オリジナル商品開発WEEKとは

商品開発担当バイヤーと共同開発パートナーの
マッチング・商談を目的として開催

会場

会場

会場

オリジナル商品開発・プライベートブランド(PB)・OEM・業務用の製品・サービスが世界中から一堂に出展する、商談展示会です。
食品や雑貨を中心に、化粧品・雑貨・家具・パッケージなど開発支援の商材が集まります。

商品開発の目的に応じた効率的な商談が行える国内最大級の展示会です。

 

 

HCJ 国際ホテル・レストランショーとも連動

会場構成予定図

会場構成予定図

オリジナル商品開発WEEKは8ホールで開催します。
成長市場のホテル・小売・メーカー他各業界のバイヤーや商品開発担当6万人が来場します。

開催概要

展示会名称
オリジナル商品開発WEEK
会期
2020年2月18日(火)~21日(金)
10:00~17:00(最終日は16:30まで)
会場
幕張メッセ 国際展示場1~8ホール
展示規模
約160ブース
来場登録者数
68,000名(同時開催展含む)予定
入場料
¥3,000(税込)
(招待状持参者、事前登録者は無料)
同時開催

HCJ 2020

インバウンドマーケットEXPO 2020

展示会レポート 展示会の見どころや会期中の様子をご確認ください

商品企画担当が共同開発パートナーを見つけに来場。
『オリジナル商品開発WEEK』

『オリジナル商品開発WEEK』

出展:日本能率協会ポータルサイト「展示会.com」

共同開発パートナーのマッチングに最適な商談展示会『オリジナル商品開発WEEK』が、2月19日〜22日の4日間、東京ビッグサイト(東京国際展示場)東8ホールで開かれる。出展企業は前回の77社98ブースから大きく拡大し、124社133ブースの予定だ。

同時開催の『HCJ2019』と併せて、3日間合計で65,000人の来場登録者数が期待される。新商品の開発に関わる人ならば見逃せない展示会だ。

レポートをチェック

人手不足の解消や地産他消の促進を提案する『第10回 国際OEM・PB開発展』

国際OEM・PB開発展

出展:日本能率協会ポータルサイト「展示会.com」

OEM・PB受託企業やパッケージなどの開発支援企業が一堂に集まる『第10回 国際OEM・PB開発展』が、2月20日~23日の4日間、東京ビッグサイト(東京都江東区)で開催された。歴史ある『国際ホテル・レストラン・ショー』や『フード・ケータリングショー』の同時開催の展示会であり、今回で第10回を数えるに至る。

・OEM・PBがサービス業界で注目される理由
・ホテルやレストランなどのニーズ研究の場にもなる
・相乗効果の高い同業者カテゴリーのある出展

レポートをチェック