幕張メッセアクセス

※下記プログラムは2015年3月9日現在のプログラムです。
 プログラム内容(スピーカ、コーディネータ、発表テーマ、内容等)が変更になる事がありますので予めご了承ください。

5月20日(水) 10:00 - 12:45 E1 高性能蓄電池の最新動向 ~市場動向~
14:15 - 17:00 E2 高性能蓄電池の最新動向 ~技術動向~
5月21日(木) 10:00 - 12:45 E3 新電池のトピックス
13:05 - 13:55 L2 最新の大電力ワイヤレス電力伝送技術(スポンサー:株式会社ダイヘン)
14:15 - 17:00 E4 定置型電池の最新動向
5月22日(金) 10:00 - 12:45 E5 xEVシステムの最前線
13:05 - 13:55 L3 SiCパワーデバイスの最新技術動向(スポンサー:ローム株式会社)
14:15 - 17:00 E6 車輌用蓄電池システムの新展開
※当日会場での録音、写真、ビデオ撮影などは一切ご遠慮ください。
 コーディネータ   スピーカ  (敬称略)
5月20日(水)
10:00~12:45
E1
高性能蓄電池の最新動向 ~市場動向~
永峰 政幸
ソニー(株) 先端マテリアル研究所 バッテリー開発部 チーフマテリアルリサーチャー
1
LIBの最新市場動向
  • モバイル機器用LIB市場の最新状況
  • 車載用LIB市場の第二世代製品への変化、競争環境の変化
  • 蓄電用LIB市場の成立要件と可能性
竹下 秀夫
(株)B3 代表取締役社長
2
xEVの市場展望と電池業界の課題
  • xEVの市場動向
  • xEVの市場展望 ~多様化するxEV市場~
  • xEV用電池市場の展望と課題
風間 智英
(株)野村総合研究所 グローバル製造業コンサルティング部 グループマネージャー 上席コンサルタント
3
リチウムイオン蓄電池の普及に向けて
  • 蓄電池の活用分野と製品
  • 蓄電池の普及のための施策
  • 補助金制度の概要
和氣 政広
(一社)環境共創イニシアチブ 審査第三グループ グループ長
 リチウムイオン電池が商品化されて24年。その用途は携帯家電、IT機器から、電動工具、自動車、蓄電へと広がり、出現し始めたウェアラブル機器用の電源としても期待されています。このセッションでは、この業界を継続的に観察し続けてきた講師が、電池搭載商品の市場動向を踏まえて電池や材料などの技術や今後の展開を多角的に分析し、わかりやすく解説します。高性能電池の最新の話題から、課題、将来展望まで、関連業界の動きと共に把握することができます。
【永峰 政幸/ソニー】
14:15~17:00
E2
高性能蓄電池の最新動向 ~技術動向~
小林 弘典
国立研究開発法人産業技術総合研究所 ユビキタスエネルギー研究部門 総括研究主幹
1
特許から見た次世代二次電池の技術動向
  • 次世代二次電池に関する特許出願動向
  • 次世代二次電池に関する論文発表動向
  • 次世代二次電池に関する各国政策動向
井原 純
特許庁 審査第三部 金属電気化学 先任上席審査官
2
高性能蓄電池に関する日韓の取り組みと技術動向
  • リチウムイオン電池と次世代革新電池への取組み
  • 車載用電池の技術動向と今後の展望
  • 電池立国実現のための基礎研究と産業競争力の向上
佐藤 登
名古屋大学 グリーンモビリティ連携研究センター 客員教授/エスペック(株) 上席顧問
3
車載用蓄電池の最新技術動向
  • 電動車両の種類と開発状況
  • 車載用蓄電池の種類と特徴
  • 革新型蓄電池の開発状況
小林 弘典
国立研究開発法人産業技術総合研究所 ユビキタスエネルギー研究部門・総括研究主幹
 電気自動車のさらなる普及のためには航続距離の延長が重要な課題になります。この課題解決のためには蓄電池のさらなる高エネルギー密度化が必須となります。また、車載用蓄電池の分野での日本の高い国際競争力を維持するためには常に先進的な技術を他国に先行して投入する必要があります。
 本セッションでは、現在のLIBから将来の革新型蓄電池に至る車載用蓄電池の技術開発動向並びに特許庁により公開された国内外の特許及び文献調査に基づく革新型蓄電池の最新の技術動向について紹介して頂きます。
 また、車載用LIBの分野でも成長が著しい韓国メーカーと日本メーカーとの技術動向の違いについても紹介して頂きます。これらの講演から、今後の高性能蓄電池の技術開発をする上での明確な展望が得られます。
【小林 弘典/産業技術総合研究所】
5月21日(木)
10:00~12:45
E3
新電池のトピックス
岡田 重人
九州大学 先導物質化学研究所 教授
1
ポストリチウムイオン電池
  • 高エネルギー密度タイプ(非水系)
  • 高エネルギー密度タイプ(水系)
安部 武志
京都大学大学院 工学研究科 物質エネルギー化学専攻 教授
2
非常用マグネシウム空気電池の開発について
  • マグネシウム空気電池について
  • 非常用マグネシウム空気電池“MgBox”について
阿部 英俊
古河電池(株) 技術開発本部 開発統括部 研究部長
3
固体内酸素の関わる電極反応と新しい電池
  • トポタクティックな酸素脱挿入反応を利用した酸素ロッキング電池
  • 同一正極でLi,Na,Mgなど様々な負極が利用可能なデュアルイオン電池
  • 固体内酸素のレドックスを利用したリチウム過酸化物電池
日比野 光宏
東京大学大学院 工学系研究科 応用化学専攻・上席研究員
 「リチウムイオン電池の特性改善を指向した数多くの試行錯誤と平行して、NEDO RISINGや内閣府FIRSTプロジェクト等に代表される国家プロジェクトでも従来のリチウムイオン電池とは一線を画す全く新しい電池系の開発が地道に進められています。具体的にはMgなどの多価カチオン系や酸素アニオンのレドックスを利用し、大容量化をめざす動きです。最近学会だけでなく、マスコミ等でも取り上げられる機会の多い話題の新電池にフォーカスし、新しい電池反応の詳細とその開発指針、今後の研究展望について技術的なご紹介を頂きます。
【岡田 重人/九州大学】
13:05~13:55
L2
ランチセッション
最新の大電力ワイヤレス電力伝送技術        スポンサー:  ダイヘンロゴ  株式会社ダイヘン別ウィンドウ
鶴田 義範
(株)ダイヘン 技術開発本部 高周波応用技術開発部 部長
1
AGV向け大電力ワイヤレス充電システム(85kHz)の紹介
2
13.56MHz帯における大電力ワイヤレス電源と伝送に関する基本技術
3
走行中給電技術(平行2線方式による)
4
ワイヤレス給電状態のリアルタイム計測器(Viφ)とその活用方法についての紹介
大電力ワイヤレス伝送に関する基本技術から走行中給電への応用について解説いたします。また、給電中のインピーダンスと電力をリアルタイムに測定可能にしたViφセンサについても、ご紹介させていただきます。
14:15~17:00
E4
定置型電池の最新動向
上田 篤司
日立マクセル(株) 開発本部 技術開発部 部長
1
高安全な大型リチウム電池の商品化
  • リチウムイオン電池を取り巻く環境と安全性のニーズ
  • リチウムイオン電池の安全性メカニズム
  • 実験的手法による安全性メカニズムの検証
河上 清源
エリーパワー(株) 取締役常務執行役員
2
新しい蓄電システム
  • 鉛電池とLi-ion電池からなる融合電池システム「バインド電池」
  • 鉛電池とLi-ion電池からなる融合電池システム Beyond Li-ion technology「シャトル電池」
塚本 壽
CONNEXX SYSTEMS(株) 代表取締役
3
再生可能エネルギーの導入に貢献する日立の蓄電システムソリューション
  • 蓄電システムの市場動向
  • 蓄電システムとそのコンポーネント
  • 具体事例紹介
和知 功
(株)日立製作所 エネルギーソリューション社 ソリューションシステム事業部
ソリューションシステム本部 プロジェクト推進部
 蓄電池システムを利用したスマートエネルギーシステムは、実証から産業へのステップに移行しつつあります。
 その普及への階段を着実に上るために、その重要技術であるリチウムイオン電池の技術及びアプリケーションに応じた制御技術の進歩が不可欠です。そこで、本セッションでは、定置型用途に焦点を当てたリチウムイオン電池の最新の技術動向を取り上げました。異なるアプリケーションに対するリチウムイオン電池を用いた定置型蓄電システムの特徴と今後の開発動向を紹介して頂きます。
【上田 篤司/日立マクセル】
5月22日(金)
10:00~12:45
E5
xEVシステムの最前線
鳶島 真一
群馬大学 理工学部 環境創生理工学科 教授
1
電気二重層キャパシタを用いた減速エネルギ回生システムの開発
  • マツダ減速エネルギ回生システム『i-ELOOP』の紹介
  • 『 i-ELOOP』の燃費改善のメカニズム
  • 今後の蓄電デバイス動向
高橋 達朗
マツダ(株) パワートレイン開発本部 主査
2
FCV技術への取り組み
  • 環境およびエネルギーの課題
  • 循環型社会にむけた取組み
  • FCV実用化にむけた取組み
齊藤 信広
(株)本田技術研究所 四輪R&Dセンター 第5技術開発室
3
PHEVシステム開発と電池課題への取り組み
  • PHEVシステムの狙い
  • PHEVで広がる電池の使い方
  • 電池材料の変化と出力特性への影響
蒲地 誠
三菱自動車工業(株) 開発本部 EV・パワートレインシステム技術部 主任
山浦 潔
三菱自動車工業(株) 開発本部 EV要素研究部 エキスパート
 自動車用各種蓄電デバイスは市場成長が期待されています。
 本セッションでは、3社より講師の方をお招きし、電気二重層キャパシタ、燃料電池および蓄電池と自動車に関して最新の研究開発状況を説明して頂き、聴講者の皆様に今後の蓄電デバイスの開発促進につながる情報を提供することで、ビジネス展開の一助していただけることを目的としています。
【鳶島 真一/群馬大学】
※カーエレクトロニクス技術シンポジウムE5セッションと同じものです。
13:05~13:55
L3
ランチセッション
SiCパワーデバイスの最新技術動向        スポンサー:  ロームロゴ  ローム株式会社別ウィンドウ
SiC MOSFETアレイによる高電圧半導体スイッチモジュール、およびSiC高電圧パルス発生器の回路動作原理・応用事例についてご講演いただきます。
また、高耐圧・大電流化が進むロームの最新SiC製品・開発動向もご紹介します。
1
採用が進む ロームの最新SiCデバイス
中村 孝
ローム(株) 研究開発部 部長
2
SiC高電圧パルス発生器の原理と応用
古久保 雄二
福島SiC応用技研(株) 代表取締役社長
14:15~17:00
E6
車輌用蓄電池システムの新展開
金村 聖志
首都大学東京 大学院 都市環境科学研究科 教授
1
12Vエンジン始動用リチウムイオンバッテリー
  • バッテリーの軽量化
  • 鉛フリーバッテリー
  • スタート & ストップ対応
田渕 徹
(株)GSユアサ リチウムイオン電池事業部 企画本部 課長
2
EV充電システムの動向
  • EV充電システムの概要
  • 充電インフラの概要
  • 充電の課題と対応
小林 純一
日産自動車(株) 第一EV技術開発本部 EVシステム開発部 部長
3
鉄道車両用蓄電システム
  • 架線下を走る電車への蓄電システム搭載
  • 車載蓄電による多電源回生と非電化線走行
  • 蓄電搭載形鉄道車両の国内外動向と展開
小笠 正道
(公財)鉄道総合技術研究所 車両制御技術研究部・主管研究員
 移動体用電池の開発が活発に行われています。電気自動車用、ハブリッド自動車用、アイドリングストップ用、鉄道車両用、船舶用と幅広く蓄電池が利用されようとしています。
 運輸業における省エネルギーは大変重要であります。また、自動車用電池の大きな流れとして電圧が12Vから48Vになる可能性があります。本セッションでは、自動車を取り巻く蓄電池の現状や動向を分かりやすく解説して頂きます。加えて、鉄道車両に関してもご講演を頂きます。
 これらのご発表を聴講いただければ、今後開発していくべき蓄電池の姿を考えて頂く良い機会になると思います。
【金村 聖志/首都大学東京】
※カーエレクトロニクス技術シンポジウムE6セッションと同じものです。

このページの先頭へ