インフォメーション & トピックス


日本能率協会(JMA)は、2017年3月30日に、創立75周年を迎えました。
これもひとえに、産業界の皆様の御支援の賜物と深く感謝申しあげます。
 JMAは1942年の創立以来、経営革新の推進機関として産業界とともに歩んでまいりました。現在では、人材育成、産業振興、ISO審査・検証の3分野の活動を柱に、2011年に次代に向けた経営の考え方「KAIKA(カイカ)」を提唱。「KAIKA」は“開花(花開く)”“開化(進化する)”の2つの想いを込めた造語で、「個の成長」「組織の活性化」「組織の社会性」の同時実現を目指すものです。
 様々な変化への対応が迫られる現代の企業活動において、KAIKAの考え方に基づく経営こそ、よりよい価値を社会に生み出していくものと確信しています。
 私たちは、これからも「KAIKA」を通じ、個と組織の活性を引き出し、社会価値を生み出す企業経営のあり方を探究してまいります。

    一般社団法人日本能率協会 会長 中村正己

http://www.jma.or.jp