電子・機構部品の最先端がみえるアジア最大級の専門展示会&シンポジウム

テクノフロンティア技術シンポジウムロゴ テクノフロンティア2012
東京ビッグサイトアクセス
ご参加いただきましてありがとうございました。
2013年度の開催につきましては、後日ご案内いたします。
 
※下記プログラムは7/3現在のプログラムです。今後プログラム内容が変更となる場合があります。
7月11日(水) 10:00 - 12:45 C1 産業用モータのスマート化
13:05 - 13:50 L1 SiCデバイス (スポンサー:ローム株式会社)満席
14:15 - 17:00 F2 知っておきたい最新放熱材料・スマート冷却デバイス
G2 電磁界シミュレーションとモデリングの実際
7月12日(木) 10:00 - 12:45 A3 車載用スマートセンサ技術
13:05 - 13:50 L2 EMI評価手法 
(スポンサー:ローデ・シュワルツ・ジャパン株式会社)
14:15 - 17:00 H4 スマートファシリティーのためのエネルギーマネジメント
I4 工作機械のスマート化
7月13日(金) 10:00 - 12:45 D5 蓄エネデバイス適用新電源技術
E5 ソーシャルアプリケーションと技術提言
14:15 - 17:00 D6 SiC・GaNの新しい応用技術
※当日会場での録音、写真、ビデオ撮影などは一切ご遠慮ください。
 コーディネータ   スピーカ  (敬称略)
7月11日(水)
10:00~12:45
C1 産業用モータのスマート化
森永 茂樹
アイダエンジニアリング(株) 執行役員 開発本部 副本部長 技術研究所 所長 モータ事業部 事業部長
1 産業用モータの高効率規制動向
  • 国内、国外の高効率規制
  • 日本の高効率規制検討状況
  • 今後の展望
小俣    剛
一般社団法人日本電機工業会 高効率モータ普及委員会 委員長
(株)日立産機システム 事業統括本部 ドライブシステム事業部 ドライブシステム設計統括部 部長
2 モータ開発における上流設計からみた性能向上と解析技術
  • モータ冷却のための回転放熱円盤の適用への熱流体解析
  • モータ高効率への極数と磁石の最適化へ取り組み
  • 電磁振動・騒音低減アプローチによる電磁-振動連携解析
野田 伸一
(株)東芝 電力システム社 電力・社会システム技術開発センター 技術主幹
3 産業機械・工作機械用モータとドライブ技術
  • サーボモータの省エネルギー技術
  • サーボドライブの省エネルギー技術
  • 適用事例
松原 俊介
ファナック(株) 専務取締役 サーボ研究所 所長
 産業用モータは、システムの中で、色々なかたちで、スマート化が進展している。特に、高効率化を含む省エネルギー技術、低振動・低騒音技術が注目されている。また、それらの技術を支える解析技術も重要となっている。
 本セッションでは、まず産業用モータをグローバルに展開するに際に、大きな問題となる、モータの高効率規制についての国内外における効率規制の現状を解説し、今後の展望について紹介する。二番目のテーマとしては、その規制をクリアするために、モータの開発において、モータの冷却、モータの高効率化、低振動化を支援するモータ関連の解析技術を紹介する。最後に、モータ単体の効率だけでなく、ドライブの省エネルギー技術について、電源回生などの駆動方法などを説明し、その効果について適用事例を紹介する。
 以上、本セッションが今後の産業用モータ・ドライブの一助となれば、幸いである。

【森永 茂樹/アイダエンジニアリング(株)】

※モータ技術シンポジウムC1セッションと同じものです。
13:05~13:50
L1 ランチセッション
スポンサー:  ロームロゴ  ローム株式会社別ウィンドウ
省エネ・創エネを加速するSiCパワーデバイスの実用化
舟木    剛
大阪大学大学院 工学研究科 電気電子情報工学専攻 パワーシステム領域 教授
パワー半導体を牽引するロームの最新SiCデバイス
伊野 和英
ローム(株) SiCパワーデバイス製造部 副部長
SiCパワーデバイス・モジュールの実現する高電圧電力変換・高温動作が切り開く世界を、第一線で研究されている大阪大学 舟木先生にご講演いただきます。また、世界初"フルSiC"モジュールの量産化をはじめとしたロームの最新SiC製品のご紹介もいたします。他のセッションにご登録いただいている方は無料ですので、ふるってご参加ください。
14:15~17:00
F2 知っておきたい最新放熱材料・スマート冷却デバイス
松木 隆一
新光電気工業(株) 開発統括部 基盤技術開発部 プロジェクト 課長
1 LCPの熱伝導性を活かした高放熱金属ベース基板の開発
  • LCPの配向と熱伝導性
  • 可溶性LCP
  • 可溶性LCPを絶縁層に用いたアルミベース基板
岡本    敏
住友化学(株) 情報電子化学品研究所
2 ヒートパイプ式均熱板の開発と利用例
  • ヒートパイプによる均熱設計について
  • ヒートパイプ式均熱板の設計と性能評価事例
  • 均熱化製品への今後の応用
山蔭 久明
東芝三菱電機産業システム(株) 産業第一システム事業部
産業トータルソリューション技術部 担当部長
3 高出力を可能にする高熱伝導材
  • なぜ高出力なのか
  • 高出力化の問題点
  • 問題解決へのアプローチ(新素材)
野上 美郎
(株)サーモグラフィティクス 代表取締役
4 熱電素子の特性と効果的な使い方
  • 熱電素子の構造と特性
  • 応用機器設計時の注意点
  • 熱電素子の応用機器例紹介
今泉 久朗
テックコンサルティング 技術コンサルタント
 スマート社会の実現にはIT技術を用いた効率的なエネルギー利用が求められている。電子機器の設計においてもスマートテクノロジーによる省電力化によって無駄な熱を出さないことが重要である。しかし、発熱が避けられないのであれば、その熱設計においては、放熱・冷却のために必要以上のエネルギーを消費しない、より効率的な熱設計が必要となる。また、製品・部品の熱設計においてはその構造の重要性もさることながら、どのような材料、冷却デバイスを用いるかが、熱特性の支配的要因となる。材料については、より熱伝導率の高い材料、冷却デバイスについては緻密な温度制御が冷却効率向上のカギとなる。そこで、本セッションにおいては、設計者が知っておきたい放熱材料、冷却デバイスについてそれぞれ2件の講演をいただき、スマートテクノロジーを支える放熱設計のあるべき姿を材料・デバイスの側面から模索してゆく。

【松木 隆一/新光電気工業(株)】

※熱設計・対策技術シンポジウムF2セッションと同じものです。
14:15~17:00
G2 電磁界シミュレーションとモデリングの実際
櫻井 秋久
日本アイ・ビー・エム(株) 先進ソリューション研究所 技術理事
1 自動車における電磁界計測とシミュレーション
  • 自動車に要求される電磁界計測とシミュレーション
  • 自動車ワイヤーハーネスのモデルとシミュレーション
  • 自動車ボデーのモデルとシミュレーション
福井 伸治
(株)日本自動車部品総合研究所 研究2部 部長
2 ICTのEMCに関連する計測とシミュレーション
  • EMCシミュレーションのためのモデリング
  • シミュレーションと計測
  • 設計におけるEMCシミュレーション
藤尾 昇平
日本アイ・ビー・エム(株) 東京研究所 技術ソリューション開発 担当部長
 各種の電磁界シミュレーションツールが製品開発に使用されています。最近のツールのGUI等に優れ、利用者には何でもこれらのツールで解析できるように感じられます。しかし多くの場合、現実の課題をそのまま電磁シミュレーションにモデルとして入力し、解析することは解析規模が大きくなり現実的ではありません。つまり、多くの技術者がここでシミュレーション活用の困難を感じるわけです。いかに解析モデルを構築するかがシミュレーション応用において極めて大切になります。このセッションでは自動車、ICTにおいてどのようにモデルを構築し、シミュレーションを活用しているのかを議論します。

【櫻井 秋久/日本アイ・ビー・エム(株)】

※EMC・ノイズ対策技術シンポジウムG2セッションと同じものです。
7月12日(木)
10:00~12:45
A3 車載用スマートセンサ技術
山寺 秀哉
(株)豊田中央研究所 パワーエレクトロニクス研究部 半導体材料基盤研究室 主任研究員
1 車載用集積化磁気センサ
  • 磁気検出方式と集積化について
  • 集積化磁気センサの車載用途例について
石王 誠一郎
(株)デンソー IC技術2部 第3開発室 室長
2 ホールセンサ式回転数/角センサの動向とその応用
  • ホールセンサを用いた磁気式回転角度センサの特徴
  • 磁気収束板を用いた高分解能・高速応答回転角度センサについて
  • 高感度・高精度回転数センサについて
岡本 潤一郎
旭化成エレクトロニクス(株) マーケティング&セールスセンター
磁気センサー事業グループ 課長代理
3 ホールICを使用したEPS用トルクセンサ
  • EPS用トルクセンサの概要
  • ホールICトルクセンサの特徴
  • EPS用トルクセンサの将来動向
青木    要
(株)ジェイテクト 第1電子技術部 第3開発室 主任
 自動車では、電流・回転数・回転角・位置・トルクといった動力系や駆動系の物理量を検出できるセンサを必要としている。磁気センサは、非接触・高精度・高応答性・容易装着性の特徴を有するために車載用で多く使われているが、センサ及び制御システムをスマート化させるには、センサと信号処理回路を一体化した集積化(IC化)磁気センサが有効な手法である。センサを集積化すると小型化・低消費電力化・低コスト化はもちろんのこと、信号処理回路による高精度化・温度補償等によって、制御システムへのスマート化も達成できる。
 本セッションでは、1車載用集積化磁気センサ全般について解説し、集積化磁気センサの応用例である 2ホールセンサ式回転数/角センサの動向とその応用 3ホールICを使用したEPS用トルクセンサについて紹介する。 

【山寺 秀哉/(株)豊田中央研究所】

※磁気応用技術シンポジウムA3セッションと同じものです。
13:05~13:50
L2 ランチセッション
スポンサー:  ローデ・シュワルツ・ジャパン株式会社  ローデ・シュワルツ・ジャパン株式会社別ウィンドウ
「タイムドメインによるCISPR16に対応したEMIコンプライアンス試験手法」
Christian Reimer
ROHDE & SCHWARZ International Operations GmbH
Director Solutions for Test Labs, Systems
吉本 修
ローデ・シュワルツ・ジャパン 技術部 テクニカルセンター 1課課長
「最新の計測ソリューション」
吉本 修
ローデ・シュワルツ・ジャパン 技術部 テクニカルセンター 1課課長
EMI評価における標準規格であるCISPR16の構成と最新の測定手法であるタイムドメイン・スキャンを使用した高速FFTによるEMI評価手法についてご説明します。また、世界最先端のテクノロジーで、計測業界をリードするローデ・シュワルツが提供する最新の計測ソリューションについてもご紹介いたします。他のセッションにご登録いただいている方は無料ですので、ふるってご参加ください。
14:15~17:00
H4 スマートファシリティーのためのエネルギーマネジメント
中寺 和哉
(株)村田製作所 技術・事業開発本部 MIRAIプロジェクト課 係長
1 ZEB(ネット・ゼロ・エネルギー・ビル)実用化に向けた異業種コラボによる「スマート化」への取り組み
  • 自己発電型照明制御無線スイッチシステムの実用化に向けて
  • 無線通信技術と電源制御技術によるタスク&アンビエント照明システムの導入
  • 室内CO2濃度を最適制御する省エネ換気システムの実証実験について
森    一紘
戸田建設(株) 環境事業推進室 企画管理課 課長
2 建築構造物を利用した発電
  • 建築構造物の特徴
  • 建築構造物での発電に関する各種検討
  • 非鉛系圧電材料の可能性検討
丹羽 直幹
鹿島建設(株) 技術研究所 上席研究員
3 熱電発電のスマートビル/工場への応用
  • 半導体MEMS技術を用いた超小型熱電発電素子
  • Smart BuildingとFactoryへの応用
西    秀敏
マイクロペルトGmbh 東京オフィス カントリーマネジャー
 昨今、CO2排出問題、震災対応などから、エネルギー使用量の削減が叫ばれているが、現状の生活レベルを変えずにエネルギー使用量を削減するには効率的な利用を行わなければならない。そのためには、環境のセンシングと、環境への情報フィードバックが必要不可欠である。きめ細かいフィードバックをしようと思えば、センサを多数配置して多くの環境情報を収集し、伝送し、処理することになるが、センサ部分のエネルギー源と、センサ部分との情報通信が大きな課題となる。居住環境から得られるエネルギーが利用でき、無線通信によって情報収集が可能となれば、センサネットワークの活用は大きく広がるとともに居住環境のエネルギーマネジメントも可能になると考える。
 このセッションでは、居住環境からどの程度のエネルギーが得られるか、また、居住環境をどのように制御できるかについて検討した内容をご発表いただく。

【中寺 和哉/(株)村田製作所】

※環境発電開発者会議H4と同じものです。
14:15~17:00
I4 工作機械のスマート化
青山 英樹
慶應義塾大学 理工学部 システムデザイン工学科 教授
1 びびり事前予測とインプロセス回避および主軸状態監視
  • CutPRO解析システムによる事前予測
  • 軸受損傷モニター装置によるリアルタイム監視
  • dB-1びびり解析装置によるインプロセスびびり回避
星 鐵太郎
星技術研究所 所長
2 工作機械に於ける知能化技術の実用化事例について
  • 加工条件探索機能とその実用化事例について
  • 熱変位抑制技術とその実用化事例について
千田 治光
オークマ(株) 研究開発部 部長
3 複合加工機における衝突回避
  • 複合加工機の衝突の危険性と衝突防止による効果について
  • シミュレーションによる事前衝突チェック
  • 衝突による衝撃緩和について
掛山 拓朗
中村留精密工業(株) サービス部 エンジニアリング課 主任
4 損耗センサ付き切削工具システム
  • 工具損傷
  • 損耗センサの検出原理
  • センサの信号処理
山根 八洲男
広島大学 工学研究院 教授
 アジア各国の工業立国化にともない、日本技術と他国技術の差別化が課題となっている。工作機械の開発ならびに利用に関して、他国との差別化の観点で、工作機械のスマート化が一つの大きなテーマになることは必至である。
 本セッションでは、1工作機械利用時の事前予測技術(びびりを事前予測して回避する技術、工作機械主軸軸受の損傷を事前に予測する技術)、2工作機械利用中の自動最適化技術(加工条件の自動最適化技術、熱変位誤差自動補正技術)、
3複合加工機使用時における確実な衝突回避技術、4切削工具損傷を確実に検出する切削工具システム技術について、適用事例を含めてご講演を頂き、講師ならびに会場参加者で工作機械のスマート化について幅広く議論する。    

【青山 英樹/慶應義塾大学】

※工作機械関連技術者会議I4と同じものです。
7月13日(金)
10:00~12:45
D5 蓄エネデバイス適用新電源技術
濱荻 昌弘
日立コンピュータ機器(株) パワーシステム設計部 部長
1 インバータ・コンバータの制御ループ設計と評価
  • シミュレーションソフトの活用
  • FRAを用いた実機における制御ループ特性評価
今田 悟
(株)エヌエフ回路設計ブロック ユニット開発第1-3部 部長
2 リチウムイオン電池を用いた高効率双方向コンバータ技術
  • 高効率電力変換回路及び制御技術
  • 多並列リチウムイオン電池パックを適用した充放電特性
高橋 史一
日立コンピュータ機器(株) パワーシステム設計部 開発第2グループ 主任技師
3 多直列蓄エネデバイス用バランス回路/充電器
  • 各種従来方式の概要と課題
  • 昇降圧コンバータを多段接続した一石式バランス回路/充電器
  • 多段倍電圧整流回路を利用した二石式バランス回路/充電器
鵜野 将年
(独)宇宙航空研究開発機構 研究開発本部 電源グループ 研究員
 「低炭素化社会の実現に向けて、私たちパワエレ技術者は何ができるのか。」この問いに対する取り組みの一つとして、太陽光などの再生可能エネルギー、モータなどの回生エネルギー、夜間電力など、充分に活用されていないエネルギーを有効に使うためのさまざまな技術を提案していきたいと考えている。
 本セッションでは、これら充分に活用されていないエネルギーを効率良く蓄エネデバイスに蓄え、活用するための最先端技術について、実際の適用例を交えて紹介する。

【濱荻 昌弘/日立コンピュータ機器(株)】

※スイッチング電源技術シンポジウムD5と同じものです。
10:00~12:45
E5 ソーシャルアプリケーションと技術提言
鳶島 真一
群馬大学 大学院工学研究科 応用化学・生物化学専攻 教授
1 ドコモ・グリーン基地局構想と次世代蓄電池システムの高度化・安全評価への提言
  • ドコモのグリーン基地局構想の概要
  • ドコモのリチウムイオン電池の取り組みと安全性評価法
  • 今後の蓄電池システムの高度化提言
竹野 和彦
(株)NTTドコモ 先進技術研究所 環境技術研究グループ 主幹研究員
2 バス・トラックなど商用車に求められるバッテリー能力と性能の事例
  • 路線バスに導入された電池システムの運用状況
  • 商用車電池に求められる仕様と課題
  • IHI、A123 Systemsの連携で生み出す、日本市場とグローバル市場でのビジネス展開
西尾 俊昭
(株)IHI リチウムイオン電池事業推進部 営業・マーケティンググループ 担当部長
3 加西グリーンエナジーパークにおけるスマートエナジーシステム
  • スマートエナジーシステム(SES)の概要
  • 大規模蓄電システム
  • DC配電システム
上田 康博
パナソニックグループ エナジー社 三洋電機(株) エナジー社
大型蓄電ビジネスユニット 技術統括部 担当課長
 電力の安定供給とエネルギー効率利用システムの構築は社会インフラであり全ての産業が関与する可能性がある課題であるとともに輸出工業製品でもある。
 本セッションは「テクノフロンティア2012」の横断テーマである「Smart Technology Symposium」として開催するものであり、バッテリー技術に基づく最新のスマートテクノロジー技術について最先端の研究開発を行っている3名の講師をお招きし、今後の技術開発とビジネスの方向を探る。

【鳶島 真一/群馬大学】

※バッテリー技術シンポジウムE5と同じものです。
同時開催展示会をご覧ください
14:15~17:00
D6 SiC・GaNの新しい応用技術
櫻井 敬二
富士電機(株) 海外事業本部 半導体営業統括部 営業第1部 部長
1 GaN(SiC)-FET用高性能・低損失ドライバー技術
  • 新材料半導体パワーデバイスのアプリケーションにおける問題点
  • 昇圧チョッパ、PFC回路におけるGaN-FET適用事例
  • DC-DCコンバータ、インバータにおけるGaN-FET適用事例
山本 真義
島根大学 総合理工学部 准教授
2 SiCパワーデバイスを用いた高電力密度インバータ
  • SiCパワーモジュールの設計と特性
  • SiCインバータの評価
  • SiCインバータに関連した周辺技術の開発
佐藤 伸二
技術研究組合 次世代パワーエレクトロニクス研究開発機構 研究センター 主任研究員
3 トレンチMOSを用いたHEV搭載用SiCインバータ
  • HEV分野におけるSiCパワーデバイスへの期待
  • 車載SiCパワーデバイス開発の現状と課題
  • SiCインバータ開発状況
鶴田 和弘
(株)デンソー 基礎研究所 機能材料研究部 SiCデバイス研究室 室長
 パワーデバイスは、IT系電源やインバータ家電からハイブリッド自動車、太陽光発電、エレベータ、電車などの広い分野で使われており、効率良く電気を利用して快適な社会を実現するためのキーデバイスとしてますます重要性が高まってきている。
現在使われているSi系パワーデバイスは、スーパージャンクション構造の適用や薄ウエハプロセス技術の開発などにより目覚しい進歩を遂げてきたが、その性能向上は限界に近づきつつある。この限界を打破する次世代パワー半導体材料として注目されている炭化ケイ素(SiC)、窒化ガリウム(GaN)は、基礎研究・開発段階から具体的なアプリケーションへの応用が急速に活発化してきている。
 本セッションでは、これらGaN、SiCデバイスの最新開発状況と共に各種応用分野での開発事例をご紹介いただく。 

【櫻井 敬二/富士電機(株)】

※スイッチング電源技術シンポジウムD6と同じものです。

『Smart Technology Symposium』の聴きどころ

今年度から日本能率協会ではSmart Technology Symposiumを開催いたします。本シンポジウムではこれまで単独に扱われていた技術・製品機器がスマート化(センサー、ネットワーク、インテリジェントデバイスなどと融合)し、新たな「Smart Technology」として、変容しつつあります。
特に、各シンポジウム・会議よりSmart Technologyに関するトピックスセッションを取り上げて、すべてのハードウェア/ソフトウェアの技術者がいま知っておくべき、また、押さえておくべきキーテクノロジーと、次世代テクノロジーを見通し、新たな技術・機器開発に一助にできるプログラム構成となっております。是非、ご参加下さい。
このページの先頭へ