ニュースリリース

資料配布先:経済産業記者会、財界記者クラブ 2017年 09月19日 報道関係各位

一般社団法人日本能率協会

スタンフォード大学・Ishin Groupと連携「シリコンバレー-日本 協業促進事業」について

オープンイノベーションによる日本のものづくり革新

 一般社団法人日本能率協会(JMA、会長:中村正己)は、このたび、シリコンバレーと日本によるオープンイノベーション促進事業を開始します。本事業は、多くの日本企業が注目するシリコンバレーとの協業における様々な課題を解決し、日本製造業および関連産業のイノベーションを支援することを目的としています。

 具体的な活動の第1弾として、2017年11月28日(火)・29日(水)の2日間、米国・スタンフォード大学およびIshin Groupとの連携により、スタンフォード大学 Arrillaga Alumni Center(米国・カリフォルニア州)において、「Silicon Valley - New Japan Summit 2017(シリコンバレー・ニュージャパン・サミット)」を開催します。
 本サミットは、シリコンバレーで活躍するイノベーターをスピーカーとして招待し、オープンイノベーションの最新情報や日米企業の連携事例などのトークセッション、米スタートアップによるピッチを行うもので、日本の大手企業、米国のスタートアップ企業、ベンチャーキャピタルなど、500人の参加を見込んでいます。
 また本サミットと並行し、事前研修会、会期中の商談サポート、企業・研究機関視察を組み合わせた公式視察団を派遣します。シリコンバレーとの連携を確実に前進させるとともに、参加者同士の相互啓発とネットワーク構築を支援します。

 日本の製造業支援を通じ培ってきたJMAのノウハウや、人脈・ネットワークと、シリコンバレーと日本を結ぶネットワークの形成や産学連携支援など多方面で実績のあるスタンフォード大学アジア太平洋研究所およびIshin Groupとが協業することで、それぞれの強みを活かせるものと考えます。
 今後、シリコンバレーに関する調査、情報発信、ネットワークを強化し、日本製造業および関連産業がイノベーションを起こすきっかけづくりやプラットフォームの提供を行ってまいります。

Silicon Valley - New Japan Summit 2017  概要


会 期 :2017年11月28日(火)・29日(水) 2日間
会 場 :スタンフォード大学 Arrillaga Alumni Center(米国・カリフォルニア州)
目 的 :シリコンバレーを拠点に活動するスタートアップとの連携促進
運営組織:スタンフォード大学アジア太平洋研究所、Ishin Group(以上、主催)
     一般社団法人日本能率協会(共催)
参加者 :500名予定 
(日本の大手事業会社 4割、米国スタートアップ 4割、ベンチャーキャピタル他 2割) 

Silicon Valley - New Japan Summit 公式視察団 概要

会 期 :2017年11月27日(月)〜12月3日(日) 7日間(5泊7日)
訪問先 :Silicon Valley - New Japan Summit 2017
     および米国シリコンバレー地域の日系企業、現地企業、研究教育機関
参加対象:・シリコンバレー進出または現地スタートアップとの連携に関心のある
      企業経営者および役員の方、オープンイノベーション、M&A戦略に携わっている方
     ・スタートアップとの連携について決定権を持っている方
主 催 :一般社団法人日本能率協会

※内容の詳細は下記全文PDFをご覧ください。

ニュースリリース全文
(958.0KB)

【本件に関するお問合せ先】
 一般社団法人日本能率協会 経営人材センター(担当:成富)<br>  〒100-0003 東京都千代田区一ツ橋1-2-2 住友商事竹橋ビル14階<br>  TEL:03-3434-1410/E-mail:njs@jma.or.jp/Webサイト:<a href="http://jma-inspection.com/" target="blank">http://jma-inspection.com/</a><br>  ※取材に関する問い合せは広報室(斎藤:TEL:03-3434-8620)へお願いします。

Adobe Reader Get ADOBE READER

PDF形式の資料をご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。
お持ちでない方はこちらからダウンロードし、ご利用ください。