インフォメーション & トピックス

日本能率協会は、製造業のものづくり現場における管理・監督者が、工場の改善活動・人材育成の取り組みなどを発表する「第一線監督者の集い:名古屋」を1982年から開催しています。

本日2014年1月16日、32回目となる名古屋大会の初日が行われ、富士ゼロックスマニュファクチュアリング株式会社、アイシン精機株式会社、愛知製鋼株式会社、ダイハツ工業株式会社、三菱電機株式会社、大同特殊鋼株式会社、株式会社豊田自動織機、ヤマハ発動機株式会社の8社が事例を発表しました。

その中から、優秀事例発表者に与えられる「杉山友男賞」が聴講者の投票により決定しました。今回は、得票同数により、2名を表彰いたします。

杉山友男賞
●ダイハツ工業株式会社
本社(池田)京都工場 第1製造部(池田)組立課 副主任 中山 浩 氏

●ヤマハ発動機株式会社
浜松製造部 推進課 設備保全浜北係 職長 寺田浩二 氏


■■大会プログラムはこちら■■

http://school.jma.or.jp/search/detail.php?seminer_no=618