出展者インタビュー:ナチュレ様

量より質、いいものを適正価格で求めている
お客様とじっくり商談ができるので出展しました

ナチュレ

株式会社ナチュレ 代表取締役 大曽根一成様

【事業概要】国産、特に神奈川県産の農産物を主体に製品を販売している。旬のフルーツを使ったソース・ゼリーなどの製品があり、今回は、「湘南ゴールドソース」、「湘南ゴールドゼリー」、「神奈川県産桜ゼリー」などを出展。

Q.展示会出展に関してのお立場と役割を教えてください。

会社の代表取締役として、今回の出展でも責任者の立場になります。

Q.前回に引き続き継続でご出展いただきました。前回はどのような成果があったのでしょうか?

いくつか新規の取引が決まりました。その中には、出展者同士で知り合い、取引につながったケースもあります。
前回は「オリジナル商品開発WEEK」の「国際OEM・PB開発展」に単独で出展しましたが、今回は神奈川県中小企業団体中央会さんのブースに共同出展しました。実は中央会さんに、「大きすぎる展示会だと、一人一人とゆっくり話せない。この展示会ならじっくりと商談しやすいですよ」とおすすめしました。実際、自分が前回出展してみて、ちゃんとモノを探しに来ているお客様が多いと感じたからです。
当社としては今、OEMでお客様に合ったものを一緒に作らせてもらう時代になってきているのかなと感じています。安さではなく、いいものを、適正価格で。そんな、いいお付き合いができるお客様と出会えればということで、前回に続いて今回も出展しました。
一度に何十万、何万の大きなロットで生産する会社と、手作業で少量ずつ作っている会社では、お付き合いするお客様も違ってきます。そうした中で、この展示会は量より質を求めているお客様が多い印象だったことを、中央会さんにもお話ししたのです。
当社としては今回も単独で出展する選択もあったのですが、「神奈川県」でまとまって出展することにも大きな意味があると感じたので、今回は中央会さんのブースに出展させてもらいました。

Q.様々な展示会に出展されているようですが、それぞれに違いというものはありますか。

スーパーマーケットやギフト関連の来場者が中心の展示会もあれば、それに加えて外国人が多い展示会もあります。他には雑貨関係の来場者が目立つ展示会もあります。同じ食品関連の展示会であっても、同じようで、それぞれに違います。それぞれに長所、短所があるというのが正直なところですが、どの展示会でも、何かしらの成果はあったので、まずは出展することが大事なのではないかと思っています。。

Q.今後、この展示会に出展しようと考えている方へのメッセージをお聞かせください。

メッセージになるかどうかは分かりませんが、個人的には展示会に効率面でのメリットを感じています。以前は飛び込みで電話をかけるなどの営業もかなりやりましたが、歳をとったせいもあるのか(笑)、最近は展示会に出展した方が効率的であることを実感しています。お客様の名刺もいただけるので、営業もしやすくなります。いろんな営業の仕方があるとは思いますが、お客様が望んでいること、自分が伝えたいことを直接話すことができる展示会は、とても貴重な機会です。

ナチュレ様 前回出展時のインタビュー

 

ナチュレ