電子・機構部品の最先端がみえるアジア最大級の専門展示会&シンポジウム

テクノフロンティア技術シンポジウムロゴ テクノフロンティア2012
東京ビッグサイトアクセス
ご参加いただきましてありがとうございました。
2013年度の開催につきましては、後日ご案内いたします。
 

※下記プログラムは7/9現在のプログラムです。今後プログラム内容が変更となる場合があります。

7月11日(水) 10:00 - 12:45 E1 リチウムイオン電池の将来性  残席わずか
13:05 - 13:50 L1 SiCデバイス (スポンサー:ローム株式会社)満席
14:15 - 17:00 E2 電池事業のグローバル化と将来展望
7月12日(木) 10:00 - 12:45 E3 電池材料のイノベーション  残席わずか
13:05 - 13:50 L2 EMI評価手法 
(スポンサー:ローデ・シュワルツ・ジャパン株式会社)
14:15 - 17:00 E4 電動車両技術の新展開  残席わずか
7月13日(金) 10:00 - 12:45 E5 ソーシャルアプリケーションと技術提言  残席わずか
14:15 - 17:00 E6 次世代高性能電池
※当日会場での録音、写真、ビデオ撮影などは一切ご遠慮ください。
 コーディネータ   スピーカ  (敬称略)
7月11日(水)
10:00~12:45
E1 リチウムイオン電池の将来性  残席わずか
山木 準一
九州大学 名誉教授
1 次世代リチウムイオン二次電池の研究開発の最新動向
  • 正極材料の開発について
  • 負極材料の開発について
  • 全固体電池やLi空気電池など
狩集 浩志
日経BP社 日経エレクトロニクス 副編集長
2 XEVの市場展望と電池ビジネス
  • XEVの市場動向
  • XEVと電池の市場展望
  • 電池産業における競争環境の変化
風間 智英
(株)野村総合研究所 自動車・ハイテク産業コンサルティング部 グループマネージャー
3 リチウムイオン電池市場の将来展望
  • LIBアプリケーションの新展開の可能性
  • LIBサプライヤの競争状態の変化
  • LIBおよび次世代二次電池技術と材料の将来
竹下 秀夫
(株)B3 取締役社長
 オープニングセッションでは、リチウムイオン電池の将来性について講演していただく。
 日経BP社の狩集氏には、次世代のリチウムイオン二次電池に対する研究開発の方向性について、正/負極材料をはじめ全固体電池や有機電池などについて紹介していただく。
 次いで、野村総合研究所の風間氏から、XEVの市場展望と電池ビジネスについてお話していただく。
 さらに、(株)B3の竹下氏には、リチウムイオン電池の自動車・蓄電分野での展開、サプライヤの競争要因の変化、技術の変化について解説していただく。
 リチウムイオン電池の将来性を展望するセッションとしたい。

【山木 準一/九州大学】

13:05~13:50
L1 ランチセッション
スポンサー:  ロームロゴ  ローム株式会社別ウィンドウ
省エネ・創エネを加速するSiCパワーデバイスの実用化
舟木    剛
大阪大学大学院 工学研究科 電気電子情報工学専攻 パワーシステム領域 教授
パワー半導体を牽引するロームの最新SiCデバイス
伊野 和英
ローム(株) SiCパワーデバイス製造部 副部長
SiCパワーデバイス・モジュールの実現する高電圧電力変換・高温動作が切り開く世界を、第一線で研究されている大阪大学 舟木先生にご講演いただきます。また、世界初"フルSiC"モジュールの量産化をはじめとしたロームの最新SiC製品のご紹介もいたします。他のセッションにご登録いただいている方は無料ですので、ふるってご参加ください。
14:15~17:00
E2 電池事業のグローバル化と将来展望
堀場 達雄
三重大学 大学院 工学研究科 分子素材工学専攻 特任教授
1 電池事業のグローバル展開とビジネスモデル
  • サムスンの電池事業の変遷と今後の展開
  • 電池事業におけるグローバルアライアンス
  • 技術開発動向と対他競争力
佐藤    登
サムスンSDI(株) Vice President(常務)
2 Brief overview on the present status of battery R&D in China [通訳あり]
  • National programs on R&D of advanced batteries for xEV & ESS
  • Recent progress on Li-ion battery technology development for EV & ESS
  • Newly evaluation on large scale demonstration of advanced batteries for EV & ESS
Jiqiang Wang
Tianjin Institute of Power Sources Professor
3 リチウムイオン二次電池と新技術開発
  • 高性能化のためには何が必要か
  • 新素材開発の方向は正しいか
  • 新技術開発で留意すべき点
西 美緒
ソニー(株) 社友

 

 リチウムイオン電池には、導入の端緒となったモバイル電子機器などの小型民生用から転じて、自動車用、電力貯蔵をはじめとする産業用などの大型用途へ拡大することに対する大きな期待が以前からあった。今日では、世界的な環境対応自動車導入の機運の高揚と昨年の大震災の影響を受け、その期待が現実の状況に変化しつつあり、この分野の新たな転換点を迎えている。そのような状況下で、当分野における日本の状況を明確に理解するために、本セッションでは当分野で躍進著しい韓国と中国の関係者を発表者としてお招きし、それらの国における状況および日本に対する期待・要望などにも言及して頂き、日本側の発表者との意見を交換する場としたい。それにより、今後の我が国のこの分野における活躍の方向性を見出せることを期待したい。

【堀場 達雄/三重大学】

7月12日(木)
10:00~12:45
E3 電池材料のイノベーション  残席わずか
喜多 房次
日立マクセルエナジー(株) 開発本部 副技師長
1 硫化物系無機固体電解質を用いた硫黄系全固体電池の開発
  • 硫化物ガラス系固体電解質の開発
  • バルク型全固体電池の構成
  • リチウム/硫黄系全固体電池の試作
辰巳砂 昌弘
大阪府立大学 大学院工学研究科 物質・化学系専攻 教授
2 新規高容量正極材料の研究開発
  • 固溶体の初期構造
  • 充放電過程の結晶構造変化と電池特性
  • 充放電過程の電子状態変化と電池特性
伊藤 淳史
日産自動車(株) 総合研究所 先端材料研究所
3 次世代リチウム電池用シリコン複合系負極の研究
  • ガスデポジション法による電極作製
  • 遷移金属被覆Siコンポジット電極の負極特性
  • 遷移金属シリサイド/Siコンポジット電極の負極特性
坂口 裕樹
鳥取大学 大学院工学研究科 化学・生物応用工学専攻 教授
 リチウムイオン電池は、携帯電話など民生用途だけでなく、自動車や据え置き型電源など産業用途でも使用が期待されており、今後も大きな成長が予想されている。中でもより高容量の電池や新しい電池を開発するために期待されるのが電池材料である。今回は電池性能向上によりインパクトの大きい高容量正極材料、高容量負極材料、固体電解質につき、最先端の研究を行っている3名の講師をお招きし、それぞれの材料の研究動向とその性能、それから期待される電池について講演していただく。
 本セッションでの講演と議論を通じて、将来どのような電池が可能になっていくかを示し、今後の国際競争で勝つための電池開発の指針を提供したい。

【喜多 房次/日立マクセルエナジー(株)】

13:05~13:50
L2 ランチセッション
スポンサー:  ローデ・シュワルツ・ジャパン株式会社  ローデ・シュワルツ・ジャパン株式会社別ウィンドウ
「タイムドメインによるCISPR16に対応したEMIコンプライアンス試験手法」
Christian Reimer
ROHDE & SCHWARZ International Operations GmbH
Director Solutions for Test Labs, Systems
吉本 修
ローデ・シュワルツ・ジャパン 技術部 テクニカルセンター 1課課長
「最新の計測ソリューション」
吉本 修
ローデ・シュワルツ・ジャパン 技術部 テクニカルセンター 1課課長
EMI評価における標準規格であるCISPR16の構成と最新の測定手法であるタイムドメイン・スキャンを使用した高速FFTによるEMI評価手法についてご説明します。また、世界最先端のテクノロジーで、計測業界をリードするローデ・シュワルツが提供する最新の計測ソリューションについてもご紹介いたします。他のセッションにご登録いただいている方は無料ですので、ふるってご参加ください。
14:15~17:00
E4 電動車両技術の新展開  残席わずか
伊原 文明
富士通テレコムネットワークス(株) パワトロシステム事業部 エグゼクティブアドバイザー
1 トヨタのHV、PHV用電池開発
  • 環境への対応とトヨタのスタンス
  • HV、PHVと電池
  • 新たな車両展開と電池開発
戸島 和夫
トヨタ自動車(株) 電池材料技術部 エネルギーデバイス室 シニアスタッフエンジニア
2 未来を拓く三菱自動車のEV技術 -商用車EV ミニキャブMiEVの展開-
  • MiEV開発の経緯
  • ミニキャブMiEVの特徴
  • さらなる取り組み
吉田 裕明
三菱自動車工業(株) 開発本部 EV・パワートレインシステム技術部 部長付
3 業務用電動二輪車EV-neoの電池開発
  • 業務用に主眼をおいて開発したEV-neoについて
  • EV-neo実証実験の概要説明と実験結果紹介
  • 今後の業務用EV二輪車の方向性
林  達生
(株)本田技術研究所 二輪R&Dセンター 第1開発室 ZEROブロック テクニカルマネージャー
4 二輪から、はじまるEV革命
  • アジアのEV二輪市場
  • EV二輪マーケットにおけるリチウム電池のニーズと課題
  • シリコンバレー型の経営で世界を目指すテラモーターズの戦略
徳重  徹
テラモーターズ(株) 代表取締役
※カーエレクトロニクス技術シンポジウムE4セッションと同じものです。
 2015年よりEUで開始されるCO2の排出罰則規定により、車両の排ガス問題は厳しい状況となっている。車両本体の軽量化やエンジンの改良などによる効率向上の開発競争が激化している。一方、燃費をこれ以上に大幅に改善するには、もはや内燃機関だけでは限界に近く、電動化機能の付与は必至と考えられている。電動化システムのキーデバイスである二次電池については、これまで日本が世界を牽引してきたが、昨今の円高・ウォン安によるコスト競争力低下、韓国、中国、欧米などの国家予算による技術開発の加速などにより、事業環境の厳しさが増している。
 以上を踏まえ、本セッションでは、環境四輪車両の対応をトヨタ自動車と三菱自動車から、電動二輪車に関しては、日本発の世界的ベンチャーを目指すテラモーターズ、および日本国内の電動二輪車の状況について本田技術研究所から、それぞれ講演をいただく。それにより、電動化移動体の今後の姿に対する議論をしたい。 

【伊原 文明/富士通テレコムネットワークス(株)】

7月13日(金)
10:00~12:45
E5 ソーシャルアプリケーションと技術提言  残席わずか
鳶島 真一
群馬大学 大学院 工学研究科 応用化学・生物化学専攻 教授
1 ドコモ・グリーン基地局構想と次世代蓄電池システムの高度化・安全評価への提言
  • ドコモのグリーン基地局構想の概要
  • ドコモのリチウムイオン電池の取り組みと安全性評価法
  • 今後の蓄電池システムの高度化提言
竹野 和彦
(株)NTTドコモ 先進技術研究所 環境技術研究グループ 主幹研究員
2 バス・トラックなど商用車に求められるバッテリー能力と性能の事例
  • 路線バスに導入された電池システムの運用状況
  • 商用車電池に求められる仕様と課題
  • IHI、A123 Systemsの連携で生み出す、日本市場とグローバル市場でのビジネス展開
西尾 俊昭
(株)IHI リチウムイオン電池事業推進部 営業・マーケティンググループ 担当部長
3 加西グリーンエナジーパークにおけるスマートエナジーシステム
  • スマートエナジーシステム(SES)の概要
  • 大規模蓄電システム
  • DC配電システム
上田 康博
パナソニックグループ エナジー社 三洋電機(株) エナジー社 大型蓄電ビジネスユニット
技術統括部 担当課長
 電力の安定供給とエネルギー効率利用システムの構築は社会インフラであり全ての産業が関与する可能性がある課題であるとともに輸出工業製品でもある。
 本セッションは「テクノフロンティア2012」の横断テーマである「Smart Technology Symposium」として開催するものであり、バッテリー技術に基づく最新のスマートテクノロジー技術について最先端の研究開発を行っている3名の講師をお招きし、今後の技術開発とビジネスの方向を探る。

【鳶島 真一/群馬大学】

※Smart Technology Symposium E5セッションと同じものです。
同時開催展示会をご覧ください
14:15~17:00
E6 次世代高性能電池
奥山 良一
(株)GSユアサ 研究開発センター 第二開発部 部長
1 リチウム空気電池用電極・固体電解質複合体の開発
  • リチウム空気電池の概要と課題
  • リチウム金属電極・ポリマー電解質複合体の開発
  • 空気極・イオン交換膜複合体の開発
今西 誠之
三重大学 大学院工学研究科 教授
2 ナトリウムイオン電池のトータル設計
  • 負極材料および電解液
  • 正極材料
  • フルセル性能
駒場 慎一
東京理科大学 理学部第一部 応用化学科 教授
3 次世代自動車と未来の電池とのつながり
  • 次世代自動車の研究開発戦略
  • 全固体電池の研究状況と課題
  • 金属-空気電池の研究状況と課題
射場 英紀
トヨタ自動車(株) 電池研究部 部長
 HEV、PHEVそしてEV用として実車搭載が開始されたリチウムイオン電池は目覚しいスピードで進化しており、高性能化、長寿命化、高安全化、低コスト化が進んでいる。
 一方、ポストリチウムイオン電池を見据えた革新型電池の研究開発も開始されている。日本では2009年よりNEDOプロジェクト"RISING Project"が開始され、京都大学を中心に8大学、6法人、民間企業12社が結集した"All-Japan"の体制で研究が実施されており、目覚しい成果をあげつつある。さらには、日本だけでなく、米国、欧州、中国、韓国でもナショナルプロジェクトとして開発が進められつつあり、もはや開発の主戦場はポストリチウムイオン電池といった感さえある。
 本セッションではポストリチウムイオン電池で世界をリードされている3名の講師をお招きし、最新の開発状況および今後の課題についてご講演頂く。

【奥山 良一/(株)GSユアサ】

※カーエレクトロニクス技術シンポジウムE6セッションと同じものです。

『バッテリー技術シンポジウム』の聴きどころ

近年の地球環境問題、石油資源の枯渇・価格問題などを背景にエネルギー技術への多面的な取組みの重要性が再認識され、それゆえ産業化への大きな期待が求められているといえます。
本年度は「リチウムイオン電池の将来性」「グローバル化からみる電池事業」「電池材料」「次世代高性能電池」をテーマにセッション構成するほか、「電動車両」「ソーシャルアプリケーション」における電池の活用技術・事例を紹介することで、今後の電池の新しい使われ方についても探ります。これからの電池技術のあり方・方向性を知る場を提供いたします。
このページの先頭へ