わが国のプロセス産業は、「中東、アジア諸国における設備増強」、
「欧米の巨大企業の再編」、「原材料の高騰」、「円高」など厳しい国際競争環境の中、
さまざまな経営努力や現場の改善・改革活動を行うことによって、
それらの難問・ライバルに挑み、渡り合ってきました。
しかし、昨今の世界的な経済不況はそれにも増して深刻な影響を本産業にも及ぼしています。
また生産現場においては、技能・技術伝承問題の根本的解決がなされなかったり、
部分最適に陥り継続性の乏しい改善活動が現場の疲弊感を生み出しているところも見受けられます。
Copyright(C) JAPAN MANEGEMENT ASSOCIATION All Right Reseved.