電子・機構部品の最先端がみえるアジア最大級の専門展示会&シンポジウム

テクノフロンティア技術シンポジウムロゴ テクノフロンティア2013
東京ビッグサイトアクセス
 
※下記プログラムは4/30現在のプログラムです。今後プログラム内容が変更となる場合があります。
7月17日(水) 09:45 - 12:30 B1 電動車両用モータの最新技術
12:55 - 13:40 L1 SiCデバイス (スポンサー:ローム株式会社)
14:05 - 16:50 B2 自動車用補機モータ
7月18日(木) 09:45 - 12:30 D3 車載電源システムの新展開
14:05 - 16:50 A4 車載用磁気センサの最新動向
7月19日(金) 09:45 - 12:30 G5 カーエレクトロニクスとEMC 
~EV/HEVにおけるパワーエレクトロニクスの課題~
14:05 - 16:50 E6 xEV用電池に関わる新技術
※当日会場での録音、写真、ビデオ撮影などは一切ご遠慮ください。
 コーディネータ   スピーカ  (敬称略)
7月17日(水)
09:45~12:30
B1 電動車両用モータの最新技術
堀 洋一
東京大学 大学院新領域創成科学研究科 先端エネルギー工学専攻 教授
1 新型電気自動車用モータ・インバータ
  • 新型EV搭載の電動パワートレインについて
  • モータとインバータの概要
石川 茂明
日産自動車(株) EVパワートレイン開発部 エキスパートリーダ
2 ハイブリッド自動車における永久磁石モータとインダクションモータの制駆動性能の比較
  • 日本製ハイブリッド車永久磁石モータ
  • 銅ロータを用いた誘導モータ
  • アルミロータを用いた誘導モータ ※通訳あり
Malcolm Burwell
    International Copper Association, Ltd.(国際銅協会)  
    Technology Development & Transfer Assist Director
3 スタータの開発動向~アイドルストップへの進化
  • スタータの概要
  • デンソーのスタータ開発の経緯
  • アイドルストップ普及に伴うスタータ開発の最新動向
村田 光広
(株)デンソー 電機技術1部 開発室 室長
 本セッションではまず、車両駆動用モータの代表として、昨年マイナーチェンジした新型リーフの機電一体型パワートレイン、モータ、インバータの最新技術について日産自動車の石川氏にご講演いただく。次に、International Copper AssociationのMalcolm Burwell氏より、最近ますます入手が困難になる永久磁石からの脱却を探るため、ハイブリッド車における永久磁石モータと誘導モータ(銅ロータおよびアルミロータ)の比較を行った興味深い講演をいただく。最後に、デンソーの村田氏から、近年のアイドルストップ普及にともなって多様化し、ニーズも大きく変化しているスタータの最新の開発動向をご紹介いただく。いずれも電動車両用モータのホットトピックに関する第一線の技術者による講演であり、見逃すことはできない。

【堀  洋一/東京大学】

※モータ技術シンポジウムB1セッションと同じものです。
12:55~13:40
L1 ランチセッション
スポンサー:  ロームロゴ  ローム株式会社別ウィンドウ  
実用化が進む! SiCデバイスの応用例
舟木  剛
大阪大学大学院 工学研究科 電気電子情報工学専攻
システム・制御工学講座 パワーシステム領域 教授
産機等の電力損失を大幅に削減する ロームの最新SiCデバイス
伊野 和英
ローム(株) SiCパワーデバイス製造部 副部長

SiCパワーデバイスで実現する省電力社会を、応用例も交えながら第一線で研究されている大阪大学 舟木先生にご講演いただきます。
また、業界初ショットキーダイオードレスのSiC-MOS モジュールをはじめとしたロームの最新SiC製品もご紹介いたします。
14:05~16:50
B2 自動車用補機モータ
藤綱 雅己
(株)デンソー 研究開発1部 担当部長 技師
1 自動車用電動ポンプの技術動向
  • 環境動向
  • 開発ロードマップ
  • まとめ
石黒 幹久
アイシン精機(株) 機関技術部 TL
2 電動パワーステアリング用モータの技術動向
  • 電動パワーステアリング(EPS)システムの概要
  • EPS用モータの特徴と技術動向
  • 今後のEPSシステム・モータの技術動向
丹羽 智宏
(株)ジェイテクト 自動車部品事業本部 第1電子技術部 第2開発室 
第1設計グループ 主任
3 EV用電動ブレーキにおけるモータ制御技術
  • EV用電動ブレーキの概要
  • EV用電動ブレーキモータ制御技術の特徴
山口 東馬
日立オートモティブシステムズ(株) エンジン機構事業部 設計本部 
シャシー制御システム設計部  主任技師
 自動車用補機モータは、利便性及び快適性の向上とともに増加し、高級車では100個、大衆車でも50個を超えている。また近年の省燃費の要求から、補機は「常時エンジン駆動」から「必要時のみ作動させる電動化」へと進化している。さらにEV、HEVのみならず従来のエンジン車でもアイドリングストップ時に車の基本機能を維持するため、電動化が必須になっている。また、補機システムの高信頼性と高性能化、モータの高効率小型化の要求からブラシレスモータ化が最近の自動車補機モータ動向である。
 本セションでは、車の基本性能「走る:エンジン・曲がる:ステアリング・止まる:ブレーキ」と共にそれぞれ進化した電動ポンプ(エンジン補機)、電動パワーステアリング、電動ブレーキを代表に取り上げ、実際に現場で設計されている技術者の方から生の声で自動車用補機モータの現状と将来を含めた技術を解説して頂く。

【藤綱 雅己/(株)デンソー】

※モータ技術シンポジウムB2セッションと同じものです。
7月18日(木)
09:45~12:30
D3 車載電源システムの新展開
藤野 誠二
(株)デンソー 電子基盤技術開発部 担当部長
1 電気二重層キャパシタを用いた減速エネルギー回生システム「i-ELOOP」の開発
  • SKYACTIV TECHNOLOGY + 環境ビルディングブロック戦略
  • マツダ減速エネルギー回生キャパシタシステム"i-ELOOP" について
  • 今後の展望
高橋 正好
マツダ(株) 車両システム開発部 主幹
2 自動車への電気2重層キャパシタの応用
  • 自動車用途への適用課題
  • 自動車用電気二重層キャパシタの諸特性
  • 応用範囲拡大に向けた開発動向
仲秋 健太郎
日本ケミコン(株) 技術本部 製品開発センター 第一製品開発部 部長
3 両面冷却構造を用いた小型パワーコントロールユニット
  • 開発の背景
  • 両面冷却技術(パワーデバイス、冷却器)
  • 多様なニーズへの対応
佐藤 博英
(株)デンソー EHV機器技術3部 担当部長
 1970年代以降、各種車載システムは、排気ガス清浄化に始まり、燃費や安全性向上要求に対して電子制御が推し進められて来た。さらに、最近では地球環境、エネルギー資源の問題からモータを動力源とするHEVやEVの普及が急速に進みつつある。その結果、自動車は、マイクロコンピュータからモータ駆動用として、電圧:1~600V超の各種電源が必要となっており、消費電力も増大の一途を辿っている。本セッションでは、進化する車載電源システムとして、最新の自動車減速エネルギー回収システム、自動車用蓄電デバイスとしての電気2重層キャパシタ、両面冷却構造によって出力密度を飛躍的に向上させたパワーコントロールユニットを紹介して頂く。

【藤野 誠二/(株)デンソー】

※スイッチング電源技術シンポジウムD3セッションと同じものです。
同時開催展示会をご覧ください
14:05~16:50
A4 車載用磁気センサの最新動向
山寺 秀哉
(株)豊田中央研究所 電子デバイス研究部 半導体材料基盤研究室 主任研究員
1 車載用レゾルバの最新動向
  • レゾルバの原理と特徴
  • レゾルバの各種特性と最新技術
  • レゾルバ信号のデジタル変換方法と最新動向
石橋 和之
多摩川精機(株) モータトロニックス研究所 センサ技術課 主任技師
2 TMRセンサ
  • HDDヘッドについて
  • TMRセンサ紹介
  • 角度センサへの応用
酒井 正則
TDK(株) ヘッドビジネスグループ 主幹
3 磁歪原理を用いた変位センサの紹介および最新事例について
  • センサの計測原理について
  • 磁歪式変位センサを用いるメリットについて
  • 磁歪式変位センサの車載用途における最新事例の紹介
エカ ラディティア ロースハルタント
エムティエスセンサーテクノロジー(株) 技術部
アプリケーションエンジニア
 自動車では、回転数・回転角・位置・トルクといった動力系や車体系での物理量を検出できるセンサを必要としている。磁気センサは、非接触・高精度・高応答性・容易装着性の特徴を有しかつ低コストであるために車載用で多く使用されているが、動力制御や車両制御や安全制御のためのシステムの高度化に伴って、要求される磁気センサの仕様もますます高度化している。
 本セッションでは、これら高度化された車載用磁気センサの現状および今後車載用としての使用が期待される、①車載用レゾルバ、②TMRセンサ、③磁歪を用いた変位センサ の最新動向について紹介する。

【山寺 秀哉/(株)豊田中央研究所】

※磁気応用技術シンポジウムA4セッションと同じものです。
7月19日(金)
09:45~12:30
G5 カーエレクトロニクスとEMC ~EV/HEVにおけるパワーエレクトロニクスの課題~
前野 剛
(株)クオルテック 信頼性試験センター 所長
1 パワーエレクトロニクス機器のノイズ発生メカニズムと抑制技術
清水 敏久
首都大学東京 理工学研究科 教授
2 HEV車におけるEMCの課題と性能確保のポイント
野島 昭彦
トヨタ自動車(株) 電子技術統括部 品質技術室 主幹
3 EV車におけるEMCの課題と性能確保のポイント
塚原 仁
日産自動車(株) 電子信頼性技術開発部 電子信頼性評価グループ 主査
4 EV/HEV用自動車部品のEMCシールド技術と課題
瀧 浩志
(株)デンソー 研究開発1部 電力変換システム開発室 課長
<パネルディスカッション>
EV/HEVのEMC性能確保の技術は従来とどう異なるのか?
 現在の自動車は高度に電子化された上に、EVやHEVなどでは大きなパワーエレクトロニクスのデバイスなども搭載され、これらを含んだEMC問題に対応するためには広範囲に亘る視野と高度な技術力が要求される。
 そこでこの度、第一線でご活躍中の専門家の方々にお集まり戴き、まず、清水先生より、パワーエレクトロニクス機器のノイズ発生メカニズムと抑制技術について、技術的な立場から解説して戴いた後に、自動車メーカ2社と部品メーカ1社にそれぞれの立場からEVやHEVを含んだEMC性能確保について説明して戴く。最後に全員で上記の対応技術と従来技術との違いの有無や自動車メーカ/部品メーカ両者の連携の重要性等を話題にしつつディスカッションを行い、今後の課題も含めて更に理解を深められたらと考える。なお、これには時間の許す限り聴講者の方々にも参加戴きたい。

【前野 剛/(株)クオルテック】

※EMC・ノイズ対策技術シンポジウムG5セッションと同じものです。
同時開催展示会をご覧ください
14:05~16:50
E6 xEV用電池に関わる新技術
伊原 文明
富士通テレコムネットワークス(株) エグゼクティブ アドバイザー
1 自動車向けワイヤレス給電の現状
  • ワイヤレス給電の国内外の状況
  • ワイヤレス給電技術の現状と課題
篠原 真毅
京都大学 生存圏研究所 教授
2 トヨタ自動車におけるFCV開発状況
  • 次世代車を取り巻く環境
  • トヨタ自動車の次世代電動車
  • トヨタにおけるFCV開発の歴史
  • FCシステム概要
  • FCシステムにおける2次電池制御
  • FCV導入における課題
高橋 剛
トヨタ自動車(株) 技術統括部 次世代車推進Gr グループ長
3 ルノーにおけるEV用電池開発
  • ルノーKangooZE、FluenceZE、Twizy、ZOEの電池技術解説
  • EV用電池開発における技術課題
  • 今後のxEV用電池の課題と方向性
折口 正人
RENAULT(ルノー) 電動パワートレイン開発本部 電池開発グループリーダー
 電池は、スマホなどの進歩とは異なり、10年率2倍となかなか進歩が難しい分野です。しかし「不満のあるところこそ、ビジネスあり」です。
 XEVのシナリオは、HEV⇒PEEV⇒EV⇒FCEVだったのですが、HEVでのLiB切換えが無いと、電池価格の低減が困難となり、EVとFCEVの順番が反転してしまうかも知れません。しかし、エンジンにしてもFCEVにしてもワイドレンジでの急速な変化は効率低下となります。電池はエネルギー平準化しては総合効率向上を図るため、FCEVになろうと、これからも最大の重要なキーパーツです。
 今回は、次期ステップとして電池生産量を拡大するものの、「重いHEV」と比喩されるPHEV弱点の面倒な、充電問題を解決する話題のワイアレス充電について中立的立場から、その最前線について、京都大学の篠原教授からご講演を、また、もしかするとEVより 先に本格的、拡大普及と預言され始めたFCEVと電池マネジメントについてトヨタの高橋氏から、更に、CCS(コンバインド チャージ)やDCS(チャデモ+CCSのデュアル チャージ)等インフラ整備を進めて、本格始動するEUのEV状況下において、ルノーの電気自動車の電池開発に関し、ルノー本社の折口氏から、ご講演をして頂きます。

【伊原 文明/富士通テレコムネットワークス(株)】

※バッテリー技術シンポジウムE6セッションと同じものです。
このページの先頭へ