バス車両と運行システム展

バス車両と運行システム展とはAbout

  • バス車両と運行システム展とはどんな展示会ですか?
    国内および海外の旅客・観光需要を担う「バス」に焦点を当てた専門展示会です。
    バスの利便性・安全性向上を目的とした最新の「車両技術」と「運行に関するシステム」を展示します。
    展示会と連動した講演会・関連セミナーも開催。
  • どのような製品・サービスが出展しますか?
    バス車両、バス車両部品、バス内装品、車内安全・防犯・防災設備、管理システム、運行支援システム、教育プログラムなどに関する製品やサービスが出展します。 出展対象の詳細はこちら
  • 出展のメリットは何ですか?
    前回出展者の7割強が「満足」「ほぼ満足」と回答しており、成果に関しても“次へとつながる引き合い・商談ができた”と回答した出展者が約5割“新規顧客の開拓ができた”と回答した出展者が約4割と、出展満足度の高い展示会です。
    産業用機器・装置メーカーの開発設計・研究者、生産技術者が一堂に集う「TECHNO-FRONTER 2018」。メディアからも高い注目を集める「国際ドローン展」と同時開催いたします。既存顧客とは異なった業種の方へ、新規開拓できる展示会です。

PAGE TOP

開催概要Outline

名 称
[集中展示]第3回 バス車両と運行システム展
会 期
2018年4月18日(水)〜20日(金)の3日間 10:00〜17:00
会 場
幕張メッセ
主 催
一般社団法人日本能率協会
展示予定規模
70社/100ブース
来場登録予定者数
4,000名

※同時開催展合計で35,000名

入場登録料
3,000円(税込)

※招待状持参者、事前登録者、官庁・地方公共団体、学生は登録無料

同時開催
  • TECHNO-FRONTER 2018
  • 第4回 国際ドローン展

PAGE TOP

出展対象・来場対象Target

出展対象

  • バス車両
  • バス車両部品
  • バス内装品
  • バリアフリー機器
    (スロープ、手すり、点字シートなど)
  • 車内安全設備
  • 車内防犯・防災設備
  • 車内放送システム
  • 危険物検知システム
  • 運転支援システム
  • 運転士支援システム
  • 運転士教育プログラム
  • 運行計画・人員配置システム
  • ダイヤ編成システム
  • ドライブレコーダ・デジタコ
  • 運行管理システム
  • バスロケーションシステム
  • ナビゲーションシステム
  • デジタルサイン
  • 行先案内表示システム
  • バス運行案内システム
  • 運賃・時刻・運行検索システム
  • バス停案内情報システム
  • 定期券・乗車券販売システム
  • 営業所支援システム
  • 画像監視システム
  • 無線システム
  • 通信システム
  • 動線分析システム
  • 外国人対応設備
    (サイン・翻訳機など)
  • バス高速輸送システム(BRT)
  • バスラッピング技術
  • 車両洗車機
  • 車両メンテナンス設備
  • 待合室 ほか

来場対象

  • バス運行事業者
  • 公営交通事業者 等

PAGE TOP

会場構成イメージLayout

バス車両と運行システム展は同時開催の「テクノフロンティア2018」と相互入場制です。

※出展者数、ブース数に応じて変更する可能性もございますので、予めご了承ください。

PAGE TOP