電子・機構部品の最先端がみえるアジア最大級の専門展示会&シンポジウム

テクノフロンティア技術シンポジウムロゴ テクノフロンティア2014
東京ビッグサイトアクセス
※下記プログラムは2014年4月18日現在のプログラムです。
 プログラム内容(スピーカ、コーディネータ、発表テーマ、内容等)が変更になる事がありますので予めご了承ください。
7月23日(水) 09:30 - 12:10 D1 新エネルギーに挑む最新電源技術
14:10 - 16:50 D2 超小型・高効率を実現するソフトスイッチング技術
7月24日(木) 09:30 - 12:10 D3 次世代自動車用電源システムの最前線
12:40 - 13:30 L2 SiCパワーデバイスの最新技術動向 (スポンサー:ローム株式会社)
14:10 - 16:50 D4 新世代の直流給電システム
7月25日(金) 09:30 - 12:10 D5 最先端技術を支える新パワーデバイスとその応用
14:10 - 16:50 D6 新しい産業をリードするワイヤレス給電技術
※当日会場での録音、写真、ビデオ撮影などは一切ご遠慮ください。
 コーディネータ   スピーカ  (敬称略)
7月23日(水)
09:30~12:10
D1 新エネルギーに挑む最新電源技術
前山 繁隆
TDKラムダ(株) 取締役 チーフ・テクノロジー・オフィサー
1 高効率双方向DC/DCコンバータとマルチソース給電システム
  • マルチソース給電システム概要
  • 双方向DC/DCコンバータ適用事例
永野 史弥
サンケン電気(株) 技術本部 PS事業部 開発部 開発グループ
2 新エネ用コンバータの現状と動向
  • 連系コンバータの現状と要求
  • 新型パワーデバイスによる高効率化
  • 新回路方式による高効率化
藤田 英明
東京工業大学 大学院 理工学研究科 電気電子工学専攻 准教授
3 太陽光発電用大容量PCS(パワーコンディショナ)の技術動向
  • 変換装置について
  • 系統連系制御技術について
  • 大規模プラントコントロールについて
川口 章
東芝三菱電機産業システム(株) パワーエレクトロニクスシステム事業部 PV事業推進室 室長
 地球温暖化防止は人類共通の課題であり、温室効果ガス削減に向けた新エネルギーの普及・拡大が進んでいます。同時にこの新エネルギーを効率良く利用するためのインフラやシステムの構築が課題になっています。新エネルギーのひとつである太陽エネルギーでは、太陽電池から得られた直流電力をいかに効率良く電力インフラや電源システムに連系するかが重要課題になります。
 本セッションでは太陽光発電のパワーコンディショナやマルチソース給電システムにおいて、キーとなるパワー変換・系統連系・高効率化の最新技術を紹介します。

【前山 繁隆/TDKラムダ】

14:10~16:50
D2 超小型・高効率を実現するソフトスイッチング技術
矢野 康司
TDKラムダ(株) 技術統括部 技術開発部 チーフエンジニア
1 高効率・伝導冷却可能・小型AC/DCコンバータの実現技術
  • 高効率化の実現技術
  • 小型化の実現技術
  • 今後の展望
熊田 泉実
コーセル(株) US開発部 US開発一課 グループリーダー
2 kW級ソフトスイッチング双方向DC/DCコンバータ
  • 回路方式の紹介とシステムの紹介
  • 8kWにおける双方向DC/DCコンバータの紹介
  • 3kWにおける双方向DC/DCコンバータの紹介
長井 真一郎
ポニー電機(株) 専務取締役
3 小型・高効率電源 実現技術
  • PFCコンバータの出力電圧アクティブ制御技術
  • DC/DCコンバータのスイッチング損失有効活用技術
  • DC/DCコンバータの低電圧/大電流部位の損失低減技術
後藤 隆雄
(株)日立情報通信エンジニアリング ハードウェア製品設計部 技師
 電源の変換効率は回路、部品、実装の技術進歩により向上してきましたが、半導体部品の高性能化は電源にとって高効率をもたらすものの、その高速性能が高周波ノイズを増加させる弊害を生み出しています。そこで高効率化、低ノイズ化の両者を達成する手段としてソフトスイッチング技術が有効な手段となります。本セッションではソフトスイッチング技術を用いた高効率コンバータの実施例として、AC/DC電源2件と双方向コンバータ1件を講演していただきます。
 高効率化の課題、対策および技術トレンドがつまった講演となっており、聴講される皆様には今後のコンバータ開発に大いに参考になるものと考えます。

【矢野 康司/TDKラムダ】

7月24日(木)
09:30~12:10
D3 次世代自動車用電源システムの最前線
上野 政則
(株)本田技術研究所 汎用R&Dセンター 第8開発室 電装機能システムブロック 主任研究員
1 自動車の電源活用の現状と課題
  • 電動車両普及の概況
  • 電動車両の電源活用のユースケース
  • 電動車両の電源活用の現状と課題
山本 恵一
(株)本田技術研究所 四輪R&Dセンター 第5技術開発室 主任研究員
2 車載用バッテリー充電システムの先端技術
  • 車載充電器の特徴
  • 車載充電器の機能
  • 車載充電システムの今後の方向性
芳賀 浩之
新電元工業(株) 電装事業本部 電装事業部 第三設計部 チャージャー設計課 主席技師
3 V2H電力供給における電源システムの最新技術
  • V2H電力供給における課題
  • ニチコンのV2Hシステムの紹介
  • V2Hが活躍する社会を目指して
古矢 勝彦
ニチコン(株) 執行役員 NECST事業本部 技師長
 電動車両が次世代環境車として注目されていますが、EV/PHV/FCVの普及は中々進んでいないのが現状です。そのような中、充電インフラの普及が急速に進み、V2H(Vehicle to Home)などこれらの電動車両の新たな活用方法の規格化や実用化が国内外で始まっています。
 本講演では、まず初めに次世代環境車に求められる電源システム活用の現状を整理しその課題について報告します。続いて、大きな市場を獲得するEV・PHVに必須技術である車載用バッテリ充電器の機能や特徴と充電システムの先端技術について報告します。最後に次世代自動車の新たな役割として期待されているV2Hシステムについて最新技術とその課題について報告します。

【上野 政則/本田技術研究所】

※カーエレクトロニクス技術シンポジウムD3セッションと同じものです。
12:40~13:30
L2 ランチセッション
SiCパワーデバイスの最新技術動向        スポンサー:  ロームロゴ  ローム株式会社別ウィンドウ
SiCパワーデバイスの開発動向
木本 恒暢
京都大学 工学研究科 電子工学専攻 教授
高耐圧アプリケーションへの採用が進む ロームの最新SiCデバイス
伊野 和英
ローム(株) パワーデバイス製造部 部長

14:10~16:50
D4 新世代の直流給電システム
財津 俊行
日本テキサス・インスツルメンツ(株) 営業・技術本部 マーケティング部 パワーテクノロジスト
マネージャ
1 スマート社会における直流給電システム
  • 日本での交直論争
  • スマート社会での直流給電
  • データセンターの直流給電
武田 隆
(株)NTTファシリティーズ 研究開発本部 パワーシステム部門 主任研究員
電源システムグループリーダー
2 自動車用直流48V/12VマルチフェーズDC/DCコンバータの最適設計
  • 自動車用48V系電源の概要と現状の開発状況
  • 48V/12VマルチフェーズDC/DCコンバータの最適相数
  • 48V/12VマルチフェーズDC/DCコンバータのSiC・GaN適用による小型軽量化
山本 真義
島根大学 大学院 総合理工学研究科 准教授
3 人工衛星における高信頼電源システム
  • 人工衛星用電源システムの概要
  • 電力制御器開発状況
  • 電力制御器の今後の展望
艸分 宏昌
(独)宇宙航空研究開発機構 研究開発本部 電源グループ グループ長
 電力システムの高効率化において、データセンターの直流給電化と自動車の48V(42V)/12Vの2電源化はホットな話題です。前者はACとDC間の変換回数を削減し、高電圧から一気に12Vを作ります。後者は、大電力を必要とするモータ、メカニカル系のために敢えて48V(42V)系の双方向DC-DCを持つことで、高効率・軽量化を狙っています。また、共に太陽電池やバッテリも活用し、エネルギー効率の向上を目指しています。その意味で、人工衛星用電源システムは太陽電池、バッテリを活用し、限られたエネルギーを最大限に活用する電源システムとしては先輩格に当たり、常に進化し続けています。これらの3つの電源システムに用いられている様々な電源技術をご講演して頂きます。大電力から家電、ポータブルの小電力まで幅広い分野で高効率化のヒントがそこにあると思います。

【財津 俊行/日本テキサス・インスツルメンツ】

7月25日(金)
09:30~12:10
D5 最先端技術を支える新パワーデバイスとその応用
伊東 淳一
長岡技術科学大学 電気系 准教授
1 SiC、GaN半導体関連技術の現状と将来
  • ワイドギャップ半導体材料
  • ワイドギャップ半導体スイッチングデバイス
  • 次世代パワーエレクトロニクスへの応用
奥村 元
(独)産業技術総合研究所 先進パワーエレクトロニクス研究センター 研究センター長
2 SiC・GaNデバイスインバータの設計法と次世代型回転機への応用事例
  • 三相フルSiCインバータの誤オンメカニズム
  • 安定化動作を実現するSiC・GaNモジュールの設計手法
  • SiCデバイスのSRモータへの応用事例
山本 真義
島根大学 大学院 総合理工学研究科 准教授
3 鉄基アモルファス合金"リカロイTM"を用いたリアクトルによる電源の小型・高効率化
  • リカロイの特徴
  • SiCデバイスを用いた電源への適用事例
  • ソフトスイッチング回路への適用事例
内藤 豊
アルプス・グリーンデバイス(株) 第2技術部 要素技術開発グループ
 SiCやGaNなどのワイドバンドギャップ半導体の開発が進んでおり、スイッチング素子は従来のシリコン(Si)からワイドバンドギャップ半導体の時代が本格的にきつつあります。また、スイッチング周波数の高周波化がすすみ、磁性材料にも新しい動きがあります。本セッションではSiCやGaNなどスイッチング素子および新磁性材料などの新パワーデバイスの最新技術と、モータ駆動回路や電源回路などへ応用した具体的な適用例、動作、注意点などを紹介します。

【伊東 淳一/長岡技術科学大学】

14:10~16:50
D6 新しい産業をリードするワイヤレス給電技術
庄山 正仁
九州大学 大学院 システム情報科学研究院 電気システム工学部門 教授
1 実用化が進むワイヤレス給電 ~民生機器の最前線~
  • Qi(4-)規格について
  • 民生機器向けワイヤレス給電方式 課題と解決
  • ワイヤレス給電今後の展望
内本 大介
ローム(株) LSI商品開発本部 パワーソリューションチーム 非接触給電グループ
グループリーダー
2 電気自動車用非接触給電の開発と展望
  • 非接触給電の用途と特徴
  • 非接触給電の理論
  • 電気自動車用非接触給電の課題と開発状況
阿部 茂
元 埼玉大学 教授
3 送受電切替可能な直流共鳴方式ワイヤレス給電とMHz級実験
  • ワイヤレス給電の動向と直流共鳴方式の強み
  • 鏡面対称構成による新しい技術機能と新産業への展開
  • 実証デモと6.78MHz実験(全電力効率70.6%、給電43.8W)
細谷 達也
(株)村田製作所 技術・事業開発本部 上級研究員 / 同志社大学 大学院 客員教授
 2007年のMITの公開実験によって火がついたワイヤレス給電技術は、今までの約7年間に研究や実用化の面で多種多様な進展があり、現在においても将来の生活様式を大きく変える技術として目が離せません。本セッションでは、新しい産業をリードするワイヤレス給電技術と題し、3名の講師の方々に、それぞれ、モバイル機器への給電、電気自動車への給電、直流共鳴方式無線給電について、標準化動向を含めた国内外の最新の研究開発状況を紹介して頂きます。

【庄山 正仁/九州大学】

このページの先頭へ