電子・機構部品の最先端がみえるアジア最大級の専門展示会&シンポジウム

テクノフロンティア技術シンポジウムロゴ テクノフロンティア2014
東京ビッグサイトアクセス

※下記プログラムは2014年4月18日現在のプログラムです。
 プログラム内容(スピーカ、コーディネータ、発表テーマ、内容等)が変更になる事がありますので予めご了承ください。

7月23日(水) 09:30 - 12:10 A1 磁気回路設計の基礎から最適設計技術
14:10 - 16:50 A2 自動車用磁気利用センサ技術
7月24日(木) 09:30 - 12:10 A3 新しい磁石材料と新しい使われ方
12:40 - 13:30 L2 SiCパワーデバイスの最新技術動向 (スポンサー:ローム株式会社)
14:10 - 16:50 A4 高効率モータに向けた軟磁性材料の基礎と応用
7月25日(金) 09:30 - 12:10 A5 大電力ワイヤレス電力伝送
14:10 - 16:50 A6 New磁気アクチュエータ
※当日会場での録音、写真、ビデオ撮影などは一切ご遠慮ください。
 コーディネータ   スピーカ  (敬称略)
7月23日(水)
09:30~12:10
A1 磁気回路設計の基礎から最適設計技術
河瀬 順洋
岐阜大学 工学部 電気電子・情報工学科 教授
1 磁気回路法による最適設計と損失算定
  • 磁気回路法の基礎
  • 回転機の高速最適設計手法
  • ヒステリシスまで考慮した鉄損の高精度算定手法
中村 健二
東北大学 大学院 工学研究科 電気エネルギーシステム専攻 准教授
2 電磁界解析と応力解析の連携最適設計法と応用事例
  • 電磁界-応力連携解析法
  • 実用的な形状最適化手法
  • 広範囲可変速IPMモータへの応用事例と実機検証
山崎 克巳
千葉工業大学 工学部 電気電子情報工学科 教授
3 磁気回路寸法最適化の考え方と応用例
  • 最適化の考え方
  • 事例のご紹介
西田 青示
(株)IDAJ インテグレーション技術事業部 インテグレーション技術部 リーダー
 磁気回路の最適設計のための方法は種々ありますが、本セッションでは、まず簡単な磁気回路法を用いた基礎的な考え方から高速最適設計の方法と鉄損の高精度算定手法、有限要素法による磁界解析と応力解析を連携させて実用的な形状最適化手法とその実機試作検証を行った事例、さらに磁石寸法等の最適値を自動的に求める方法の考え方、ならびにそれらを用いた応用事例を、初心者からベテラン技術者までの幅広い技術者のためにわかりやすく解説していただきます。

【河瀬 順洋/岐阜大学】

14:10~16:50
A2 自動車用磁気利用センサ技術
御子柴 孝
(株)スマートセンサーテクノロジー 代表取締役
1 自動車用磁気利用センサの現状と動向
  • 自動車用磁気利用センサの役割
  • 自動車用磁気利用センサの使用例
  • 自動車用磁気利用センサの今後の展望
山寺 秀哉
(株)豊田中央研究所 システム・エレクトロニクス3部 デバイス実装研究室 主任研究員
2 ホールデバイスの車載電流センサ応用への取組み
  • ホールデバイスの車載活用例
  • 電流センサに求められる特性
  • コアレス電流センサの動向
高塚 俊徳
旭化成エレクトロニクス(株) センシング事業部 磁気センサー応用技術部 開発統括課長
3 MIセンサと自動車応用への取組み
  • MIセンサの基礎
  • スマートフォン用電子コンバスへの応用
  • 自動車用センサへの取組み
青山 均
愛知製鋼(株) 電磁品開発部 部長
 近年、自動車システムの高度化に伴い、自動車制御におけるセンシング技術の重要性が大きくなっています。各種センサの中でも、耐環境性に優れる磁気利用センサは極めて多彩であり、その役割や用途が重要となってきています。
 本セッションでは、①最近の自動車における各種磁気利用センサの最新動向ならびに、今後の展望について解説します。また、その中でも今回、②急速に需要が拡大している非接触による電流ホール磁気センサならびに、③新しく関心を持たれている超高感度MI磁気センサの自動車分野への取り組みや、最新動向について紹介します。

【御子柴 孝/スマートセンサーテクノロジー】

※カーエレクトロニクス技術シンポジウムA2セッションと同じものです。
7月24日(木)
09:30~12:10
A3 新しい磁石材料と新しい使われ方
土井 祐仁
信越化学工業(株) 磁性材料研究所 第二部開発室 室長
1 新規高性能磁石の可能性
  • 元素戦略的視点から見た新規永久磁石(バルク)物質が満たすべき諸条件
  • 種々の可能性の検討と各国の取り組み状況
  • 元素戦略磁性材料研究拠点の課題設定と最近のトピックス
広沢 哲
(独)物質・材料研究機構 元素戦略磁性材料研究拠点
2 DyフリーNd系異方性ボンド磁石と新規モータの提案
  • DyフリーNd系異方性ボンド磁石マグファインの紹介
  • 70%軽量化した小型DCモータ用圧縮成形マグファインの提案
  • DCBLモータ用ロータインライン生産が可能なマグファインの提案
松岡 浩
愛知製鋼(株) 電磁品本部 電磁品開発部 主査
3 部分拡散技術によるハイブリッド自動車用ジスプロシウム削減磁石の開発
  • 部分拡散技術のコンセプト
  • ジスプロシウム削減磁石の作製
  • 磁石特性及びモータ特性評価
東 孝之
(株)本田技術研究所 四輪R&Dセンター 第3技術開発室 第3ブロック 研究員
 高性能なNd磁石の用途がモータを含めさまざまな分野に展開していく中で、Nd磁石に添加される希少元素Dyの使用量削減が磁石メーカのみならずユーザ側でも検討されています。
 本セッションでは、先ず新しい磁石材料として、希少元素によらない新規磁石の可能性と研究状況についてご紹介いただきます。さらに新しい使われ方として、磁石メーカ側からDyフリーNd系異方性ボンド磁石の特長を活かしたモータをご提案いただき、磁石ユーザ側より部分拡散技術によるDy削減磁石を使用したHEV用モータをご紹介いただきます。
 磁石とモータに関わる方々が資源問題を乗り越え共に発展していくための有用な情報が得られると考えております。

【土井 祐仁/信越化学工業】

12:40~13:30
L2 ランチセッション
SiCパワーデバイスの最新技術動向        スポンサー:  ロームロゴ  ローム株式会社別ウィンドウ
SiCパワーデバイスの開発動向
木本 恒暢
京都大学 工学研究科 電子工学専攻 教授
高耐圧アプリケーションへの採用が進む ロームの最新SiCデバイス
伊野 和英
ローム(株) パワーデバイス製造部 部長

SiCパワーデバイスの世界における動向、GaNデバイスの進展についても、第一線で研究されている京都大学 木本先生にご講演頂きます。
また、高耐圧・大電流化が進むロームの最新SiC製品もご紹介いたします。
14:10~16:50
A4 高効率モータに向けた軟磁性材料の基礎と応用
藤﨑 敬介
豊田工業大学 大学院 工学研究科 教授
1 電磁鋼板の諸特性と最近の材料
  • 電磁鋼板の諸特性
  • モータ用電磁鋼板の高性能化
  • モータ使用時の電磁鋼板の特性変化
藤倉 昌浩
新日鐵住金(株) 八幡技術研究部 主幹研究員
2 アモルファス・ナノ結晶合金とその応用
  • アモルファス・ナノ結晶合金の磁気特性
  • 高効率モータへの応用
  • 変圧器および高周波用途への応用
中島 晋
日立金属(株) 高級金属カンパニー 軟磁性材料統括部 技術部長
3 鉄心の形状を考慮した磁気特性測定法の精度向上
  • 実機鉄心の磁気特性測定法
  • 実機鉄心の損失低減
  • モータ損失の低減例
今川 尊雄
(株)日立製作所 中央研究所 基礎研究部 主任研究員
 軟磁性材料はモータコアの素材として使用されており、そこで生じる損失(鉄損)の低減は、高効率モータの実現に向け必要不可欠な課題です。そこで本セッションでは軟磁性材料の基礎特性とそれを活かした応用について講演をしていただきます。まずモータコアとして幅広く使用されている電磁鋼板の諸特性と最近の材料開発について紹介していただき、次に将来の材料として期待されているアモルファス材料についてその磁気特性と応用について説明していただきます。最後にモータ応用時における磁気特性の測定技術について述べていただきます。これにより、高効率モータに向けた軟磁性材料の先端技術が習得できることを期待します。

【藤﨑 敬介/豊田工業大学】

7月25日(金)
09:30~12:10
A5 大電力ワイヤレス電力伝送
居村 岳広
東京大学 大学院 新領域創成科学研究科 先端エネルギー工学専攻 助教
1 フェライトの特長と使い方
  • フェライトとは
  • フェライトの長所と短所
  • 使用周波数帯域とその効果
岩谷 仁志
TDK-EPC(株) マグネティクスビジネスグループ トランス&フェライトビジネスユニット
フェライト技術部 Mn系コア技術課
2 非接触給電の鉄道車両への応用
  • 大容量非接触給電コイルの設計法
  • 大容量非接触給電用電力変換装置技術
  • 大容量非接触給電の鉄道車両駆動への応用
近藤 圭一郎
千葉大学 大学院 工学研究科 電気電子系コース 准教授
3 13.56MHzにおける高効率電力伝送
  • ダイヘンの会社概要とワイヤレス給電への取り組みについて
  • 磁気結合を利用したワイヤレス給電について
  • MHz帯での高効率電力伝送について
鶴田 義範
(株)ダイヘン 技術開発本部 高周波応用技術開発部 部長
 今年は、ワイヤレス電力伝送の大電力化について取り上げます。更に、周波数は、低周波から高周波まで網羅しております。具体的には、10kHz未満~13.56MHzと実用において最も注目されている範囲をターゲットにしております。①TDK-EPCの岩谷様より、フェライトのプロフェッショナルから見たワイヤレス電力伝送に適したフェライトの使用法についてお話しを頂きます。②千葉大学の近藤先生より、鉄道のプロフェッショナルから見たワイヤレス電力伝送の大電力化についての研究のお話しを頂きます。③ダイヘンの鶴田様より、高周波電源のプロフェッショナルから見た13.56MHzのワイヤレス電力伝送システムについてお話しを頂きます。是非この機会に、ワイヤレス給電技術の大電力化について幅広い知識を得て頂きたいと思います。

【居村 岳広/東京大学】

14:10~16:50
A6 New磁気アクチュエータ
一ノ倉 理
東北大学 大学院 工学研究科 教授
1 磁気ギア -磁気動力伝達および変速機構の原理、製品開発-
  • 非接触磁気動力伝達について
  • 高トルク密度磁気ギアの原理および製品開発
  • 製品適用時の具体的改善、検討事例
大橋 弘光
NEOMAXエンジニアリング(株) 応用機器部 主任技師
2 電磁型球面モータ -多自由度回転のための機構、制御と応用可能性-
  • 電磁型球面モータの機構
  • 多自由度回転のための制御回路と制御手法
  • 球面モータの応用性
五福 明夫
岡山大学 大学院 自然科学研究科 教授
3 磁気利用ワイヤレスアクチュエータ -産業応用から医療応用まで-
  • μ-TAS用小型ワイヤレスポンプ
  • 完全密閉型循環ポンプ
  • 人工補助心臓用ポンプ
石山 和志
東北大学 電気通信研究所 教授
 近年、磁性材料の性能向上と加工技術の進歩によって、磁気アクチュエータの高性能化が進むとともに、新しい発想に基づく磁気アクチュエータが登場しています。
 本セッションでは、①非接触で変速が可能な磁気ギアについて、原理と高トルク密度化のポイント、製品適用時の具体的改善策と製品化事例、②電磁型球面モータの機構と多自由度回転のための制御回路と制御手法、ならびに応用の可能性、③外部磁界を利用するワイヤレスポンプの原理と高吐出力化、ならびに応用事例について紹介して頂きます。
 これにより、聴講者は、磁気アクチュエータの高性能化と応用分野の拡大について有益なヒントを得ることができます。

【一ノ倉 理/東北大学】

このページの先頭へ