電子・機構部品の最先端がみえるアジア最大級の専門展示会&シンポジウム

テクノフロンティア技術シンポジウムロゴ テクノフロンティア2014
東京ビッグサイトアクセス
※下記プログラムは2014年4月18日現在のプログラムです。
プログラム内容(スピーカ、コーディネータ、発表テーマ、内容等)が変更になる事がありますので予めご了承ください。
7月23日(水) 09:30 - 12:10 B1 EV/PHV主機モータ
14:10 - 16:50 A2 自動車用磁気利用センサ技術
B2 自動車補機モータ
7月24日(木) 09:30 - 12:10 D3 次世代自動車用電源システムの最前線
G3 カーエレクトロニクスのEMC①
~弱電系EMCの最新規格・解析技術・対策技術~
12:40 - 13:30 L2 SiCパワーデバイスの最新技術動向(スポンサー:ローム株式会社)
14:10 - 16:50 F4 HEV/EVのキーデバイスの冷却技術
G4 カーエレクトロニクスのEMC②
~パワエレ系EMCの基礎・最新規格・部品試験~
7月25日(金) 09:30 - 12:10 E5 xEV開発の最前線
H5 エネルギー・ハーベスティングの自動車適用の可能性と検討事例
14:10 - 16:50 E6 潮流の変化が見えたxEVバッテリーシステム
※当日会場での録音、写真、ビデオ撮影などは一切ご遠慮ください。
 コーディネータ   スピーカ  (敬称略)
7月23日(水)
09:30~12:10
B1 EV/PHV主機モータ
堀 洋一
東京大学 大学院 新領域創成科学研究科 先端エネルギー工学専攻 教授
1 電動車駆動用標準モータの開発
  • 電動車駆動用標準モータの概要
  • モータ仕様および特長
  • 標準モータでの出力調整方法
齋藤 泰行
日立オートモティブシステムズ(株) パワートレイン&電子事業部 パワートレイン設計本部
EP機器設計部 技師
2 アウトランダーPHEVにおけるモータシステムの開発
  • PHEVシステムについて
  • PHEV用モータの開発
  • PHEV用インバータの開発
松原 譲二
三菱自動車工業(株) 開発本部 EVパワートレインシステム技術部 エキスパート
3 HV/PHV車のモータ・昇圧システムと制御技術
  • トヨタハイブリッドシステムにおけるモータ・昇圧システムの概要
  • 自動車に適用する際の制御技術
  • PHV車への応用展開
岡村 賢樹
トヨタ自動車(株) HVシステム制御開発部 第4HV制御開発室 グループ長
 近年の技術開発が著しいEV/PHV主機モータにおける、話題の技術3件を取り上げました。まず日立オートモティブシステムズから、いろいろな電動車に共通して適用できる標準モータの開発について、次に三菱自動車工業から、アウトランダーPHEVにおける最新の3モータシステムおよびインバータの開発について、最後にトヨタ自動車からトヨタハイブリッドシステムにおける昇圧制御とモータ制御の仕組みについてご講演をいただきます。すべて実際の開発に携わった第一人者自らのご講演であり、製品の説明にとどまらず、どのような考え方でこれらのシステムが作られたのかを知るまたとない機会となるでしょう。

【堀 洋一/東京大学】

※モータ技術シンポジウムB1セッションと同じものです。
14:10~16:50
A2 自動車用磁気利用センサ技術
御子柴 孝
(株)スマートセンサーテクノロジー 代表取締役
1 自動車用磁気利用センサの現状と動向
  • 自動車用磁気利用センサの役割
  • 自動車用磁気利用センサの使用例
  • 自動車用磁気利用センサの今後の展望
山寺 秀哉
(株)豊田中央研究所 システム・エレクトロニクス3部 デバイス実装研究室 主任研究員
2 ホールデバイスの車載電流センサ応用への取組み
  • ホールデバイスの車載活用例
  • 電流センサに求められる特性
  • コアレス電流センサの動向
高塚 俊徳
旭化成エレクトロニクス(株) センシング事業部 磁気センサー応用技術部 開発統括課長
3 MIセンサと自動車応用への取組み
  • MIセンサの基礎
  • スマートフォン用電子コンバスへの応用
  • 自動車用センサへの取組み
青山 均
愛知製鋼(株) 電磁品開発部 部長
 近年、自動車システムの高度化に伴い、自動車制御におけるセンシング技術の重要性が大きくなっています。各種センサの中でも、耐環境性に優れる磁気利用センサは極めて多彩であり、その役割や用途が重要となってきています。
 本セッションでは、①最近の自動車における各種磁気利用センサの最新動向ならびに、今後の展望について解説します。また、その中でも今回、②急速に需要が拡大している非接触による電流ホール磁気センサならびに、③新しく関心を持たれている超高感度MI磁気センサの自動車分野への取り組みや、最新動向について紹介します。

【御子柴 孝/スマートセンサーテクノロジー】

※磁気応用技術シンポジウムA2セッションと同じものです。

14:10~16:50
B2 自動車補機モータ
藤綱 雅己
(株)デンソー 研究開発2部 担当部長 技師
1 自動車用補機モータの技術動向
  • 補機モータの現状
  • 技術動向
  • 今後の課題
三戸 信二
アスモ(株) 開発部 第2開発室 グループリーダ
2 電流センサレス制御のEPS用モータへの適用
  • 電動パワーステアリング(EPS)システムの概要
  • EPS用モータ制御の特徴
  • 電流センサレス制御とその効果
上田 武史
(株)ジェイテクト 研究開発本部 先進技術創生研究部 制御ダイナミクス研究室 主担当
3 ポキポキモータの最新技術
  • モータ効率向上と高生産性の両立
  • モータトルク脈動低減と高生産性の両立
  • 量産技術の大型モータへの展開
秋田 裕之
三菱電機(株) 生産技術センター モータ製造技術推進部 部長
 自動車用補機モータは、利便性・快適性の向上と省燃費の要求から高級車では100個、大衆車でも50個を超え増え続けています。また、EV、HEVだけでなく従来のエンジン車でもアイドリングストップが普及し、エンジン動力無しに基本機能を維持するため「常時エンジン駆動」から「必要時のみ作動させる電動化」へと変化し補機モータの高性能・小形・低コスト化への要求がますます高くなっています。本セションでは、最初に補機モータの使われ方の変化や求められる性能の変化とこれに対応するモータ技術動向を紹介して頂きます。次に、小形・低コスト化のキー技術である駆動回路の電流センサレス化について最も困難であったEPSへの適用事例を解説して頂きます。最後にモータの高効率、小形化をリードしているポキポキモータの最新技術を紹介して頂きます。いずれも自動車補機モータ・制御に関する第一線の技術者による講演であり意義深い内容です。

【藤綱 雅己/デンソー】

※モータ技術シンポジウムB2セッションと同じものです。
7月24日(木)
09:30~12:10
D3 次世代自動車用電源システムの最前線
上野 政則
(株)本田技術研究所 汎用R&Dセンター 第8開発室 電装機能システムブロック 主任研究員
1 自動車の電源活用の現状と課題
  • 電動車両普及の概況
  • 電動車両の電源活用のユースケース
  • 電動車両の電源活用の現状と課題
山本 恵一
(株)本田技術研究所 四輪R&Dセンター 第5技術開発室 主任研究員
2 車載用バッテリー充電システムの先端技術
  • 車載充電器の特徴
  • 車載充電器の機能
  • 車載充電システムの今後の方向性
芳賀 浩之
新電元工業(株) 電装事業本部 電装事業部 第三設計部 チャージャー設計課 主席技師
3 V2H電力供給における電源システムの最新技術
  • V2H電力供給における課題
  • ニチコンのV2Hシステムの紹介
  • V2Hが活躍する社会を目指して
古矢 勝彦
ニチコン(株) 執行役員 NECST事業本部 技師長
 電動車両が次世代環境車として注目されていますが、EV/PHV/FCVの普及は中々進んでいないのが現状です。そのような中、充電インフラの普及が急速に進み、V2H(Vehicle to Home)などこれらの電動車両の新たな活用方法の規格化や実用化が国内外で始まっています。
 本講演では、まず初めに次世代環境車に求められる電源システム活用の現状を整理しその課題について報告します。続いて、大きな市場を獲得するEV・PHVに必須技術である車載用バッテリ充電器の機能や特徴と充電システムの先端技術について報告します。最後に次世代自動車の新たな役割として期待されているV2Hシステムについて最新技術とその課題について報告します。

【上野 政則/本田技術研究所】

※スイッチング電源技術シンポジウムD3セッションと同じものです。

09:30~12:10
G3 カーエレクトロニクスのEMC① ~弱電系EMCの最新規格・解析技術・対策技術~
前野 剛
(株)クオルテック 信頼性試験センター 所長
1 最新規格の動向と車両におけるEMC性能の確保
  • CISPR/D、ISO/TC22/SC3、IEC TC69国際規格の最新動向
  • 実車/部品試験の押さえるべき技術的要点
  • 自動車のEMC性能確保
塚原 仁
日産自動車(株) 電子技術開発本部 電子信頼性技術開発部 電子信頼性評価グループ 主査
2 自動車のEMCに関する電磁界解析
  • 自動車のEMC関して
  • 自動車のEMC解析方法について
  • 自動車のEMC解析事例
福井 伸治
(株)日本自動車部品総合研究所 研究2部 部長
3 車載を目指した電子機器のEMC対応設計
  • 自動車のEMC環境に対応するための電子機器設計の課題
  • 電子機器単体におけるEMC対応設計のポイント
  • 車両搭載時におけるEMC対応設計のポイント
前野 剛
(株)クオルテック 信頼性試験センター 所長
 現在の自動車は高度に電子化されており、EMC問題をクリアすることは難しくなる一方であります。そこでこの度、第一線でご活躍中の専門家の方々にお集まり戴き、まず自動車メーカより、国際規格の動向から、実車/部品試験の押さえるべき要点を整理した上で、ますます高度に電子化している自動車のEMC性能をいかに確保しているかについて述べて戴きます。
 次に、自動車部品の研究の立場から、自動車のイミュニティー試験を想定した電磁界計測やシミュレーション等による解析事例をもとに自動車内での電磁界の挙動、ワイヤハーネスへの影響について解説を行い、最後に、電子機器の単体および車両搭載においてEMC性能を確保するための基礎的な技術事項について事例をおりまぜて述べます。

【前野 剛/クオルテック】

※EMC・ノイズ対策技術シンポジウムG3セッションと同じものです。
12:40~13:30
L2 ランチセッション
SiCパワーデバイスの最新技術動向        スポンサー:  ロームロゴ  ローム株式会社別ウィンドウ
SiCパワーデバイスの開発動向
木本 恒暢
京都大学 工学研究科 電子工学専攻 教授
高耐圧アプリケーションへの採用が進む ロームの最新SiCデバイス
伊野 和英
ローム(株) パワーデバイス製造部 部長

SiCパワーデバイスの世界における動向、GaNデバイスの進展についても、第一線で研究されている京都大学 木本先生にご講演頂きます。
また、高耐圧・大電流化が進むロームの最新SiC製品もご紹介いたします。
14:10~16:50
F4 HEV/EVのキーデバイスの冷却技術
篠田 卓也
(株)デンソー 基盤ハードウェア開発部 第1ハードPF開発室 担当係長
1 設計に使える、パワーデバイス熱抵抗θJCを高精度・簡単に検証する方法
  • ジャンクション温度の推測が可能なT3ster解析モデル
  • クニックを活用した高精度測定方法
  • 詳細解析モデルとT3sterモデルの比較検討
篠田 卓也
(株)デンソー 基盤ハードウェア開発部 第1ハードPF開発室 担当係長
2 HEV用モータ設計技術者が活用できる実用的な冷却設計技術
  • 熱回路網を用いた独自な簡易熱解析ツールの構築
  • モータ直接油冷の熱計測技術と冷却性能向上の指針・最適化
  • ハウジングから空気・水への放熱量の計測技術と冷却の指針出し
松井 啓仁
(株)日本自動車部品総合研究所 研究3部 32研究室 課長
3 車載用IGBTモジュールの直接水冷技術
  • パワー半導体モジュールの概要
  • 車載用IGBTモジュールの特徴と適用技術
  • 今後の課題
安達 新一郎
富士電機(株) 電子デバイス事業本部 EVモジュール技術部 EVモジュール2課
 HEV/EVの開発に重要なファクターとして、高品質且つ短期間に設計することが求められています。本セッションでは、これらの課題を解決するために、HEV用のモータの冷却性能向上を目的とした最適化技術、環境が厳しい車載用のIGBTモジュールの特徴と最新技術動向、パワーデバイスの熱抵抗を非接触で測定し、精度の良いジャンクション温度の推測が可能になるといった、今すぐ設計に利用できる先進事例を紹介します。これらの熱冷却技術を参考にして、設計フロントローディングのヒントにしていただきます。

【篠田 卓也/デンソー】

※熱設計・対策技術シンポジウムF4セッションと同じものです。

14:10~16:50
G4 カーエレクトロニクスのEMC② ~パワエレ系EMCの基礎・最新規格・部品試験~
瀧 浩志
(株)デンソー 研究開発2部 電力変換開発室 要素技術開発課長 技術開発センター EMC技術室
担当次長
1 パワーエレクトロニクス製品のエミッションの基礎と対策技術
  • パワエレEMIの基礎
  • パワエレ装置とEMIノイズ
  • EMIシミュレーションとノイズ設計
清水 敏久
首都大学東京 大学院 理工学研究科 電気電子工学専攻 教授
2 自動車のEMCの国際規格・基準動向
  • PHV、EVの充電に関わるEMCの国際規格・基準動向
  • WPTに関するEMCの規格動向
  • 超低周波磁界、低周波エミッションの規格動向
中西 隆
トヨタ自動車(株) 電子技術統括部 品質技術室 第3グループ長
3 自動車部品のEMC試験
  • 当社と自動車部品のEMC試験
  • EMC試験の動向
  • EMC試験品質向上への取組み
伊奈 敏和
(株)デンソーEMCエンジニアリングサービス 代表取締役社長
 低燃費・環境対応からEV/EHVをはじめとする自動車にはパワエレ部品の導入が進んでいます。そこで各種電磁ノイズに起因するEMCクリアにむけてはノイズ源と伝達機構の解明・対策技術、最新の規格動向の理解、自動車と部品特有の試験法の実践が不可欠となっています。
 本セッションでは、各界でご活躍の専門家の方々にお集まり戴きまして、①パワエレEMCのメカニズムと計測対策技術に関する学術的知見、②最新の主にパワエレ関係の国際規格の動向と自動車のEMC性能や試験、③自動車部品の試験技術と各国対応に向けた試験場の運用法など、パワエレのみならずEMC技術・管理の両面でも有用な内容をご紹介いたします。

【瀧 浩志/デンソー】

※EMC・ノイズ対策技術シンポジウムG4セッションと同じものです。
7月25日(金)
09:30~12:10
E5 xEV開発の最前線
小林 弘典
(独)産業技術総合研究所 ユビキタスエネルギー研究部門 蓄電デバイス研究グループ
研究グループ長
1 ホンダの車両電動化技術の進化と今後の展開について
  • ホンダのハイブリッドシステムの進化とバッテリーについて
  • 車載リチウムイオンバッテリーへの要求と課題
  • 次世代の車載リチウムイオンバッテリーについて
新村 光一
(株)本田技術研究所 四輪R&Dセンター 第五技術開発室 上席研究員
2 トヨタにおけるHV、PHV用電池の開発
  • HV、PHVシステム
  • 電池開発状況
  • 電池評価法(安全試験など)
戸島 和夫
トヨタ自動車(株) 電池材料技術部 シニアスタッフエンジニア
3 車載用蓄電池の安全性試験
  • 基準・標準
  • JARI Hy-SEFの紹介
  • 安全性試験
三石 洋之
(一財)日本自動車研究所 FC・EV研究部 次長
 本セッションは、最近普及が目覚しいxEVについて、ハイブリッド自動車(HEV)及びプラグインハイブリッド自動車(PHEV)を中心に取り上げ、車載用リチウムイオン二次電池(LIB)の最新の技術動向を紹介します。xEV開発での重要な要素技術であるLIBに求められる要求と課題、開発状況についての情報に加え、ホンダ自動車からはHVシステム、トヨタ自動車からはHV/PHEVシステムについても紹介されます。
 また、トヨタ自動車のLIB安全性試験への取り組み、さらには、車載用LIBの国際標準化活動の国内審議団体である日本自動車研究所より安全性試験に関わる最近の状況についても併せて紹介されます。
 本セッションに参加することで、xEV開発の最前線での技術動向について学ぶことができ、今後の技術開発に役に立てることができます。

【小林 弘典/産業技術総合研究所】

※バッテリー技術シンポジウムE5セッションと同じものです。

09:30~12:10
H5 エネルギー・ハーベスティングの自動車適用の可能性と検討事例
外村 博史
ボルボ アドバンスドテクノロジー&リサーチ 産官学連携 日本代表
1 タイヤセンサ向けエレクトレット振動発電器
  • タイヤセンサに求められる特性
  • 発電器の構造とインパクト振動利用
  • タイヤ装着時の発電出力特性
内藤 康幸
パナソニック(株) R&D本部 先端技術研究所 ナノテク領域研究グループ 主幹研究員
2 e-mobilityから見たエネルギー・ハーベスティング技術の可能性
  • 現在のe-mobilityが抱える課題
  • エネルギー・ハーベスティング技術は適用の可能性があるのか
和田 憲一郎
エレクトリフィケーション コンサルティング 代表
3 自動車内におけるワイヤレスセンサ・ネットワーク ―そのニーズと課題―
  • 車内におけるワイヤレスセンサ・ネットワークのニーズ
  • 車内無線通信の課題と解決手法
  • 自立電源のニーズと課題
江口 強
(株)本田技術研究所 四輪R&Dセンター 第8技術開発室 第2ブロック 主任研究員
 将来の有望市場である自動車向けのエネルギー・ハーベスティング技術について、いま何が検討され将来どのような可能性があるか、高い関心が集まっています。
 本セッションでは、①タイヤ空気圧センサへの適用検討を紹介し、自動車の厳しい要求へ適合させるための課題を含めて専門家が現状を整理し、②電気自動車やハイブリッドとエネルギー・ハーベスティングの相乗効果による進化の可能性を元電気自動車の開発リーダーが考察し、③車内のセンサネットワークへの適用で重量軽減や原価低減できる可能性を探り、自動車メーカーの研究者がありたい姿を紹介します。
 自動車分野の最新事例を通して、個々の技術のみでなく、全体の流れを把握できるチャンスです。

【外村 博史/ボルボ】

※エネルギー・ハーベスティング技術シンポジウムH5セッションと同じものです。
14:10~16:50
E6 潮流の変化が見えたxEVバッテリーシステム
江守 昭彦
日立化成(株) エネルギー事業本部 エネルギー開発センタ システム開発部 部長
1 アイドルストップ車両用の電池技術と将来動向
  • アイドルストップ用に求められる電源とは
  • 電池の開発とそのポイント
  • 将来動向
浅田 忠利
(株)デンソー 電機システム技術部 部長
2 48V系自動車システムと蓄電システム ~DC48Vのインパクトと将来展望~
  • 自動車電源と蓄電システムの推移
  • DC48Vのインパクトと課題
  • クルマの電動化とDC48V化の展望
寺谷 達夫
名古屋大学 大学院 工学研究科 非常勤講師
3 EV用電池開発の現状と今後
  • リーフ発売後3年を経て(市場からの反響)
  • EV用電池開発の現状
  • 今後の方向性など
宮本 丈司
日産自動車(株) EV技術開発本部 EVエネルギー開発部 エキスパートリーダー
 1997年のプリウスの発売以降、Mild-HEVやPHEV、EV、ISS車など様々なシステムのxEVが市場投入されています。これらのシステムで使用される二次電池の使われ方や要求仕様は千差万別です。HEVはその発売から既に17年が経過していますが、Mild-HEVもクラウンマイルドハイブリッドの発売から13年、EVではリーフの発売から3年が既に経過するなど、各社、各システムとも多くの市場実績を積み重ねてきています。
 今回、12V系、48V系、300V系の各システムの研究開発、ビジネスを牽引するスペシャリストをお招きし、システムとそこで使用される二次電池について、実績を基にした振り返りと今後の開発の方向性についてお話を頂きます。これらのご講演からxEV向けバッテリーシステムの潮流の変化と将来像を読み取ります。

【江守 昭彦/日立化成】

※バッテリー技術シンポジウムE6セッションと同じものです。

このページの先頭へ