今こそ取り組む、次世代の生産を実現するための
知的生産支援ソリューション“ダイセル式生産革新”

 

国内の製造業は厳しい国際競争環境の中、生き残りをかけてより一層の生産性の改善を求められていますが、
従来の改善活動では思い通りの効果が上げられない状況にあります。このような状況を打破するための、新たな生産革新手法です。

 


ダイセル式生産革新とは

 

ダイセル式生産革新は、課題発掘、解析、課題解決、さらにはその評価など継続的運用のための生産革新手法です。
ダイセル式生産革新によるダイセルの成果は、産業界、学会から大きく注目されています。

また、本手法は経済産業省主催の「生産革新研究会」においても研究対象として取り上げられ、プロセス産業のみならず、
「人の判断が介在する」という意味では、非製造業においても本方式による基盤整備や安定化・標準化に十分取り組む価値があり、
その導入効果も期待されると評価されました。

 


部分最適から、全体最適へ

 

【知的統合】

・意思決定支援機能
・広域監視―判断―操作支援機能

【人と機械・システムの分担】

・人の役割分担
・部門の機能分担

【全社統一の文化】

・生産性の統一指標
・革新活動の手法化
・運転、設備管理方法の統一
 


Copyright(C) JAPAN MANEGEMENT ASSOCIATION All Right Reseved.