発
  • 動向と普及に向けての実証評価
  • 技術課題
  • 将来の方向性
髙橋 俊輔
早稲田大学 環境総合研究センター 参与・客員上級研究員
 近年、自動車のパワートレインの電動化が進み、 EV/PHEV/FCVなどの次世代自動車が注目されています。次世代自動車は環境性向上だけでなく充電インフラやコミュニティーと協調し、V2H(Vehicle to Home)や太陽光発電、蓄電池などと連携し新たな活用方法も期待されています。
 このような背景の中、本講演では、次世代自動車のCO2排出削減のトレンドや今後の動向について紹介します。続いて、モータや蓄電池などの多入力を電源として持つ次世代自動車に要求される電力変換機として注目を集めている、マルチポート電源について詳しく解説します。最後に、間もなく実用化が始まる、自動車用ワイヤレス給電に関して実証評価、技術課題、そして将来展望について報告します。
【上野 政則/本田技術研究所】
※スイッチング電源技術シンポジウムD4セッションと同じものです。

14:15~17:00
F4
カーエレクトロニクス
富村 寿夫
熊本大学 大学院 自然科学研究科 教授
1
カーナビ熱設計への“手軽で効果的な”CFDの活用事例と「熱設計」フロントローディングへの取り組み
  • Step-1 CFDによる熱検証(詳細設計後)
  • Step-2 CFDによる熱検証(構想設計段階)
  • Step-3 「熱設計」フロントローディングへの取り組み
原 義勝
富士通テン(株) CI技術本部 機構技術部 業務改革チーム
2
ハイブリッド自動車の駆動ユニット冷却性評価・予測技術
  • ①ハイブリッド駆動ユニットの冷却性評価技術(風洞付ユニットベンチと熱流束センサ)
  • ②ハイブリッド駆動ユニットの冷却性予測技術(3D-CFD)
  • ①・②を活用した冷却性向上検討事例
山田 直
トヨタ自動車(株) ドライブトレーンユニット設計部 デジタルエンジニアリング室 主任
3
自動車エンジン開発における機能開発の有効性
  • 性能開発から機能開発へ
  • 機能をカラクリで知ることの重要性
  • 試作レス開発への挑戦
羽山 信宏
(株)ISIDエンジニアリング 特別顧問
 高度に電子化された自動車の熱設計・対策において、合理的かつ効果的な放熱技術の確立は、車載用電子部品の長寿命・高信頼性を確保する上で必要不可欠となっています。本セッションでは、開発・設計の第一線でご活躍の専門家の方々にお集まりいただき、「カーナビゲーションシステムの熱設計」、「ハイブリッド自動車用駆動ユニットの冷却性」、「自動車エンジン開発における機能開発」という3つの切り口から、基礎的な技術事項だけでなく、CFDや3D-CADの活用事例、また先進的な取り組みや試作レス開発への挑戦など、関連分野でご活動中の皆様に有用な最新情報をご提供いたします。
【富村 寿夫/熊本大学】
※熱設計・対策技術シンポジウムF4セッションと同じものです。

5月22日(金)
10:00~12:45
A5
最新の車載用磁気センサの利用技術
山寺 秀哉
(株)豊田中央研究所 システム・エレクトロニクス3部 デバイス実装研究室 主任研究員
1
車載用磁気センサの基礎と応用
  • 物理と基礎理論
  • 磁気利用センサの種類
  • 車載用磁気センサの応用例
脇若 弘之
信州大学 名誉教授
2
ナノグラニュラーTMR膜を用いた微小・高感度磁気センサGIGS
  • ナノグラニュラー膜の作製と特長
  • ナノグラニュラー膜のトンネル磁気抵抗効果
  • ナノグラニュラーインギャップセンサ(GIGS)の性能と特長
小林 伸聖
(公財)電磁材料研究所 研究開発事業部 電磁気材料グループ グループリーダー 主席研究員
3
磁性薄膜電力センサの開発
  • 磁性薄膜電力センサの特長
  • 磁性薄膜電力センサの動作原理
  • 磁性薄膜電力センサによる電力計測の紹介
辻本 浩章
大阪市立大学 大学院 工学研究科 教授
 自動車では、回転数・回転角・位置・トルク等の動力系や車体系での機械量に加えて、車両の電動化に伴って電流・電力等の電気量を検出できるセンサを必要としています。磁気センサは、非接触・高精度・高応答性・容易装着性の特徴を有しかつ低コストであるために、車載用として多く使用されています。
 本セッションでは、最新の車載用磁気センサに加えて今後車載用に利用が増えると予想される磁気センサに焦点を当てて、①車載用磁気センサ全般 ②ナノグラニュラーTMRセンサ ③電力センサ の順に、その基礎と利用技術について紹介します。
【山寺 秀哉/豊田中央研究所】
※磁気応用技術シンポジウムA5セッションと同じものです。

10:00~12:45
E5
xEVシステムの最前線
鳶島 真一
群馬大学 理工学部 環境創生理工学科 教授
1
電気二重層キャパシタを用いた減速エネルギ回生システムの開発
  • マツダ減速エネルギ回生システム『i-ELOOP』の紹介
  • 『 i-ELOOP』の燃費改善のメカニズム
  • 今後の蓄電デバイス動向
高橋 達朗
マツダ(株) 電気駆動システム開発室 主査
2
FCV技術への取り組み
  • 環境およびエネルギーの課題
  • 循環型社会にむけた取組み
  • FCV実用化にむけた取組み
齊藤 信広
(株)本田技術研究所 四輪R&Dセンター 第5技術開発室
3
PHEVシステム開発と電池課題への取り組み
  • PHEVシステムの狙い
  • PHEVで広がる電池の使い方
  • 電池材料の変化と出力特性への影響
蒲地 誠
三菱自動車工業(株) 開発本部 EV・パワートレインシステム技術部 主任
山浦 潔
三菱自動車工業(株) 開発本部 EV要素研究部 エキスパート
 自動車用各種蓄電デバイスは市場成長が期待されています。
 本セッションでは、3社より講師の方をお招きし、電気二重層キャパシタ、燃料電池および蓄電池と自動車に関して最新の研究開発状況を説明して頂き、聴講者の皆様に今後の蓄電デバイスの開発促進につながる情報を提供することで、ビジネス展開の一助していただけることを目的としています。
【鳶島 真一/群馬大学】
※バッテリー技術シンポジウムE5セッションと同じものです。
13:05~13:55
L3
ランチセッション
SiCパワーデバイスの最新技術動向        スポンサー:  ロームロゴ  ローム株式会社別ウィンドウ
SiC MOSFETアレイによる高電圧半導体スイッチモジュール、およびSiC高電圧パルス発生器の回路動作原理・応用事例についてご講演いただきます。
また、高耐圧・大電流化が進むロームの最新SiC製品・開発動向もご紹介します。
1
採用が進む ロームの最新SiCデバイス
中村 孝
ローム(株) 研究開発部 部長
2
SiC高電圧パルス発生器の原理と応用
古久保 雄二
福島SiC応用技研(株) 代表取締役社長
14:15~17:00
E6
車輌用蓄電池システムの新展開
金村 聖志
首都大学東京 大学院 都市環境科学研究科 教授
1
12Vエンジン始動用リチウムイオンバッテリー
  • バッテリーの軽量化
  • 鉛フリーバッテリー
  • スタート & ストップ対応
田渕 徹
(株)GSユアサ リチウムイオン電池事業部 企画本部 課長
2
EV充電システムの動向
  • EV充電システムの概要
  • 充電インフラの概要
  • 充電の課題と対応
小林 純一
日産自動車(株) 第一EV技術開発本部 EVシステム開発部 部長
3
鉄道車両用蓄電システム
  • 架線下を走る電車への蓄電システム搭載
  • 車載蓄電による多電源回生と非電化線走行
  • 蓄電搭載形鉄道車両の国内外動向と展開
小笠 正道
(公財)鉄道総合技術研究所 車両制御技術研究部・主管研究員
 移動体用電池の開発が活発に行われています。電気自動車用、ハブリッド自動車用、アイドリングストップ用、鉄道車両用、船舶用と幅広く蓄電池が利用されようとしています。
 運輸業における省エネルギーは大変重要であります。また、自動車用電池の大きな流れとして電圧が12Vから48Vになる可能性があります。本セッションでは、自動車を取り巻く蓄電池の現状や動向を分かりやすく解説して頂きます。加えて、鉄道車両に関してもご講演を頂きます。
 これらのご発表を聴講いただければ、今後開発していくべき蓄電池の姿を考えて頂く良い機会になると思います。
【金村 聖志/首都大学東京】
※バッテリー技術シンポジウムE6セッションと同じものです。

このページの先頭へ