電子・機構部品の最先端がみえるアジア最大級の専門展示会&シンポジウム

テクノフロンティア技術シンポジウムロゴ テクノフロンティア2013
東京ビッグサイトアクセス
 
※下記プログラムは4/30現在のプログラムです。今後プログラム内容が変更となる場合があります。
7月17日(水) 09:45 - 12:30 C1 SiC-FETによるスマートモータドライブ
12:55 - 13:40 L1 SiCデバイス (スポンサー:ローム株式会社)
14:05 - 16:50 G2 スマートシティのEMC ~デマンドレスポンスを支えるEMC技術~
7月18日(木) 09:45 - 12:30 A3 ワイヤレス電力伝送の最新動向 ~家電・EV・標準化~
14:05 - 16:50 C4 再生可能エネルギーとして見直されている小水力発電の最新動向
※当日会場での録音、写真、ビデオ撮影などは一切ご遠慮ください。
 コーディネータ   スピーカ  (敬称略)
7月17日(水)
09:45~12:30
C1 SiC-FETによるスマートモータドライブ
西岡 圭
ローム(株) LSI商品開発本部 IPM車載プロジェクト プロジェクトリーダ
1 SiCデバイスの適用開発
  • SiCデバイスの特徴
  • インバータ機器への適用
木ノ内 伸一
三菱電機(株) 先端技術総合研究所 パワーモジュール開発プロジェクトグループ 
パワーデバイス技術G 主席研究員
2 次世代パワーデバイスがもたらすモータドライブの変革
  • 次世代パワーデバイスとその利点
  • SiCを使った車載用モータドライブシステムの提案
  • SiCを使ったモータドライブの超小形化技術の紹介
原 英則
(株)安川電機 技術開発本部 開発研究所 エネルギー変換技術グループ 
パワーエレクトロニクスチーム チームリーダ
3 SiCパワーデバイスを用いた超小型インバータモジュール
  • SiCパワーデバイス実用化の現状
  • 次世代SiCトレンチ・デバイス
  • 超小型フルSiCインバータモジュール
中村 孝
ローム(株) パワーエレクトロニクス研究開発ユニット ユニットリーダー
 次世代パワーデバイスに適した新材料として期待されているSiCとGaN。特にSiCパワーデバイスは、SiC-SBDからパワエレ機器への搭載が始まり、時代はついにSiC-FET搭載のステージへと移ってきた。SiC-FETとSiC-SBDによる高パワー密度のフルSiCインバータ開発事例も増えてきており、三菱電機は2012年5月に50kW/l、DENSOは同じく2012年5月に60kW/l、安川電機は2012年8月に128kW/l、ロームは2012年10月に145kW/lのものを発表している。また、フルSiCパワーモジュールを使用した商品もMywayプラスから2013年4月に発表されている。ここではこれら最新のフルSiCインバータの開発事例も含めた講演を、三菱電機、安川電機、ロームの三社にして頂く。本セッションが各位のSiCパワーデバイスを用いた商品の開発スピードアップに繋がれば幸いである。

【西岡  圭/ローム(株)】

※モータ技術シンポジウムC1セッションと同じものです。
12:55~13:40
L1 ランチセッション
スポンサー:  ロームロゴ  ローム株式会社別ウィンドウ  
実用化が進む! SiCデバイスの応用例
舟木  剛
大阪大学大学院 工学研究科 電気電子情報工学専攻
システム・制御工学講座 パワーシステム領域 教授
産機等の電力損失を大幅に削減する ロームの最新SiCデバイス
伊野 和英
ローム(株) SiCパワーデバイス製造部 副部長

SiCパワーデバイスで実現する省電力社会を、応用例も交えながら第一線で研究されている大阪大学 舟木先生にご講演いただきます。
また、業界初ショットキーダイオードレスのSiC-MOS モジュールをはじめとしたロームの最新SiC製品もご紹介いたします。
14:05~16:50
G2 スマートシティのEMC ~デマンドレスポンスを支えるEMC技術~
田島 公博
NTTアドバンステクノロジ(株) ネットワークシステム事業本部 
システム開発ビジネスユニット EMCチーム チームマネジャ
1 系統連系パワエレ機器に対するEMC要件の国際標準化動向
  • 太陽光発電システム用系統連系電力変換装置のEMC要件
  • 分散型電源関連のEMC要件に関する国際規格動向
  • 150KHz以下伝導エミッション規制に関する動向
吉岡 康哉
富士電機(株) 技術開発本部 製品技術研究所 パワエレ技術研究センター 共通技術開発部 
主査
2 通信におけるEMCと国際標準化動向
  • 過電圧に関する課題
  • イミュニティに関する課題
  • 国際標準化の動向
秋山 佳春
日本電信電話(株) 環境エネルギー研究所 エネルギーシステムプロジェクト 
プロジェクトマネージャ
3 スマートメータの情報セキュリティとEMC
  • スマートメータのセキュリティを確保する暗号技術とその実装
  • スマートメータのセキュリティ低下を引き起こす暗号モジュールからの電磁的情報漏えいと解析手法
  • スマートメータのセキュリティ低下を引き起こす暗号モジュールからの電磁的情報漏えいと対策手法
林 優一
東北大学 大学院情報科学研究科 准教授
 3.11東日本大震災以降、原子力発電の制限により、電力需給のバランスが崩れ、化石燃料依存による電力料金高騰が社会問題化している。電力の需要に応じて電気料金単価を変えたり、節電した需要家に見返りを提供する「デマンドレスポンス」は、効果的な電力需要の削減やピークカット方策として期待されている反面、正確な通信制御が要求されるため、制御システムへの電源系ノイズの影響や電磁波的情報漏えいなどのEMC、情報セキュリティが懸念される。本セッションでは、EMC対策の観点から、国際標準化や産業界および学会で取り上げられている、最新の課題と対策手法を紹介する。HEMS、BEMS構築に実際に従事するエンジニアや研究者に避けて通れない最新ナレッジをご提供する。

【田島 公博/NTTアドバンステクノロジ(株)】

※EMC・ノイズ対策技術シンポジウムG2セッションと同じものです。
7月18日(木)
09:45~12:30
A3 ワイヤレス電力伝送の最新動向 ~家電・EV・標準化~
居村 岳広
東京大学 新領域創成科学研究科 先端エネルギー工学専攻 助教
1 無接点充電システムのひろがり
  • WPC国際標準規格“Qi”と対応商品
  • 無接点充電のひろがりと未来
  • インフラ拡大に向けた取り組み
清水 正人

パナソニックグループ オートモーティブ&インダストリアルシステムズ社 三洋電機(株)
小型二次電池事業部 充電システムビジネスユニット マーケティンググループ
グループマネージャー

2 EVへの走行中給電
  • 静止型ワイヤレス給電システムの現状
  • 現状の課題
  • 今後の方向性~走行中給電~
髙橋 俊輔
早稲田大学 環境総合研究センター
3 2013年のワイヤレス給電標準化最新動向
  • ワイヤレス給電をとりまく最新動向:ロードマップを中心として
  • 国際的な標準化の流れ、IEC、ITU、SAE、UL 他
  • 国内における制度整備・標準化について
横井 行雄
(公社)自動車技術会 ワイヤレス給電システム技術部門委員会 幹事
 今年は、ワイヤレス給電の最先端動向をお伝えすべく、家電、EV、標準化という3つの大きな軸において注目されている企業・団体の方から解説して頂く。①パナソニックグループからは清水様より、家電向けのワイヤレス給電についてお話しを頂く。パナソニックのワイヤレス充電開発の歴史は長く多くの実績を持っている。今回は、実用化を含めた貴重なお話しを頂く。②EVへのワイヤレス給電技術は、昭和飛行機工業の高橋様より、停車中だけでなく走行中も含めたお話しを頂く。4年に渡るNEDOプロジェクト終了直後のこの時期に話を聞けるのは貴重な機会である。③BWFワイヤレス電力伝送WG、標準開発部会副主査の横井様より、IEC、ARIBなどで精力的に進められている国内外の標準化の最新動向について解説して頂く。是非この機会に、ワイヤレス給電技術の主要3項目を網羅した本セッションに足を運んで頂きたい。

【居村 岳広/東京大学】

※磁気応用技術シンポジウムA3セッションと同じものです。
同時開催展示会をご覧ください
14:05~16:50
C4 再生可能エネルギーとして見直されている小水力発電の最新動向
相馬 憲一
(株)日立産機システム CTO 研究開発センタ センタ長
1 小水力発電の導入技術
  • 導入可能地点と留意点
  • 水車、発電機の選定方法
  • 法的規制・緩和の状況
金田 剛一
日本小水力発電(株) 技術グループ 技術部長
2 最近の小水力技術動向
  • 水車形式の選定
  • インライン水車の設置事例及び特徴
  • 水撃圧の対策
  • 低コスト型水車の開発等
國分 清
田中水力(株) 常務取締役 技術本部長
3 発電を一定に保つ回転機制御技術
  • 回転機制御技術の動向
  • PMモータ制御技術とポイント
  • 小水力発電への応用
佐野 正浩
(株)日立産機システム システム推進事業部 新エネルギー推進部 主任技師
 二酸化炭素排出抑制を目的に、再生可能エネルギーとして太陽光発電や風力発電が普及してきている。また、一方では既に実用化されている地熱や小水力といったエネルギー源に対して、あらたな規制緩和の動きも加わり見直されてきた。特にエネルギーハーベストの観点から小水路や工場・ビル・マンション配管などにおいて、数百kW以下の(小水力あるいは)マイクロ水力発電の計画・実施が多くなっている。ここでは、それらについて具体的事例を中心に紹介する。また、太陽光発電以外で共通する技術は回転機による発電である。不安定になる回転においても、変動の少ない発電を行える制御技術について最後に述べる。

【相馬 憲一/(株)日立産機システム】

※モータ技術シンポジウム C4セッションと同じものです。
このページの先頭へ