インフォメーション & トピックス

日本能率協会では、2017年11月20日(月)〜22日(水)の3日間、東京ビッグサイトで、病院・福祉設備機器の専門展示会「HOSPEX Japan 2017」を開催します。
この展示会は最新の病院・福祉施設関連の製品・情報が一堂に揃うもので、病院、福祉・介護施設の経営者、医療従事者、施設管理部門責任者、建築・設計士、栄養士栄士、医療機器メーカー開発担当者ら2万5000人が来場します。

このたび、会場内で、企業の経営者、総務・人事責任者を対象に、従業員の健康支援をテーマとしたセッションを初開催します。
テルモ、タニタ、TOTOの3社より、従業員の健康促進に向けた取り組みをご紹介します。

聴講は無料、ただし、HOSPEX Japanへの来場事前登録(無料)が必要です。

◆健康支援・データヘルスセミナー プログラム◆

11月20日(月)14:00〜15:00 会場:4
テルモの健康経営 〜自社製品のお世話にならないために〜
テルモ 人事部 人事企画チーム 小原 史紗子氏

11月21日(火)11:00〜11:40 会場:5
タニタ健康プログラムについて 〜行動変容に結び付けるポイント〜
タニタヘルスリンク 大島 敦氏

11月21日(火)11:00〜12:00 会場:13
有所見者対策の徹底と疾病の未然防止 〜健康経営に向けた具体的な取り組み〜
TOTO 上席執行役員 人財本部長 平野 氏貞氏

※詳細・お申込みは下記サイトをご覧ください

http://www.jma.or.jp/hospex/seminar/health_support.html