電子・機構部品の最先端がみえるアジア最大級の専門展示会&シンポジウム

テクノフロンティア技術シンポジウムロゴ テクノフロンティア2014
東京ビッグサイトアクセス

※下記プログラムは2014年4月18日現在のプログラムです。
 プログラム内容(スピーカ、コーディネータ、発表テーマ、内容等)が変更になる事がありますので予めご了承ください。

7月23日(水) 09:30 - 12:10 E1 定置用蓄電池の最新動向
14:10 - 16:50 E2 バッテリー市場の行方 ~自動車からウェアラブルまで~
7月24日(木) 09:30 - 12:10 E3 ポストリチウムイオン電池研究の最前線
12:40 - 13:30 L2 SiCパワーデバイスの最新技術動向 (スポンサー:ローム株式会社)
14:10 - 16:50 E4 最新の蓄電池技術とその応用
7月25日(金) 09:30 - 12:10 E5 xEV開発の最前線
14:10 - 16:50 E6 潮流の変化が見えたxEVバッテリーシステム
※当日会場での録音、写真、ビデオ撮影などは一切ご遠慮ください。
 コーディネータ   スピーカ  (敬称略)
7月23日(水)
09:30~12:10
E1 定置用蓄電池の最新動向
堀場 達雄
三重大学 大学院 工学研究科 特任教授
1 電力貯蔵用レドックスフロー電池
  • レドックスフロー電池の原理・特徴・基本特性
  • 開発の歴史と実証試験状況
  • 海外動向を含めた今後の展開
重松 敏夫
住友電気工業(株) パワーシステム研究開発センター 二次電池部 部長
2 定置用大型リチウムイオン畜電池システム
  • リチウムイオン畜電池 SCiBTM
  • 定置用畜電池システムの概要
  • 適用事例と今後の展望
小林 武則
(株)東芝 社会インフラシステム社 電力流通システム事業部 系統ソリューション技術部
蓄電システム技術担当 参事
3 住宅用蓄電池システムの現状と展望
  • 住宅用蓄電池システムのニーズ
  • 住宅用蓄電池システムの現状
  • 住宅用蓄電池システムの今後の展開
石田 建一
積水ハウス(株) 執行役員 環境推進部長 兼 温暖化防止研究所 所長
 電池による電力貯蔵技術は、スマートグリッド、自然エネルギー利用、非常時の自立電源などの必要性から、近年その注目度が非常に高くなってきました。しかしながら、その普及速度は必ずしも期待されたほど急速ではありません。そのような状況の中で、本セッションでは電力貯蔵用大型電池として全く異なる性質の対極ともいえるレドックスフロー電池とリチウムイオン電池を取り上げ、電力貯蔵用二次電池技術の現状を紹介して頂きます。
 さらに、電力貯蔵用電池の実用例として住宅用に注目しました。これらの技術の現状と本格普及に向けた技術的、社会的課題を議論して頂き、それらに対する理解の深化とともに今後に対する明確な展望が得られます。

【堀場 達雄/三重大学】

14:10~16:50
E2 バッテリー市場の行方 ~自動車からウェアラブルまで~
鳶島 真一
群馬大学 理工学部 環境創生理工学科 教授
1 xEVの市場展望と電池業界の課題
  • HEVの市場動向と展望
  • ISS/48Vシステム/PHEV/FCEVの市場動向と展望
  • 電池業界の課題
風間 智英
(株)野村総合研究所 グローバル製造業コンサルティング部 上級専門職
2 LIBの最新市場動向 ~自動車からウェアラブルまで~
  • モバイル機器用LIB市場の最新状況
  • 車載用LIB市場の第二世代製品への変化,競争環境の変化
  • 蓄電用LIB市場の成立要件と可能性
竹下 秀夫
(株)B3 代表取締役 社長

 

 本セッションでは、リチウムイオン電池に代表される蓄電池市場の今後の展開について2名の講師の方に各々の立場から講演して頂きます。電気自動車を中心とした蓄電池に関する市場展望、電池業界の課題、さらに小型機器関連の市場展望と将来動向について最新情報を発信して頂きます。
 電池の将来性を展望するセッションとしたいと思います。

【鳶島 真一/群馬大学】

7月24日(木)
09:30~12:10
E3 ポストリチウムイオン電池研究の最前線
岡田 重人
九州大学 先導物質化学研究所 教授
1 高エネルギー密度多価イオン二次電池の考え方
  • マグネシウム電池ポリアニオン正極の開発
  • 安全なマグネシウム電池電解質の設計
  • マグネシウム電池反応素過程解析
内本 喜晴
京都大学 大学院 人間・環境学研究科 教授
2 無機固体電解質を用いた全固体二次電池
  • 硫化物系および酸化物系固体電解質
  • 固体電解質-電極活物質界面の構築
  • 全固体二次電池の特性向上
辰巳砂 昌弘
大阪府立大学 大学院 工学研究科 物質・化学系専攻 教授
3 ナトリウムイオン電池に適合する新材料設計戦略
  • ナトリウムイオン電池電極開発における留意事項
  • 高電圧発生のメカニズムとこれに基づく材料設計指針
  • 新規鉄系正極材料
山田 淳夫
東京大学 大学院 工学系研究科 化学システム工学専攻 教授
 リチウムやレアメタルの資源的制約に敏感にならざるをえない我が国は、ポストリチウムイオン電池の研究において、諸外国に一歩先んじてきたといえます。特に福島原発事故以降、原発がほぼ全停止状態にある中、逼迫する電力需給状況を緩和する切り札として、コストパフォーマンスに優れた大型蓄電池の開発は国家的緊急課題であり、今日JST-CREST、JST-ALCAや元素戦略等、様々な視点、切り口の国家プロジェクトがポストリチウムイオン電池をテーマに据えている状況にあります。今回はそれぞれの国家プロジェクトのキーパーソンに充放電メカニズム解明という学術的な興味と蓄電立国日本を支える戦略デバイスとしての実用的観点からMg電池、硫黄系全固体電池、Naイオン電池の現状と将来性についてご紹介頂きます。

【岡田 重人/九州大学】

12:40~13:30
L2 ランチセッション
SiCパワーデバイスの最新技術動向        スポンサー:  ロームロゴ  ローム株式会社別ウィンドウ
SiCパワーデバイスの開発動向
木本 恒暢
京都大学 工学研究科 電子工学専攻 教授
高耐圧アプリケーションへの採用が進む ロームの最新SiCデバイス
伊野 和英
ローム(株) パワーデバイス製造部 部長

SiCパワーデバイスの世界における動向、GaNデバイスの進展についても、第一線で研究されている京都大学 木本先生にご講演頂きます。
また、高耐圧・大電流化が進むロームの最新SiC製品もご紹介いたします。
14:10~16:50
E4 最新の蓄電池技術とその応用
金村 聖志
首都大学東京 都市環境学部 教授
1 リチウム空気二次電池の現状と展望
  • リチウム空気二次電池とは?
  • 研究開発の現状
  • 課題と展望
久保 佳実
(独)物質・材料研究機構 ナノ材料科学環境拠点 運営統括室長
2 イオン液体電解質を用いたリチウム硫黄二次電池
  • イオン液体電解質の特徴と限界
  • 溶媒和イオン液体の特長とリチウム二次電池適用
  • 溶媒和イオン液体を用いたリチウム硫黄電池
渡邉 正義
横浜国立大学 大学院 工学研究院 教授
3 積水化学工業における蓄電池に関する取組みについて
  • 積水化学における蓄電池に関する取組みの考え方
  • 蓄電池を利用した取組み
  • フィルム型リチウムイオン電池に関する取組み
加納 正史
積水化学工業(株) R&Dセンター 開発推進センター 先進エネルギーグループ グループ長
 リチウムイオン電池が大きく発展する中、より高い機能を有する蓄電池への期待が高まっています。エネルギー密度を重視した革新的な電池としてリチウム空気電池やリチウム硫黄電池が注目を集めています。また、フレキシビリティーを有する新しい電池の開発も進んでいます。これらの電池では今まで使用されていない新しい材料が必要であります。材料技術と電池技術の融合により新しい電池の展開が生まれます。
 このセッションでは、革新的な三種類の電池に関する講演を行っていただき、今後の電池技術および材料技術の方向性について議論したいと思います。

【金村 聖志/首都大学東京】

7月25日(金)
09:30~12:10
E5 xEV開発の最前線
小林 弘典
(独)産業技術総合研究所 ユビキタスエネルギー研究部門 蓄電デバイス研究グループ
研究グループ長
1 ホンダの車両電動化技術の進化と今後の展開について
  • ホンダのハイブリッドシステムの進化とバッテリーについて
  • 車載リチウムイオンバッテリーへの要求と課題
  • 次世代の車載リチウムイオンバッテリーについて
新村 光一
(株)本田技術研究所 四輪R&Dセンター 第五技術開発室 上席研究員
2 トヨタにおけるHV、PHV用電池の開発
  • HV、PHVシステム
  • 電池開発状況
  • 電池評価法(安全試験など)
戸島 和夫
トヨタ自動車(株) 電池材料技術部 シニアスタッフエンジニア
3 車載用蓄電池の安全性試験
  • 基準・標準
  • JARI Hy-SEFの紹介
  • 安全性試験
三石 洋之
(一財)日本自動車研究所 FC・EV研究部 次長
 本セッションは、最近普及が目覚しいxEVについて、ハイブリッド自動車(HEV)及びプラグインハイブリッド自動車(PHEV)を中心に取り上げ、車載用リチウムイオン二次電池(LIB)の最新の技術動向を紹介します。xEV開発での重要な要素技術であるLIBに求められる要求と課題、開発状況についての情報に加え、ホンダ自動車からはHVシステム、トヨタ自動車からはHV/PHEVシステムについても紹介されます。
 また、トヨタ自動車のLIB安全性試験への取り組み、さらには、車載用LIBの国際標準化活動の国内審議団体である日本自動車研究所より安全性試験に関わる最近の状況についても併せて紹介されます。
 本セッションに参加することで、xEV開発の最前線での技術動向について学ぶことができ、今後の技術開発に役に立てることができます。

【小林 弘典/産業技術総合研究所】

※カーエレクトロニクス技術シンポジウムE5セッションと同じものです。
14:10~16:50
E6 潮流の変化が見えたxEVバッテリーシステム
江守 昭彦
日立化成(株) エネルギー事業本部 エネルギー開発センタ システム開発部 部長
1 アイドルストップ車両用の電池技術と将来動向
  • アイドルストップ用に求められる電源とは
  • 電池の開発とそのポイント
  • 将来動向
浅田 忠利
(株)デンソー 電機システム技術部 部長
2 48V系自動車システムと蓄電システム ~DC48Vのインパクトと将来展望~
  • 自動車電源と蓄電システムの推移
  • DC48Vのインパクトと課題
  • クルマの電動化とDC48V化の展望
寺谷 達夫
名古屋大学 大学院 工学研究科 非常勤講師
3 EV用電池開発の現状と今後
  • リーフ発売後3年を経て(市場からの反響)
  • EV用電池開発の現状
  • 今後の方向性など
宮本 丈司
日産自動車(株) EV技術開発本部 EVエネルギー開発部 エキスパートリーダー
 1997年のプリウスの発売以降、Mild-HEVやPHEV、EV、ISS車など様々なシステムのxEVが市場投入されています。これらのシステムで使用される二次電池の使われ方や要求仕様は千差万別です。HEVはその発売から既に17年が経過していますが、Mild-HEVもクラウンマイルドハイブリッドの発売から13年、EVではリーフの発売から3年が既に経過するなど、各社、各システムとも多くの市場実績を積み重ねてきています。
 今回、12V系、48V系、300V系の各システムの研究開発、ビジネスを牽引するスペシャリストをお招きし、システムとそこで使用される二次電池について、実績を基にした振り返りと今後の開発の方向性についてお話を頂きます。これらのご講演からxEV向けバッテリーシステムの潮流の変化と将来像を読み取ります。

【江守 昭彦/日立化成】

※カーエレクトロニクス技術シンポジウムE6セッションと同じものです。

このページの先頭へ