出展者インタビュー

住友重機械プロセス機器株式会社Interview

住友重機械
プロセス機器株式会社

企画管理部 企画グループ
グループリーダー 主席技師
坪野 淳一 氏

※INCHEM TOKYO 2019 プラントショー出展
~グループ企業共同出展で化学プラント向け各種装置をトータルでご紹介~
事務局
さっそくですが、今回のご出展に関する内容と、坪野様のお立場について教えてください。
坪野氏

今回は、住友重機械グループ3社の共同出展です。
「住友重機械プロセス機器」から攪拌装置と蒸留装置を
「住友重機械エンバイロメント」から水処理を
「住友重機械ファインテック」からマグネットセパレーター、磁性体の分離装置を展示しています。

私は、本ブースの全体を取りまとめています。住友重機械プロセス機器を取り纏め役としてグループ内の共同出展者を募り、この3社になったという経緯です。

事務局
これまでは何度かご出展いただいており、単独でご出展いただいていた時期もございましたね。
坪野氏
10年くらい前は1社単独だったかもしれないですね。
2015年と2017年は、住友重機械プロセス機器と住友重機械エンバイロメントの2社共同出展、今回の2019年は住友重機械ファインテックを加えた3社共同出展といった経緯です。
事務局
共同出展の狙いを教えてください。
坪野氏

製品が異なるとはいえ、化学プラントに納める装置を取り扱っているという点でお客様が共通しています。一連の生産ラインに関わる事を、セットやトータルで対応することにより、+αの価値を提供できる可能性が拡がるのではないかと考えています。

例えば、住友重機械プロセス機器として攪拌装置の件でにお客様をお伺いするなかで、同工場の水処理について何らかの設備投資のお話があれば、住友重機械エンバイロメントのスタッフと同行することもあります。

事務局
坪野様が積極的に呼びかけて共同出展がスタートしたのでしょうか?
坪野氏
私は2017年から担当しており、すでに住友重機械プロセス機器と住友重機械エンバイロメント2社の共同出展の流れはできていました。今回新たに加わった住友重機械ファインテックは、同社が新しく化学業界に事業を広げる取組みをしているという話を聞いたことがきっかけで、一緒に出展しませんか、とお誘いしました。

事務局
化学業界へのご興味が広がる絶好のタイミングに、ご提案くださったのですね。
ところで、化学業界の変化や、日々の業務における課題を、可能な範囲でお聞かせいただけますか。
坪野氏

変化や課題ですか。大きなテーマですね。近年、化学製品のバリューチェーンにおいて、最終製品側の機能性化学品のウエートが大きくなっているように感じます。総合化学のお客様も、従来の事業を維持しながら機能性化学品側に重心をシフトしていっていると感じています。弊社も我々は装置メーカーとして、その流れに対応していかなければならないと思いますし、そのための課題がたくさんあると考えています。

その一環として、こうした展示会への出展があります。展示会は、弊社や弊社製品を幅広いお客様に知って貰う事は勿論のこと、会場でお客様と直接会話することで、多くのヒントが得られる貴重な場だと思っています。ASEAN地域の展示会などにも興味がありますね。なかなかそうした機会がないので探しています。

事務局
小会ではタイ・バンコクで「プラントエンジニアリングASIA」を開催していますので、別途ご紹介させていただければと思います。
さて、ご出展にあたり何かハードルはございましたか。
坪野氏
主催者のブース配置・形状決定から開催までの期間が短く、会期までの準備が遣りにくい面がありました。
そのため、先行して暫定でブースの構想などを検討し、主催者決定後に、見直すべきところがあれば対応する、というやり方で対応しました。
事務局
御社のWEB広告も拝見しました。展示会に連動したWEB活用で、ブースに引き寄せる努力もかなりされているのではないでしょうか。
坪野氏
弊社では、展示会、新聞・雑誌・WEBでの広告やニュースレターの配信を連動させ、お客様への情報提供を行っています。
事務局
まだ会期の途中ですが、出展のご感想をお願いします。
坪野氏
考えていたよりも来場の賑わいを感じています。私個人としては公益社団法人化学工学会と一般社団法人日本能率協会が主催であることは、本展示会ならではのポイントと思ってます。
事務局
SDGsのバッジをされていますね。SDGsに限りませんが、今後に向けてお考えをお聞かせいただけますか。
坪野氏
今まで培ってきた事業内容もありますが、その枠にとらわれず、お客様が実現されたいことやお困りになっていることに真摯に対応することで、自分たちの枠を広げ、お客様に喜んでいただくことを通じて、社会に貢献していければ思っています。
事務局
本日は誠にありがとうございました。

住友重機械プロセス機器株式会社
http://www.shi-pe.shi.co.jp/

住友重機械エンバイロメント株式会社
http://www.shiev.shi.co.jp/

住友重機械ファインテック株式会社
https://www.shi-ftec.co.jp/

住友重機械プロセス機器株式会社イメージ画像
出展者インタビュー一覧に戻る

PAGE TOP

PAGE TOP