電子・機構部品の最先端がみえるアジア最大級の専門展示会&シンポジウム

テクノフロンティア技術シンポジウムロゴ テクノフロンティア2013
東京ビッグサイトアクセス
 

※下記プログラムは4/30現在のプログラムです。今後プログラム内容が変更となる場合があります。

7月17日(水) 09:45 - 12:30 E1 リチウムイオン電池の最新動向と将来展望
12:55 - 13:40 L1 SiCデバイス (スポンサー:ローム株式会社)
14:05 - 16:50 E2 高信頼性蓄電池技術の進展
7月18日(木) 09:45 - 12:30 E3 リチウムイオン電池用材料の最前線
14:05 - 16:50 E4 次世代高性能電池の最新技術
7月19日(金) 09:45 - 12:30 E5 燃料電池~本格実用化に向けたアプローチ~
14:05 - 16:50 E6 xEV用電池に関わる新技術
※当日会場での録音、写真、ビデオ撮影などは一切ご遠慮ください。
 コーディネータ   スピーカ  (敬称略)
7月17日(水)
09:45~12:30
E1 リチウムイオン電池の最新動向と将来展望
山木 準一
京都大学 特任教授 / 九州大学 名誉教授
1 リチウム二次電池の特許出願状況から見るグローバル動向
  • リチウム二次電池の市場環境
  • リチウム二次電池関連分野の特許出願動向
  • リチウム二次電池関連分野の論文発表動向
小谷内 章
特許庁 審査第三部 金属電気化学 審査官
2 xEVの市場動向と将来展望
  • xEV市場(HEV、PHEV、EV)の動向
  • xEVおよび電池市場の展望
  • 電池産業における競争環境の変化
風間 智英
(株)野村総合研究所 自動車・ハイテク産業コンサルティング部 グループマネージャー
3 最新リチウムイオン電池市場の将来展望と新用途の可能性
  • モバイル機器分野における競争軸の変化
  • xEV分野拡大に向けた主要プレーヤの動き
  • 蓄電分野の市場形成のための必要要件
竹下 秀夫
(株)B3 代表取締役
 オープニングセッションでは、リチウムイオン電池の最新動向と将来性について講演していただく。
 特許庁の小谷内氏には主に特許出願動向調査を軸に、研究開発動向、各国の産業技術政策についてお話いただく。ついで、野村総合研究所の風間氏から、xEV市場(HEV、PHEV、EV)の動向とxEV及び電池市場の展望、電池産業における競争環境の変化についてお話していただく。さらに、(株)B3の竹下氏には、モバイル機器分野における競争軸の変化やxEV分野拡大に向けた主要プレーヤの動き、蓄電分野の市場形成のための必要要件について解説していただく。
 リチウムイオン電池の将来性を展望するセッションとしたい。

【山木 準一/京都大学】

12:55~13:40
L1 ランチセッション
スポンサー:  ロームロゴ  ローム株式会社別ウィンドウ  
実用化が進む! SiCデバイスの応用例
舟木  剛
大阪大学大学院 工学研究科 電気電子情報工学専攻
システム・制御工学講座 パワーシステム領域 教授
産機等の電力損失を大幅に削減する ロームの最新SiCデバイス
伊野 和英
ローム(株) SiCパワーデバイス製造部 副部長

SiCパワーデバイスで実現する省電力社会を、応用例も交えながら第一線で研究されている大阪大学 舟木先生にご講演いただきます。
また、業界初ショットキーダイオードレスのSiC-MOS モジュールをはじめとしたロームの最新SiC製品もご紹介いたします。
14:05~16:50
E2 高信頼性蓄電池技術の進展
鳶島 真一
群馬大学 理工学部 環境創生理工学科 教授
1 高安全な定置用リチウムイオン電池の開発
  • 蓄エネ社会に求められる理想的なリチウムイオン電池とは
  • リチウムイオン電池の潜在的な危険性
  • 安全な電池を開発するためのポイント
河上 清源
エリーパワー(株) 取締役 常務執行役員
2 大型リチウムイオン電池の寿命試験
  • 大型リチウムイオン電池の導入/普及状況
  • 国プロで開発された電池の寿命試験
  • 性能低下要因の推定
竹井 勝仁
(一財)電力中央研究所 材料科学研究所 上席研究員
3 リチウムイオン電池の安全性試験と難燃化大容量電池の開発
  • リチウムイオン電池の安全性の考え方
  • 内部短絡を模擬する試験
  • 難燃化大容量化電池の開発
荒川 正泰
(株)NTTファシリティーズ総合研究所 バッテリー技術部 部長

 

辻川 知伸
(株)NTTファシリティーズ 研究開発本部 主任研究員 (共同研究者 )

 

 電力貯蔵装置用リチウムイオン電池は各種機関で研究開発が急速に進んでおり国策でも重要技術、成長産業と認識されている。今後、最も成長が期待できる市場の一つである。一方で工業製品としてのリチウムイオン電池の信頼性(性能劣化と安全性)はカタログでは判断が難しい事象であり、電池の実用化では改善が必要な技術課題である。本セッションでは、3名の講師の方をお招きし、電力貯蔵用リチウムイオン電池の信頼性向上に関して優れた最新研究成果について説明して頂き、今後の電池開発促進を図る情報および指針を聴講者の方に提供したい。

【鳶島 真一/群馬大学】

7月18日(木)
09:45~12:30
E3 リチウムイオン電池用材料の最前線
喜多 房次
日立マクセル(株) 開発本部 技術開発部 副技師長
1 LIB用水系バインダーの開発
  • 水系正極バインダーの開発
  • 水系負極バインダーの開発
鵜川 晋作
JSR(株) 機能高分子研究所 主事
2 不燃性電解液の可能性
  • 電解液の不燃化技術
  • イオン性液体電解液の可能性
  • フッ素溶媒電解液の可能性
石川 正司
関西大学 化学生命工学部 教授 先端科学技術推進機構長
3 5V級正極を使った高電圧リチウム二次電池の研究開発
  • 5V級スピネル正極材料の紹介
  • 5V級スピネル正極材料の改善の検討
  • 耐酸化性電解液の開発
野口 健宏
日本電気(株) スマートエネルギー研究所 主任研究員
 リチウムイオン電池は、携帯電話、自動車、据え置き型電源など様々な用途での使用が期待されている。一方で、電池のさらなる高電圧・高容量化や低コスト化、そして十分な安全性の確保が電池開発における重要な課題である。今回は、正極・負極用バインダー、不燃性電解液、高電圧正極材料につき最先端の研究を行っている3名の講師をお招きし、それぞれの材料の開発のポイントとその性能、それから期待される電池について講演していただく。
 本セッションでの講演と議論を通じて、材料面からの上記の課題を解決するための取り組みを示し、今後の国際競争で勝つための電池と電池材料開発の指針を提供したい。

【喜多 房次/日立マクセル(株)】

同時開催展示会をご覧ください
14:05~16:50
E4 次世代高性能電池の最新技術
岡田 重人
九州大学 先導物質化学研究所 先端素子材料部門 大学院総合理工学府 
量子プロセス理工学専攻 准教授
1 イオン液体を電解質とするナトリウム蓄電池
  • イオン液体とは
  • 電解質としての特性
  • ナトリウム蓄電池への応用
萩原 理加
京都大学 エネルギー科学研究科 教授
2 硫黄/シリコン系電池
  • 硫黄系正極の研究開発
  • シリコン系負極の研究開発
  • 硫黄/シリコン系電池の研究開発
境 哲男
(独)産業技術総合研究所 ユビキタスエネルギー研究部門 首席研究員 兼 グループ長
3 ポストリチウム電池としてのNa、Mg、Hへの期待
  • 金属空気電池の研究の現状
  • 新しいナトリウム系活物質
  • Mg電池、金属水素化物の応用
錦織 英孝
トヨタ自動車(株) 東富士研究所 電池研究部 グループ長
 3.11以降、電力需給状況が逼迫する我が国において、脱原発と低炭素化の二律背反を解消するエネルギー問題の現実解として、揚水発電に替わる高エネルギー効率大型蓄電池がある。半導体に替わる「新しい産業の米」として、大型蓄電池は電子立国から蓄電立国に大きく舵を切りつつある我が国の最重要戦略デバイスといっても過言ではなく、電気通信や自動車、電力業界の牽引役としての期待が高まっている。
 本セッションでご紹介する3講演はいずれもポストリチウムイオン電池として現在国内外でも注目度の高い電池系であり、低コスト化や大型化を意識して開発されている点も共通している。NAS電池に続く新たな大型蓄電池の胎動に触れ、蓄電立国日本の底力を感じて頂ければ幸甚である。

【岡田 重人/九州大学】

7月19日(金)
09:45~12:30
E5 燃料電池~本格実用化に向けたアプローチ~
堀場 達雄
三重大学 大学院工学研究科 特任教授
1 水素社会実現に向けたNEDOの取り組み
  • 水素・燃料電池技術開発を推進する意義
  • NEDOの役割と取り組み
  • 水素社会実現に向けて
大平 英二
(独)新エネルギー・産業技術総合開発機構 新エネルギー部 燃料電池・水素グループ 
主任研究員
2 日産自動車におけるFCEV研究開発
  • FCEVの研究開発課題と取り組みの現状
  • 今後の展望
飯山 明裕
日産自動車(株) 総合研究所 EVシステム研究所 エキスパートリーダ
3 ホンダにおける燃料電池電気自動車の開発と導入に向けて
  • 水素社会に向けた取り組み
  • 燃料電池開発のポイント
  • 導入に向けた課題の整理
守谷 隆史
(株)本田技術研究所 第5技術開発室 上席研究員
 燃料電池はエネルギー変換効率の高い直流発電システム技術として従来より注目されてきており、その実用化としては、「エネファーム」の名で知られる家庭用システムが先行した。一方、自動車用としては、すでに実行されているリース販売に続き、一般販売の時期も迫りつつある。そのような状況認識をもとに、本セッションでは、我が国の国家プロジェクトとしての燃料電池技術開発の状況と、自動車会社における実用化燃料電池自動車の開発の現状に関する講演を企画した。ここでは、燃料電池自動車技術の現状と課題、および将来展望などについての理解が共有できる。また、本セッションに続くE6セッションも併せてご聴講いただければ、より一層の理解が得られる。

【堀場 達雄/三重大学】

同時開催展示会をご覧ください
14:05~16:50
E6 xEV用電池に関わる新技術
伊原 文明
富士通テレコムネットワークス(株) エグゼクティブ アドバイザー
1 自動車向けワイヤレス給電の現状
  • ワイヤレス給電の国内外の状況
  • ワイヤレス給電技術の現状と課題
篠原 真毅
京都大学 生存圏研究所 教授
2 トヨタ自動車におけるFCV開発状況
  • 次世代車を取り巻く環境
  • トヨタ自動車の次世代電動車
  • トヨタにおけるFCV開発の歴史
  • FCシステム概要
  • FCシステムにおける2次電池制御
  • FCV導入における課題
高橋 剛
トヨタ自動車(株) 技術統括部 次世代車推進Gr グループ長
3 ルノーにおけるEV用電池開発
  • ルノーKangooZE、FluenceZE、Twizy、ZOEの電池技術解説
  • EV用電池開発における技術課題
  • 今後のxEV用電池の課題と方向性
折口 正人
RENAULT(ルノー) 電動パワートレイン開発本部 電池開発グループリーダー
 電池は、スマホなどの進歩とは異なり、10年率2倍となかなか進歩が難しい分野です。しかし「不満のあるところこそ、ビジネスあり」です。
 XEVのシナリオは、HEV⇒PEEV⇒EV⇒FCEVだったのですが、HEVでのLiB切換えが無いと、電池価格の低減が困難となり、EVとFCEVの順番が反転してしまうかも知れません。しかし、エンジンにしてもFCEVにしてもワイドレンジでの急速な変化は効率低下となります。電池はエネルギー平準化しては総合効率向上を図るため、FCEVになろうと、これからも最大の重要なキーパーツです。
 今回は、次期ステップとして電池生産量を拡大するものの、「重いHEV」と比喩されるPHEV弱点の面倒な、充電問題を解決する話題のワイアレス充電について中立的立場から、その最前線について、京都大学の篠原教授からご講演を、また、もしかするとEVより 先に本格的、拡大普及と預言され始めたFCEVと電池マネジメントについてトヨタの高橋氏から、更に、CCS(コンバインド チャージ)やDCS(チャデモ+CCSのデュアル チャージ)等インフラ整備を進めて、本格始動するEUのEV状況下において、ルノーの電気自動車の電池開発に関し、ルノー本社の折口氏から、ご講演をして頂きます。

【伊原 文明/富士通テレコムネットワークス(株)】

※カーエレクトロニクス技術シンポジウムE6セッションと同じものです。
このページの先頭へ