プラントショーOSAKA 2020
特別講演会プログラム

プラントショーOSAKA 2020
特別講演会プログラム
Seminar

  • 聴講無料
  • 事前登録制
  • インテックス大阪6号館Bゾーン特設会場
    (予定)
  • 定員150名(予定)

※参加方法 プラントショーOSAKA2020のHP からの完全事前登録制 各セッション完全入れ替え制。
※本講演会では、講演者のみオンライン講演形式で実施することがございます。その場合、登壇者は会場外の任意の場所からインターネットを介して講演を行います。 ※オンライン講演を予定している講演枠を以下プログラムに示します。なお、講演のリアルタイム(Web)配信はございません。
※登壇者の都合またはやむを得ない事情により、講演中止、及びテーマ、講演時間、オンライン/オンサイトの講演形式を変更する場合がございます。

(順不同、法人の種類、敬称略)

7月29日(水)
10:30

11:20
(50分間)
産業保安のスマート化の進捗状況と更なる保安の高度化に向けた取り組み
経済産業省 高橋 興道 オンライン講演
11:30

12:20
(50分間)
次世代IoT、AIを活用したプリンテッドエレクトロニクス(PE)技術
大阪大学産業科学研究所教授 関谷 毅 オンライン講演
13:30

14:10
(40分間)
住友化学のSDGsの取り組み
リチウムイオン二次電池用耐熱セパレーター
住友化学 尾﨑 晴喜 オンライン講演
14:20

15:00
(40分間)
いま製造業で求められるAI人材育成とは
〜現場のデータ分析・AI活用で本当に必要とされるスキルセット〜
スカイディスク 下 佑士朗
15:10

15:50
(40分間)
AIを使ったプラントの生産性・運転性向上
日揮グローバル 大野 拓也 オンライン講演
16:00

16:40
(40分間)
東芝が考える、日本のデジタルトランスフォーメーション
東芝 島田 太郎 オンライン講演
7月30日(木)
10:30

11:20
(50分間)
ダイセルにおける生産革新の新たな展開
ダイセル 小園 英俊
11:30

12:20
(50分間)
化学プラントのデジタル変革に向けて
東京農工大学教授 山下 善之 オンライン講演
13:30

14:10
(40分間)
デジタル技術の進歩がもたらすプラント監視の高度化と自主保安力の向上
日本電気 相馬 知也
14:20

15:00
(40分間)
最新AI&デジタル技術活用が導く次世代プラント操業の姿
~プラントデジタルツイン~
千代田化工建設 井川 玄
15:10

15:50
(40分間)
汎用ヒートポンプ式蒸留装置 ~蒸留装置の省エネルギー~
木村化工機 池田 博史
7月31日(金)
10:30

11:20
(50分間)
中小企業における働き方改革の取組みポイント
大阪働き方改革推進支援・賃金相談センター 杉原 彰
11:30

12:20
(50分間)
AIの活用による、持続可能な日本の未来に向けた政策提言
日立製作所 福田 幸二
13:30

14:10
(40分間)
新しい技でモノづくり「超臨界流体・電子線照射による高分子・繊維材料創製」
京都工芸繊維大学教授 奥林 里子 オンライン講演
14:20

15:00
(40分間)
スラリー内部構造のレオロジー解析:リチウムイオン電池電極作製プロセスへの応用を例に
神戸大学准教授 菰田 悦之
15:10

15:50
(40分間)
IoT時代の生産と制御システムセキュリティー
横河電機 仲矢 実 新井 貴之

特別講演会・セミナーのご案内

PAGE TOP