電子・機構部品の最先端がみえるアジア最大級の専門展示会&シンポジウム

テクノフロンティア技術シンポジウムロゴ テクノフロンティア2014
東京ビッグサイトアクセス
※下記プログラムは2014年4月18日現在のプログラムです。
 プログラム内容(スピーカ、コーディネータ、発表テーマ、内容等)が変更になる事がありますので予めご了承ください。
7月23日(水) 14:10 - 16:50 H2 エネルギー・ハーベスティングの最新技術動向と市場展望及び先進事例
7月24日(木) 09:30 - 12:10 H3 環境振動を用いたエネルギー・ハーベスティング・デバイスの開発と
実用化
12:40 - 13:30 L2 SiCパワーデバイスの最新技術動向 (スポンサー:ローム株式会社)
14:10 - 16:50 H4 熱発電によるエネルギー・ハーベスティングの設計事例と
電力マネジメント
7月25日(金) 09:30 - 12:10 H5 エネルギー・ハーベスティングの自動車適用の可能性と検討事例
※当日会場での録音、写真、ビデオ撮影などは一切ご遠慮ください。
 コーディネータ   スピーカ  (敬称略)
7月23日(水)
14:10~16:50
H2 エネルギー・ハーベスティングの最新技術動向と市場展望及び先進事例
板垣 一美
EnOcean Alliance アジア担当 副会長
1 エネルギー・ハーベスティングの最新技術動向と市場展望
  • エネルギー・ハーベスティング(EH)の新技術紹介
  • モノのインターネット、トリリオンセンサとEH市場拡大への期待
  • EH普及に向けた課題
竹内 敬治
(株)NTTデータ経営研究所 社会・環境戦略コンサルティング本部 シニアスペシャリスト
2 グリーンセンサネットワークプロジェクト(GSNプロジェクト)
  • GSNプロジェクトの概要
  • エネルギー・ハーベスティング自立電源の開発
  • 自立電源駆動GSN端末の開発と実証について
奥 良彰
技術研究組合NMEMS技術研究機構 主任研究員/
ローム(株) 研究開発本部 デバイスソリューション研究開発ユニット センサネットワーク要素研究開発チーム チームリーダー
3 エネルギー・ハーベスティング活用 M2Mシステムの先進事例
  • エネルギー・ハーベスタへの要求仕様
  • エネルギー・ハーベスティング活用センサネット応用事例
  • 今後の展望と課題
木下 泰三
(株)日立製作所 情報・通信システム社 通信ネットワーク事業部 事業主管
 近年、エネルギー・ハーベスティング(EH)に関する注目が高くなっていますが、普及にはいくつかの克服すべきハードルがあります。本セッションではEHに関する技術・市場展望に関する最新状況と実用化・事業化・普及に向けた課題について解説致します。また、革新的な自律電源駆動のグリーンセンサを搭載したセンサネットワークの実証実験、社会インフラなど構造物のヘルスモニタリング及び産業・交通分野の保全メンテナンスなどのワイヤレスM2MシステムにEHを活用した先進事例などの紹介により、EHにご関心のある研究者やビジネスを考えられている方々にはEHソリューションの最新状況が習得できる有益な機会です。

【板垣 一美/EnOcean Alliance】

7月24日(木)
09:30~12:10
H3 環境振動を用いたエネルギー・ハーベスティング・デバイスの開発と実用化
鈴木 雄二
東京大学 大学院 工学系研究科 機械工学専攻 教授
1 エレクトレット振動発電とその応用例
  • エレクトレット振動発電デバイスおよびその出力特性にマッチした電源回路
  • 無線センサモジュールの研究状況
  • 振動発電および無線センサの応用例ご紹介
積 知範
オムロン(株) マイクロデバイス事業推進本部
2 ワイドバンド振動発電による設備振動の利用例
  • 建物を取り巻く環境振動
  • ランダム振動にマッチしたデバイスの開発
  • 実証試験・利用例
井上 竜太
(株)竹中工務店 技術研究所 主任研究員
3 Enabling "Internet of Things" using Energy Harvesting
  • piezoelectric MEMS vibrational energy harvesting
  • Connected Vehicle applications
  • Smart Industrial and Building applications
Robert G.Andosca
MicroGen Systems, Inc. Co-founder, President and CEO
(同時通訳有)
 エネルギー・ハーベスティングのなかで、機械振動からの発電は応用分野が広いと考えられ、最も注目されている技術の1つです。本セッションでは、実用化を間近に控えた振動発電技術として、エレクトレット発電、電磁誘導発電、圧電発電の産業界での代表的な取り組みについて、技術的な特長と今後の展望をお話し頂きます。本セッションは、振動発電の全体像を把握し、振動発電の最先端技術とその応用展開の知識が得られる絶好の機会です。

【鈴木 雄二/東京大学】

12:40~13:30
L2 ランチセッション
SiCパワーデバイスの最新技術動向        スポンサー:  ロームロゴ  ローム株式会社別ウィンドウ  
SiCパワーデバイスの開発動向
木本 恒暢
京都大学 工学研究科 電子工学専攻 教授
高耐圧アプリケーションへの採用が進む ロームの最新SiCデバイス
伊野 和英
ローム(株) パワーデバイス製造部 部長

SiCパワーデバイスの世界における動向、GaNデバイスの進展についても、第一線で研究されている京都大学 木本先生にご講演頂きます。
また、高耐圧・大電流化が進むロームの最新SiC製品もご紹介いたします。
14:10~16:50
H4 熱発電によるエネルギー・ハーベスティングの設計事例と電力マネジメント
八馬 弘邦
(株)KELK 取締役 熱電発電事業推進室長
1 Innovative thermal energy harvesting for future autonomous applications
  • Innovative thermal energy harvesters based on electrostatic transduction
  • Innovative thermal energy harvesters based on piezoelectric transduction
  • Application to Wireless Sensors Nodes
Stephane Monfray
STMicroelectronics Advanced Devices Research Group 
(同時通訳有)
2 エネルギー・ハーベスティングを志向した有機熱電変換材料
  • 有機熱電変換材料の特長とこれまでの研究経緯
  • 有機熱電変換材料の開発コンセプト
  • 有機熱電変換材料の高性能化の取り組み
青合 利明
富士フイルム(株) フェロー
3 エネルギー・ハーベスティング電源のための薄膜全固体電池
  • 薄膜全固体電池とは
  • エネルギー・ハーベスティングシステムへの応用
  • マイクロバッテリの技術動向と課題
岡田 光司
Cymbet Corporation Technical Marketing-Japan Director
4 電波エネルギー回収を用いたシステムの御紹介
  • エナジーハーベスティング・システムの主な課題と対策技術
  • エナジーハーベスティングを用いた設計事例 
    -電波・熱エネルギーを用いたマイコンシステム -環境電波エネルギー回収システム
野瀬 浩一
ルネサス エレクトロニクス(株) インキュベーションセンター 機能システム開発部 課長
 エネルギー・ハーベスティングにおいて電池や電源ラインを不要にするために、環境の微小なエネルギーを変換・蓄積する、発電・蓄電デバイスは不可欠な技術です。したがって、その特性・効率やコスト・サイズなどはシステム全体の設計の基点となります。
 本セッションでは、低温の熱を用いて発電するデバイス、蓄電デバイスに焦点をあて、4つの技術の開発状況について原理や機能を丁寧に解説し、課題を明らかにすると共に、それらを用いた設計事例を紹介します。参加者の皆さんには、これらの事例を参考にそれぞれのデバイスの特性を理解されることで、より適切な設計ができる知見を得て頂きたいと思っています。

【八馬 弘邦/KELK】

7月25日(金)
09:30~12:10
H5 エネルギー・ハーベスティングの自動車適用の可能性と検討事例
外村 博史
ボルボ アドバンスドテクノロジー&リサーチ 産官学連携 日本代表
1 タイヤセンサ向けエレクトレット振動発電器
  • タイヤセンサに求められる特性
  • 発電器の構造とインパクト振動利用
  • タイヤ装着時の発電出力特性
内藤 康幸
パナソニック(株) R&D本部 先端技術研究所 ナノテク領域研究グループ 主幹研究員
2 e-mobilityから見たエネルギー・ハーベスティング技術の可能性
  • 現在のe-mobilityが抱える課題
  • エネルギー・ハーベスティング技術は適用の可能性があるのか
和田 憲一郎
エレクトリフィケーション コンサルティング 代表
3 自動車内におけるワイヤレスセンサ・ネットワーク ―そのニーズと課題―
  • 車内におけるワイヤレスセンサ・ネットワークのニーズ
  • 車内無線通信の課題と解決手法
  • 自立電源のニーズと課題
江口 強
(株)本田技術研究所 四輪R&Dセンター 第8技術開発室 第2ブロック 主任研究員
 将来の有望市場である自動車向けのエネルギー・ハーベスティング技術について、いま何が検討され将来どのような可能性があるか、高い関心が集まっています。
 本セッションでは、①タイヤ空気圧センサへの適用検討を紹介し、自動車の厳しい要求へ適合させるための課題を含めて専門家が現状を整理し、②電気自動車やハイブリッドとエネルギー・ハーベスティングの相乗効果による進化の可能性を元電気自動車の開発リーダーが考察し、③車内のセンサネットワークへの適用で重量軽減や原価低減できる可能性を探り、自動車メーカーの研究者がありたい姿を紹介します。
 自動車分野の最新事例を通して、個々の技術のみでなく、全体の流れを把握できるチャンスです。

【外村 博史/ボルボ】

※カーエレクトロニクス技術シンポジウムH5セッションと同じものです。

このページの先頭へ