インフォメーション & トピックス



日本能率協会は、製造業のものづくり現場における管理・監督者が、工場の改善活動・人材育成の取り組みなどを発表する「第一線監督者の集い」を1982年から開催しています。

2016年1月21日に34回目となる名古屋大会が愛知県産業労働センター(ウインクあいち)で開幕しました。
本日から22日までの2日間にわたり、合計16人が登壇し、ものづくり現場の改善事例を紹介します。聴講者の投票により各日の最優秀事例に「最優秀事例賞(大野耐一・杉山友男賞)」が授与されます。
2日間で延べ800人の聴講を予定しています。

※聴講をご希望の方は、直接会場へお越しください(参加有料)。

■■大会プログラムはこちら■■

http://foreman.jp/nagoya/program34/