インフォメーション & トピックス



日本能率協会(JMA)では、毎年、製造現場の第一線で活躍する監督者のための事例発表会「第一線監督者の集い」を名古屋と福岡で開催しています。

この催しは、第一線監督者が『職場の課題目標に対してどのように改善の取り組みを行ったか』『人材育成面でどのようにリーダーシップを発揮したのか』そして、『今後、どのような役割を果たしていくのか』について発表するもの。参加者の投票により、最も優れた事例を「最優秀事例賞」として表彰します。

名古屋は35回目、福岡は13回目を迎え、これまで多くの受賞者が誕生。また、昨年からはタイ・バンコクにもその活動の輪は広がっています。

このたび、福岡会場のプログラムが決定、現在参加者を募集しています。

書籍などでは聞けない発表者の生の声を通じ、ご自身のスキルアップや職場改善にお役立てください。


【開催概要】

 第13回 第一線監督者の集い:福岡

 会期:2017年10月5日(木)・6日(金)

 会場:福岡国際会議場 多目的ホール

 発表企業(発表順):
  オリンパスメディカルシステムズ
  トヨタ自動車九州
  日立金属
  本田技研工業
  ケイミュー
  日立メタルプレシジョン
  TOTOアクアテクノ
  日産自動車九州
  ダイキン工業
  ソニーセミコンダクタマニュファクチャリング
  キャタピラージャパン
  マツダ
  日本信号
  コベルコ建機

  基調講演
  『災害復旧で発揮したチーム力で
   企業体質の更なる向上を目指す』
   アイシン九州
   代表取締役社長 高橋 寛

  特別講演
  『最幸のチームを創るリーダーシップ!!』
   香取感動マネジメント
   代表 香取 貴信

 参加料(1日お一人様あたり/税抜):
   日本能率協会 会員 22,000円
    同    会員外 24,000円

詳細・お申し込みは下記サイトをご覧ください。

http://foreman.jp/kyushu/